春は「年度」の終わりでもあり、新たなスタートの季節でもあります。

卒業や就職、転勤といったタイミングを迎える方も多いことでしょう。

春は、「出会いと別れ」の季節でもあるんですよね。

新たな環境に身をおくと、誰しもそこに適応しようと頑張ります。

新たな友人関係や、職場の同僚との関係新しい仕事を上手くこなすことへの努力

すべてが上手くいけば何も問題ありませんが、上手く適応できなかったら「憂鬱な気分」になるモノです。

「5月病」

毎年春になると、「5月病」という言葉を耳にすることが多くなりませんか。

4月から新年度がスタートし1ヶ月が過ぎた、ちょうどゴールデンウィーク明けくらいに発症する方が多いとされています。

明確な定義もなく医学的にも病名とはなっていない「5月病」の症状は、「朝起きても学校や会社へ行きたくない…」「なにもする気になれない…」など、ココロが普段の自分ではなくなってしまう状態。

5月病への対策に、「放っておけば治るから」など軽く考える方もいるようですが、5月病をきっかけに「うつ症状」になるリスクがあるコトも考えなければなりません。

なかでも特に、「よく眠れない」など睡眠に支障がでてきたら要注意といわれます。

余計な心配かもしれませんが、いまこの記事を読んでくださっている方は、自分って「5月病」なのか?と悩まれているのはないでしょうか。

・5月病とは?
・5月病の対策はあるの?
・5月病の時の睡眠

今回は「5月病」について、これらの項目を中心に一緒に考えていきましょう。

きっと自分にあった対策方法があるハズですから。

【スポンサーリンク】

5月病とは?

5月病について、冒頭では「明確な定義がない」「医学的な病名でない」としましたが、あらためて「5月病」についてWikipediaを見ると、

5月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。

新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。
「さつきびょう」は誤読。医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」と診断される。

発症に至る例としては、今春に生活環境が大きく変化した者の中で、新しい生活や環境に適応できないまま、ゴールデンウィーク中に疲れが一気に噴き出す、長い休みの影響で学校や職場への行く気を削ぐなどの要因から、ゴールデンウィーク明け頃から理由不明確な体や心の不調に陥る、というものがある。

たしかにWikipediaを見ても「5月病」についてはかなり曖昧な内容で、自分が5月病なのか?、対策方法(対応策)も正直わかりづらい…。

5月病とはどんな症状なのか?!

5月病とはどんな症状なのか?、セルフチェックを兼ねて具体的な症状を紹介してみます。

□ 学校・会社へ行きたくない
□ 寝つきが悪い
□ 朝起きられない
□ カラダがだるい
□ 何をするのも面倒くさい
□ やる気が起きない
□ 好奇心が薄れる
□ 集中力の低下
□ 食欲がない
□ 焦りや不安が強い
□ 自信がなくなる
□ 頭が痛い
□ めまい・動機がする
□ 心がモヤモヤしている
□ ネガティブ思考が強い
□ イライラしやすい

どうでしょう?。

五月病にの症状について、かなり細かくわけて具体例をあげてみました。

ただし、どれか1つでも当てはまれること=「5月病」というワケではありません。

逆によくあるセルフチェックのように、「○項目当てはまったら…」というモノでもありませんが、新たな環境に身をおき1ヶ月が経過した頃、これまで感じていなかったこれらの症状が現れたなら「5月病」を疑う必要があるかもしれません。

5月病になる原因は?!

「5月病」というと、新社会人・新入社員がゴールデンウィーク明け頃にかかるモノとされるイメージが強いかもしれませんが、実は働き盛りとされる中年世代でも起こりうるモノ。

新年度のスタートとなる4月は、人事異動や「昇進」が多い時期。

「さぁ、やるぞ!」と張り切った気持ちも、ゴールデンウィーク連休中にそれまでのストレスが沸々と湧き上がり、ゴールデンウィーク明けに「うつ症状」にも似た症状が現れるのだとか。

5月病になる原因のポイントは、新しい環境に適応しようする精神的な疲労です。

4月からスタートした新たな環境は、張り切る気持ちと裏腹にストレスが積もっていきます。

それがゴールデンウィーク連休という、1回ストレスから開放される「つかの間の休息」によって、逆にこのあと掛かるであろうストレスがココロの重石になってくることで、連休明けに一気に5月病の症状が現れるとされています。

なにも5月病にかかる方は、よく言われがちな「気持ちが弱い」「ココロが弱い」ワケではありません。

そもそも5月病に懸かりやすいといわれる方は、

・責任感が強い
・完璧を求める
・理想が高い

など、自身を向上させる気持ちが高い方が多いのも事実です。

つまり「5月病」は、自分は「仕事に前向きな人間だから」と自負する強いココロを持っている方でも無関係なモノではないということのようです。

5月病の対策は睡眠にアリ!

5月病の対策を考える上で、もっとも大切なモノが「睡眠」

5月病だけでなく私たちの生活習慣で、カラダやココロの健康バランスを保つのが「睡眠」です。

逆にいって、人は「悩みごと」が増えるとなかなか「眠れない」、睡眠が上手くとれない状況になりやすくなります。

5月病の時の睡眠は?

睡眠不足は、脳が休まらないだけでなく、病気に対する「カラダの免疫力」や、あらゆるストレスに対する「ココロの免疫力」をも低下させます。

5月病と思われる時、5月病を予防するためにも、脳やカラダに休息を与えるための「睡眠」はとても大切になる要素なのです。

ゴールデンウィーク中に時差ボケになる?!

4月からスタートする新しい環境は、上司との関係や友人関係など人間関係のストレスもつきものです。

人間関係がうまくいっていないほど、会社や学校へ行く気がなくなることでしょう。

それでもなんとかゴールデンウィークまで乗り切ると、「やっと」とストレスから解放され、「あ~会社に行かなくていいんだ~」という感じで毎朝遅くまで寝てしまう方が多くなります。

「5月病」でなくても、誰しも「年末・年始休暇」や「夏季休暇」など長期連休明けは、「会社や学校に行きたくない」気持ちが湧くものです。

その原因も、普段の生活と長期連休中とで、睡眠している時間帯「睡眠相」にズレが生じてしまうコトが1つだとされます。

リラックスモードで、アルコールを飲む量も多くなり、夜更かしして朝いつまでも寝てしまう。

睡眠している時間帯「睡眠相」が、普段の生活より2時間~4時間うしろへズレた生活が続けば、海外から戻ったときの「時差ボケ」と同じ状況を招くといえばわかりやすいでしょうか。

【スポンサーリンク】

5月病を予防するゴールデンウィーク中の睡眠とは!

「五月病」を予防するためにも、ゴールデンウィーク中の睡眠について3つのポイントを意識してみましょう!。

ポイント1 : 「十分な睡眠をとる」

「睡眠時間」は、ココロのバランスを回復させることに、もっとも大切であり基本となるポイントです。

カラダやココロの免疫力の回復・向上のため、せっかくの休日ですから睡眠時間は1日7時間以上とるようにしましょう。

ポイント2 : 「睡眠相をズレすぎさせない」

睡眠している時間帯「睡眠相」が大きくズレることは、普段の日常生活とゴールデンウィーク明けとの間に「時差ボケ」を生じさせ、ゴールデンウィーク明けの活力を大きく減退させます。

時差の大きな海外出張から帰国した後は、なかなか頭がスッキリしてくれないのではありませんか?。

リラックスモードの連休中とはいえ、普段起きる時間との差は「2時間以内」に抑えるようにしましょう。

ポイント3 : 「アルコールを飲みすぎない」

適度なアルコールに、「睡眠を促す効果」があることは否定しません。

でも、アルコールの飲みすぎは睡眠の質そのものを悪化させます。

アルコールがカラダの中で分解される際に発生する「アセトアルデヒド」という物質が、深い眠りの「レム睡眠」の妨げになり、浅い眠りの「ノンレム睡眠」の時間を長くさせてしまうことで、脳を休ませてあげられる時間が短くなってしまうのです。

ゴールデンウィークなど連休中は、アルコールを飲むことでさらにリラックスしたいとの考え自体、私個人としては嫌いではですし、「大いに結構!」だと思うのですが、5月病を予防するという観点では「アルコールの飲みすぎには注意」といったところでしょう。

5月病の対策は?!ストレスをためない方法にアリ!

先に、5月病の原因や睡眠との関係について紹介してきました。

5月病の色々な原因に対し、良質な「睡眠」が薬となる場合が多いコトも確かです。

しかし、いま現在自分が抱えているストレス・悩みが何なのかをよく理解して、自分に合う対策をとることも大切です。

ストレスをためない!

5月病を対策する「根本」となるモノが、「ストレスをためない!」といってもいいでしょう。

新しい環境では色々なトラブルに直面することも多く、ストレスが重なることは否めません。

大切なことは、ストレスをためない方法を模索することでしょう。

・音楽を聴くのが好き
・ドライブが好き
・キャンプなどアウトドアが好き

など、自分が一番リラックス出来るシチュエーションを考えてみましょう。

どこへドライブに行こうか?、車内でどんな曲を聴く?、どこでキャンプする?、アウトドア料理は?など、自分が楽しめる「非日常的」なモノを見つけてみましょう!。

他人との交流!

たとえば、先ほど紹介した「キャンプ」。

「お一人様キャンプ」を楽しむ方もいらっしゃるようですが、アウトドア料理の定番「バーベキュー」など家族や友人とワイワイ楽しむのは如何でしょう。

他人との交流は、五月病対策にとても効果的です。

1人悶々と考え込んでいるより、自分の現在の気持ちを話すことができる家族や友人など「他人と交流」することで、問題解決につながるヒントを得たりストレスを和らげる効果も期待できるのではないでしょうか。

スポーツ・運動のリラックス効果!

ウォーキングジョギングサイクリングも自転車1台あればいつでもすぐに始められます。

運動習慣は、カラダの健康にも役立つのはもちろん、ストレスを軽くしてくれる効果が期待されます。

日頃運動習慣がない方なら、手始めに10~15分ほど近くの公園や遊歩道を歩くことからスタートしてみましょう。

これまで運動習慣がない方でも、ゴールデンウィーク中からはじめてみて、徐々に自分に合うスタイル・時間で習慣としていくことで、自分と向き合う時間を作るきっかけにもなります。

さらにジムに通うなど筋トレの効果は、肉体的な見た目の変化も加わり「自信」にも繋がります。

肉体的なコンプレックスが、人間関係の妨げになっているなら尚のコトです。

まとめ

今回は、ゴールデンウィーク明け頃にかかる方が多いとされる「五月病」について見てきました。

4月から新しい環境に身をおきストレスが加わることで、新入社員のみならず「働き盛りの中年世代」でも五月病に無縁なモノではないことを改めて知りました。

5月病に対し、「放っておけば治るから」など軽く考える方も少なからずいます…。

しかし、5月病をきっかけに「うつ症状」になるリスクがあるコトも考えれば、早い段階からしっかりと対策・予防策を考えるべきでしょう。

今回、セルフチェックにも使える「五月病の症状」を紹介しました。

誰だって何かしら当てはまる項目はあると思いますが、「新たな環境に身を起き」これまでにない症状が現れたなら、五月病を疑うべき「サイン」なのかもしれません。

ゴールデンウィークという、ストレスの中断期間が「五月病」のきっかけになるケースが多いのも事実です。

逆にいえば、ややストレスから解放されるゴールデンウィークこそ、「睡眠の質を上げる」コトや「他人と交流」するなど、上手な時間の使い方をするコトで五月病の対策・予防することにつながりそうです!。

【スポンサーリンク】