我が子の成長への感謝とご加護を祈祷する、「七五三」のお祝い。

自分も両親と神社へお参りしたり、祖父母のところへ着物姿でお出掛けして、一緒にお祝いしてもらった記憶が「うっすら…」残っています。

自分がお祝いしてもらったものだから、「子供にも七五三のお祝いをちゃんとしてあげたい」と思うものですよね。

でも人生のイベントってそれぞれ初めて経験することが多くて、七五三にしても具体的に「何をするの?」と戸惑うことも多いのではないでしょうか。

お祝いの食事も折角ですから、「七五三ならでは」の食べ物を楽しむことに拘ってみたい気持ちもあったります。

今回は、あらためて七五三とは?から見ていくとともに、何をするの?、何を食べるの?について分かりやすく見ていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

七五三とは?

七五三は、すっかり秋の風物詩となっている行事ですよね。

10月中旬頃~ピークの11月になると、あちこちでキレイな着物をで着飾った子供たちを目にするようになります。

毎年、「あ~、七五三の季節なんだね」と気づかされます。

七五三とは、言わずとしれた3歳・5歳・7歳になった子供の成長を感謝するとともに、これから先も健やかに成長できるようにと神様のご加護を受けるために神社へお参りする、日本古来の伝統行事です。

その昔は乳幼児の死亡率も高く、まず3歳まで成長するのもホントに大変で、7歳までの子供は「神の子」と扱われていたほどなのです。

七五三の由来

子供が3歳・5歳・7歳を迎えた時にお祝いをする歴史はとても古く、貴族・公家の時代「平安時代」にまで遡ります。

さらに、七五三のお祝いが全国的に広まっていったのは、江戸時代頃からだといわれていますが、元々の宮中で公家の間で行われていた儀式を由来としたものです。

・3歳 髪を伸ばし始める「髪置き(かみおき)の儀」
・5歳 初めて袴を着ける「袴着(はかまぎ)の儀」
・7歳 帯を締め始める「帯解き(おびとき)の儀」

この3つの儀式が、七五三の由来となっています。

5歳の「袴」は男の子のもの、7歳の「帯」は女の子のものなので、5歳と7歳はそれぞれ男の子と女の子のお祝いになっているのに対し、3歳の「髪」は男女それぞれのものなので、元々は男女の子のお祝いです。

現在では一般的に3歳は、女の子のお祝いと考えられているようですね。

七五三のお祝いは何をするの?

七五三のお祝いは、一般的には神社へお参りして、初穂料を納めて祝詞を上げてもらう形を基本とされているようです。

神社へのお参りは、3歳・5歳・7歳それぞれの七五三に相応しい着物や洋服を着ていきますが、写真スタジオ・写真館での記念撮影と着物のレンタルがセットになったものを利用される方が多いようです。

「早撮り」といって、記念写真だけは七五三シーズンを外した早い時期に撮影しておき、実際のお参りは着物のレンタルと着付けをしお出掛けするというスタイルもあって、費用的にも「早撮り」の方が安く抑えられるメリットもあります。

神社へのお参りも、昔からの慣わしを重んじるなら神社へ「初穂料」を納めて祝詞を上げてもらうのがベターでしょうが、特別絶対に必要というものでもありません。

着物を着て神社へ行ってお参りし、鳥居の前で記念撮影するといったスタイルも実際よく見掛けます。

七五三は、その由来の通り「子供の成長に感謝しお祝いする」もの。

家族や祖父母・親戚で、お子様をお祝いしてあげる気持ちが何より一番ではないでしょうか。

きっちりとした記念写真も大切ですが、親戚がワイワイとお子様の成長をお祝いしている席の写真も、後々いい思い出になると思いますよ。

【スポンサーリンク】

七五三では何を食べる?

お子様の七五三で家族や祖父母・親戚が集まり一緒に食事しながらお祝いするなら、折角ですから「七五三ならでは」の食べ物を食べてみたいと思われる方も多いと思います。

七五三のお祝いに、何か決まったものはあるのでしょうか?。

七五三ならではの食べ物は?

折角のお祝いごとということもあり、とても気になったので七五三ならではの食べ物を色々調べてみたのですが、実は「これは!」という答えを見つけることが出来ませんでした。(苦笑…)

確かに地域性で、ご近所へお赤飯や紅白餅を配る慣わしもあるのですが、七五三ならではの食べ物・食材はないようです。

ご自宅で食事されるなら、レストランや仕出し屋さんのメニューに載っているような「祝い膳」のメニューを参考にして用意すると、チョッと非日常的なお祝いっぽい感じになるのではないでしょうか。

大人用とお子様用で分けて用意してもいいと思いますし、同じお刺身の盛り合わせでも、お子様が「甘エビ」が大好きならいつもより多くしてあげるとか、お子様向けに唐揚げやハンバーグを別に「山盛り」用意するとか、何かいつもとチョッと違う感を演出するのがグッド!。

主役はお子様ですから、お子様の好物を中心に大人も楽しめる料理が出来れば最高なのではないでしょうか。

出来れば、下ごしらえは前日に済ませておきたいところです。

当日は、思った以上にバタバタするものですし、正直疲れますから、「あとは焼くだけ」とか「揚げるだけ」とかにしておくのがベストだと思います。

あらかじめレストランや惣菜店へ「オードブル」を予約してしまうのも賢い手かもしれません。

お子様が主役ではありますが、ママも準主役のハズです。

チョッと楽して一緒にお祝いの席につきましょうよ!。

千歳飴

七五三ならではといえば、唯一「千歳飴」をあげることが出来るでしょう。

両親が撮ってくれた七五三の写真にも、確かに千歳飴が写っていましたし、現在も神社を出て来るお子様たちの手には、千歳飴の長い袋があります。

千歳飴は、紅白で細く長いのが特徴的な飴です。

紅白は縁起物の証ですし、引っ張ると伸びることから、子供の健康と長寿を願うものだそうです。

千歳飴は袋にも鶴や亀、松竹梅などが描かれているものが多く、「縁起物」のオンパレード!商品って感じです。

まとめ

歴史を遡れば、平安時代の宮中で公家の間で行われていた儀式が由来の「七五三」。

それこそ3歳まで成長するだけでも大変な時代で、3歳・5歳・7歳という節目にそれぞれの儀式が行われてきたものが七五三の由来。

現代では、子供の成長を喜ぶ家族行事的なものとなっていますが、「子供の成長を喜ぶ」のは古来も現代もなんら変わりはありません。

ただ違うのは、お祝いのスタイル。

基本的には伝統を継承するように、神社へお参りし祝詞を上げてもらうものだと思いますが、写真スタジオや写真館で記念撮影をし、セットのレンタル着物を着て神社へお参りに行くだけでも何ら問題はありません。

一番大切なのは、お子様を成長をお祝いする「気持ち」だと思います。

【スポンサーリンク】