今回は、みなさんお好きな「アボカド」について。

あっ、ちなみに「アボガド」じゃなくて「アボカド」が正しい呼び方みたいですね!。

というのも、ワタシも中学生の息子からツッコまれるまで、ずっと「アボガド」と呼んでいたモノですから…チョッと(苦笑)。

ところで、「アボカドはフルーツか野菜か?」みなさんどちらだと思いますか。

息子に聞けば、あっさりと「フルーツだよ」って言われちゃいました。

どうやら学校の授業で教わったコトらしく、メロンやイチゴ、スイカなどがフルーツのイメージに反して「実は野菜」的なコトと似たようなモノだというのですが…。

たしかにアボカドには、デザートやスイーツにつながる「フルーツのイメージ」はありません。

アボカドパフェと聞かないですモノね…(笑)。

逆に、わさび醤油で食べると「お刺身」のトロのようだと「寿司ネタ」になったり、そのトロリとした濃厚な味わいは、サラダやディップなど様々なスタイルで楽しめる食材であるコトから、アボカドに「野菜のイメージ」をもたれる人も多いと思うんです。

よしっ!、今回は「アボカドはフルーツか野菜か?」について、わかりやすく探っていくコトにしましょう!。

【スポンサーリンク】

アボカドはフルーツか野菜か?!

某知恵袋サイトでも「アボカドはフルーツ?野菜?どっちですか?」という質問ありました。

閲覧者の人数が約3万人!もいるのに、回答者はというと、

・果物です。
・フルーツですよ。

僅かこの2人…。

けれど、たしかにアボカドは「フルーツ」です。

アボカドの和名も、皮の部分がワニ革に似ているからなのか「ワニナシ(鰐梨)」と言いますし、「梨」と言うならそれは果物「フルーツ」なワケですが…、それではチョッと説得力に欠けますよね。

食感だって、梨とはほど遠いし…。

それよりもっと、アボカドが「フルーツ」といえる理由がしっかりありましたよ!。

フルーツと野菜の分類!なにが違うの?

アボカドがフルーツであるコト、野菜ではないコトの決定的な理由が、農林水産省のHPにありました。

フルーツとは?

概ね2年以上栽培する草本植物及び木本植物であって、果実を食用とするものを「果樹」として取り扱っています。
従って、一般的には果物とは呼ばれていないと思われる栗や梅などを果樹としている一方で、果物と呼ばれることのあるメロンやイチゴ、スイカ(いずれも一年生草本植物)などは野菜として取り扱っています。

こちらでは「果樹」として紹介されていますが、つまり「木になる実」が果物に分類されるというコト。

野菜とは?

・田畑に栽培されること(栽培されていない山菜などは野菜と区別することが多い)
・副食物であること
・加工を前提としないこと(こんにゃくのような加工を前提とするものは野菜としていない。漬物のように原料形質がはっきり残っているものや家庭における簡易加工は加工に含まない)
・草本性であること

チョッとややこしく感じますが、簡単にいえば「畑で作られる草や、草になる実」野菜に分類されるというコト。

中学生の息子が学校の授業で教わったというのも、この点らしい…。

このフルーツと野菜に分類する定義にあてはめれば、アボカドは「フルーツ」となるワケですし、メロンやイチゴは「野菜」となってしまう…。

けれど、アボカドをフルーツと思っている人は少ないハズ。

メロンやイチゴは野菜なハズなのに、スーパーでも果物コーナーに置かれているし、パフェやケーキに使う場合は完全にフルーツ扱い…。

そう、有名な果物専門店「新宿高野」では、マスクメロンが桐の箱に入っているくらい。

なんだコレ?!。

アボカドは本当にフルーツと呼ぶモノなの?!

フルーツのイメージなのに「野菜」といったややグレーゾーンのモノに対して、農林水産省も「分類」の逃げ道をチャンと用意していました。

なお、いちご、メロン、すいかなどは野菜に分類されますが、果実的な利用をすることから果実的野菜として扱っています。

素晴らしいっ!、そうこなくちゃ!という感じです(笑)。

逆に、アボカドのように野菜のイメージなのに「フルーツ」というグレーゾーンのモノについては、「野菜的果実」でいいようです!。

そう、これからはアボカドは「野菜的果実」・「野菜的フルーツ」と呼ぶのがイイかもしれませんね。

息子にも、教えてあげよっ!。

美味しく熟した「食べごろ」のアボカドの見極め方!

さて、ここまで「アボカドはフルーツか野菜か?」を探ってきましたが、ここからは如何に「アボカドを美味しく食べるか」について。

アボカドの「食べごろ」はどうでしょう?。

日本で流通しているアボカドの約90%は、メキシコからの輸入品

まだ青々としている時に収穫され、日本へと運ばれてきます。

スーパーに並ぶアボカドから山から、美味しく熟した「食べごろ」のアボカドを選ぶなら、

・皮の色がより黒いモノ
・押してみて柔らかくも弾力性があるモノ

あまりグニュグニュ押すのはいただけませんが(苦笑)、押した感じも美味しさの見極め方の決め手です。

もし、わからなければ近くの店員さんに聞いてしまうのも手です。

【スポンサーリンク】

固いアボカドをリンゴやバナナが柔らかくしてくれる?

アボカドは収穫後から、甘さを増したり果肉をやわらかくする「追熟」がすすむコトで美味しくなっていきます。

スーパーなどで、先に紹介したような「黒く・柔らかい」熟したアボカドがあればラッキーですが、ご家庭で追熟する必要もあるでしょう。

追熟を促す温度は、20℃~25℃くらいがベストです。

夏でもチョッと涼しいかな…くらいな温度。

さらに、リンゴやバナナなどエチレンガスを多く発生させるフルーツと一緒に保存するコトで、早く追熟される効果が期待できます。

固いアボカドの追熟をリンゴやバナナで加速させる方法!

①やや大きめのジップロックなど密閉容器を用意
②密閉容器にアボカドと一緒にリンゴやバナナを入れて密閉
③直射日光を避け、20℃~25℃くらいの温度で保存

僅かこの3ステップ、アボカドをリンゴやバナナと一緒に保存するコトで、エチレンガスのチカラで追熟が加速し、1日~3日ほどで食べごろになります。

アボカドの栄養素は?

アボカドは、ギネス記録にも「世界一栄養価が高い食べ物」として認定されています。

トロリとした食感のアボカドは、「森のバター」とも呼ばれるように果物の中でも脂肪分が多いコトが特徴。

実際、果実の約20%は脂肪でできています!。

「えっ!そんなに高脂肪じゃ太るのでは?」

そんな心配も、アボカドの脂肪には無用のようです。

アボカドに含まれる脂肪は「不飽和脂肪酸」といって、コレステロールが含まれません。

むしろ、血液をサラサラにしてくれて、カラダのコレステロールを減らす作用もあるくらいなんです。

アボカドの栄養素に期待される沢山の効能!

ギネス記録に、「世界一栄養価が高い食べ物」として認定されるアボカド。

特筆すべき栄養素は、当然「脂肪」だけではありません!。

アボカドには、11種類のビタミンと14種類のミネラルが含まれています。

なかでも、多く含まれるビタミンB2ビタミンEには、先の「不飽和脂肪酸」同様、脂肪を分解する働きがあります。

他にもグルタチオンには抗酸化作用で肝臓を保護するコト、食物繊維は便秘予防に、新しい細胞増殖に効果がある葉酸は「妊婦さん」に必要な栄養素として注目されています。

まとめ

今回は「アボカド」について、とりわけ「アボカドはフルーツか野菜か?」を中心に探ってきました。

たしかに、中学生でも学校の授業で教わるからか、アボカドは果物「フルーツ」だというのが常識なようです。

でも今回の記事を書くのにあたって色々調べるなか、フルーツのイメージなのに「野菜」野菜のイメージなのに「フルーツ」といったややグレーゾーンのモノに、ちゃんと「逃げ道的」な呼び方が用意されていたというコトを知ったのが一番の収穫でした。

・メロンやイチゴ、スイカのようにフルーツのイメージだけど野菜なモノは「果実的野菜」
・アボカドのように野菜のイメージだけどフルーツ(果物)なモノは「野菜的果実」

これだけで、中学生の息子に負けませんから!(苦笑)。

さらに「アボカドはフルーツか野菜か?」を探る上で得られた情報、

・美味しく熟した「食べごろ」のアボカドの見極め方!
・アボカドの栄養素は?

みなさんの「お役立ち情報」となれば幸いです(笑)。

【スポンサーリンク】