今回のテーマは「秋の七草」なのですが、「七草」というと一般的には「春の七草」「七草粥」をイメージされるのではないでしょうか?。

春の七草といえば、七草粥にして「そろそろお正月気分も抜けてくる」1月7日(地方によっては1月15日頃など)に食べるものですよね。

「春の七草」を具材にして作るお粥で、その理由もお正月にちなんで

・1年を無病息災に過ごせるようにと願うもの
・お正月をお祝いする食事・お酒で弱ってしまった胃を休める効果

などとされています。

そもそも七草粥は古くから食べられてきていて、その歴史は平安時代にまで遡るといわれています。

平安時代の貴族たちも、お正月のお祝いと称してお酒を沢山飲み、胃の調子が悪くなってしまった頃合が、きっと五節句の1つ「人日の節句」となる1月7日だったのでしょう。

この春の七草は、芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)・繁縷(はこべら)・仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)です。

なかなか自分で揃えるのは難しいものですが、お正月になると七草粥用にスーパーなどにも出回りますね。

ところで、「春の七草は?」と急に尋ねられてパッと答えられますか?。

お正月の時期に見聞きすることで、「あぁそうだよね!」と思い出すレベルの方も、私を含めて少なくないと思います。  

今回のテーマの「秋の七草」に戻りますが、みなさん「秋の七草」ってご存知でしたか?

あらためてこの「秋の七草」とはなんなのか?、「いつ食べるもの」なのか?について、今回調べてみて初めて知った情報も含め、色々紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

秋の七草とは?どんな草花?

秋の七草とは?と尋ねられてパッと答えられた方、「凄い!」の一言です。

「いい大人」の何パーセントの方が知っているでしょう?のレベルだと思います。

秋の七草

・葛(クズ)
・尾花(オバナ)
・撫子(ナデシコ)
・萩(ハギ)
・藤袴(フジバカマ)
・女郎花(オミナエシ)
・桔梗(キキョウ)

尾花(オバナ)とは「すすき」のことですが、それも含めていくつか見聞きしたことのある草花がありますが、中には聞いたことすらないものはあるのではないでしょうか?。

女郎花(オミナエシ)なんて、「なんだそれ?」って感じですよね。

女郎花(オミナエシ)は小さな黄色い花を咲かせる草花で、「オミナ」は女性を表します。

万葉集や源氏物語にも出て来る、歴史的にも日本古来から生息している草花です。

秋の七草はいつ食べる?

「七草」と聞くと、つい「食べるもの」と連想してしまうとは思います。

「秋の七草」も、春の七草同様にお粥などにして食べるのでしょうか?。

もう一度秋の七草を見直してみてもらえばお分かりの通り、葛餅や葛湯で口に出来る「葛(クズ)」以外は、あまり「食べる」ことを考えられない草花ばかりです。

そうです、秋の七草は古くから日本の秋を彩ってきた草花であり、目で見て秋を楽しむ「観賞用」の草花なのです。

「秋の七草」という言葉を知り、

・秋の七草とは
・秋の七草 料理
・秋の七草 いつ食べる

など調べても、残念ながら秋の七草の「美味しい情報」には辿り付けません…。

春の七草粥のように「揃えて」食べるものではないのです。

【スポンサーリンク】

秋の七草がピンチに?!

紹介してきたように、日本で古くから秋を楽しむ観賞用として、取り上げられてきた「秋の七草」ですが、散策などで全てを楽しむことが難しくなってきているのも事実です。

時代の変化、環境の変化によるものだと思いますが、日本古来の草花である「桔梗(キキョウ)」「藤袴(フジバカマ)は、既に絶滅危惧類いわゆる「レッドリスト」に載っているのです。

もしも、このまま「桔梗(キキョウ)」や「藤袴(フジバカマ)」が絶滅してしまうようなことになれば、「日本には昔、秋の七草もありました」という表現になってしまいかねません。

公園などで自生していたり栽培されているものがあっても、決して採ってきたりしちゃダメですよ!。

秋の七草にある効能とは?

食べるものではないと紹介した「秋の七草」ですが、直接料理に用いたりすることはありませんが、いわゆる「漢方薬」として用いられてはいます。

葛(クズ)は、葛根湯の成分となり初期の風邪症状や、肩こり・神経痛などに効くとされている他、秋の七草は私たちの健康に結構活躍しているのです。

・葛(クズ)・・・葛根湯の成分、初期の風邪症状や肩こり・神経痛などに
・尾花(オバナ)・・・(=ススキ)解熱作用・利尿作用
・撫子(ナデシコ)・・・むくみや高血圧の改善
・萩(ハギ)・・・咳止め、胃痛や下痢
・藤袴(フジバカマ)・・・痒みを抑える
・女郎花(オミナエシ)・・・膿を出したり、炎症を抑えたりする
・桔梗(キキョウ)・・・咳止めや喉の痛みを緩和する

秋の七草のまとめ

今回「秋の七草」については、調べて初めて知ることが多くありました。

調べる前は、「秋の七草」と聞いてどんな「草花」なのか、春の七草と同じように「お粥」にして食べるものなのか、「いつ食べるものなのか」と思っていました。

・秋の七草は、食べるものではない

・秋の七草は、目で見て秋を楽しむ「観賞用」の草花

これらのことをしっかりと知っただけでも、雑学として「秋の七草」を紹介出来ると思います。

秋が深まるにつれ、美味しいものが沢山の嬉しい季節になっていきます。

秋といえば紅葉シーズン、紅葉狩りと一緒に秋の七草を探してみては如何でしょうか?。

散策の楽しみが、また1つ増えましたね。

【スポンサーリンク】