朝晩に秋の気配を感じる季節になると、色々なモノが美味しくなって「食欲の秋」を感じるものですが、「秋」が頭につく美味しい食べ物として、魚介類なら秋鯖(あきさば)・秋かます・秋の鮗(このしろ)、野菜類では秋なすなどが有名。

でも、この「秋」がつく美味しいモノにはそれぞれ、「嫁に食わすな」がセットになって「ことわざ」になったりします。

ことわざ「○○は嫁に食わすな」シリーズでは、「秋なすは嫁に食わすな」が代表的ですが、

「秋鯖は嫁に食わすな!」

これも、けっこう有名なことわざ!。

あぁ、お嫁さん可愛そう…。

なぜ秋鯖を嫁に食わせてはならないのか?。

きっと姑の嫁イビリなんでしょうけどね(苦笑)。

秋鯖とは?、秋鯖の旬の時期、秋鯖はなぜ美味しい?などを知ることで、「嫁イビリ」だけでない姑さんの気持ちもわかるかもしれません。

「○○は嫁に食わせるなシリーズ」から、今回はタイトル「なぜ秋鯖を嫁に食わせてはいけないのか!秋鯖の旬の時期は?」をテーマに、1つ1つ探っていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

「秋鯖は嫁に食わすな」は姑の嫁イビリだけじゃない!?

その昔から、「○○は嫁に食わすな」とされるモノってけっこう多いみたい。

それは「秋」だけに留まらず、四季を通じて美味しいモノ。

・二月鰈(カレイ)
・五月蕨(ワラビ)
・夏ダコ
・秋なす
・秋カマス

そして、今回のテーマになってる「秋鯖(サバ)」など…。

どれも、その季節が「旬」であって、一番美味しいからであって、「秋鯖」も嫁に食べさせてはならないモノとする、姑根性があらわになった説が有力。

でもね、日本のことわざには「裏」もあるんですよ(笑)。

「秋なすは嫁に食わすな」も同様ですが、「秋鯖は嫁に食わすな」にも、嫁イビリだけじゃなく、とくに「お嫁さんのカラダ」を思っての説もあるようです。

秋鯖は美味しいので嫁に食わせては勿体ない説!?

なぜ「秋鯖は嫁に食わすな」といわれるのか?。

これにはいくつか説があるようですが、「○○は嫁に食わすなシリーズ」に共通なのが、美味しいモノだからこそ、嫁に食べさせては「勿体ない!」とされるモノ。

とくに産卵を終えたあとの「秋鯖」は、さらに脂がのって実に美味しいモノですから。

元々「鯖」じたいは、その昔から町に住む庶民のあいだでも入手しやすい魚ではあったモノの、村の農家はそうそう沢山の鯖を買えるほどの余裕はありません。

2~3匹の鯖を大家族で、「分け合う」ように食べられていたモノです。

姑さんからすると、旦那さんや息子さん、可愛い孫には食べさせたいが、「嫁」に食わすのは勿体ないとの思いが強かったのでしょうね。

姑さんからすると、旦那さん以外に「血の繋がり」つまり血縁関係にないのは、お嫁さんですから。

あ~、怖い怖いッ!。

秋鯖はあたりやすいから嫁に食わすな説?!

「秋鯖は嫁に食わすな」には、姑の嫁イビリ「勿体ない」から食べさせるなという説以外に、「逆に」お嫁さんのカラダを思っていわれたとされる説もありました。

秋の鯖は鮮度が落ることから「あたりやすく」、お嫁さんのカラダに悪いから「食べさせるな」との説。

昔は現在のように家に冷蔵庫があるワケもなく、魚の鮮度に関してはかなり「怪しい」レベル。

「秋鯖」にかかわらず、鮮度が落ちた魚を食べたなら、だいじなお嫁さんのカラダが心配!。

とくに鮮度が落ちやすい「秋鯖」からお嫁さんのカラダを守るために、あえて「秋鯖は嫁に食わすな」といったという説です。

産卵を終えている秋鯖を食べると「子宝に恵まれない」から説!?

昔から、日本人は「ゲン担ぎ」が大好きなようで…。

秋鯖は、産卵を終えたあと再び栄養を摂って「脂が乗って」美味しいのだけれど、問題は「産卵を終えた」鯖であるというモノ。

卵をもたない「秋鯖」は、子宝に恵まれないというイメージからなのでしょう。

秋鯖を食べると子宝に恵まれない…。

だからこそ、子宝に恵まれるように「秋鯖は嫁の食わすな」となった説です。

なぜ秋鯖は嫁に食わせてはいけないのか?

なぜ「秋鯖は嫁に食わせてはいけないのか?」、いくつかの説をまとめると、

① 秋鯖は脂が乗って美味しい。たくさん買えるワケではないので、嫁に食べさせては勿体ない。
② 秋鯖は鮮度が落ちて「あたりやすい」ので、食べさせてはお嫁さんのカラダが心配。
③ 産卵を終え「卵をもたない」秋鯖を食べると「子宝に恵まれない」から。

どうしても、①が表す「嫁イビリ」がクローズアップされガチですが、心情的にはことわざの「裏」の部分となる、②・③のお嫁さんのカラダを思ってこその理由だと願いたいですね。

【スポンサーリンク】

秋鯖が美味しい旬の時期は?!

ここまで、秋鯖に因むことわざ「秋鯖は嫁に食わすな」と言われるのはなぜなのか?について見てきました。

もっとも有力な説が「美味しい」からだとしたら、さらに知りたくなるのは、

・秋鯖が美味しい旬の時期
・美味しい秋鯖の選び方

このあたりではないですか?。

スーパーの生鮮コーナーで「秋鯖」が目に入ったときの参考にしてもらえればと…。

秋鯖が美味しい旬の時期とは?

同じ鯖でも、「秋鯖」や「寒鯖」という感じで、時期によって呼び方・名前が異なります。

とくに美味しいとされるのが、10月~11月頃獲られる「秋鯖」。

春~夏にかけて「産卵」し終えた鯖は、一旦痩せたあと、再び栄養を摂り入れることで丸々と脂が乗り、1年で「最も美味しい」とされる秋鯖へとなるのです。

また12月~1月に旬を迎える「寒鯖」も、脂が乗って美味しいとされます。

でも1月に入ったあたりから、鯖のカラダは次の産卵の準備に入ることで、脂が落ちはじめるということもあり、美味しいのは「秋鯖」に軍配が上がるのです。

秋鯖は真鯖(マサバ)

鯖の種類を大きく分けると、真鯖(マサバ)・胡麻鯖(ゴマサバ)・大西洋鯖(タイセイヨウサバ)の3種類。

大西洋鯖(タイセイヨウサバ)は聞きなれない方も多いかもしれませんが、「ノルウェーサバ」とも呼ばれるもので、1980年代頃からスーパーなどで良く扱われるようになり、現在では「しめ鯖」や干物などの多くはこの「太平洋鯖」で、私たちが好きな回転すしのネタにも使われることが多いのだとか。

これら3種類の鯖の中でも、秋から冬にかけて「秋鯖」として、特に美味しくなってくるのが真鯖(マサバ)。

スーパーの鮮魚コーナーには、ほぼ1年中「鯖」は扱われている魚ですけど、脂が乗って美味しい「秋鯖」となるのは、10月~11月に旬を迎える「真鯖(マサバ)」だけ。

秋に「鯖」を食べるなら、丸々と脂が乗った「真鯖(マサバ)」が美味しいですよ!。

美味しい秋鯖の選び方!

脂が乗って美味しい「秋鯖」!。

ここでは、より美味しい「秋鯖」を手にするために「美味しい秋鯖の選び方」のポイントを見ていきましょう!。

ポイント1 : 目が透き通っていて濁っていない!

透明で透き通るようにうるんだ目は、秋鯖「新鮮な証」。

鮮度が落ちてくると、目は白く濁った感じになっていきます。

ポイント2 : エラが鮮紅色のもの!

可能なら「エラブタ」チョッと持ち上げてみて、エラの中が鮮やかな紅色なモノほど新鮮!。

薄いピンクになってきたり、茶色っぽくなっているモノは、鮮度が落ちています。

ポイント3 : お腹に張りがあってぷっくりと膨みがある!

よく脂が乗って丸々太った秋鯖は、相対的に「顔が小さく」見え、お腹に張りがあってぷっくり膨らんだ感じです。

鮮度が落ちた鯖は、内臓が痛んでくるほどお腹が柔らかく薄くなってきます。

お腹を触ってみて、「固い」モノ、表面にヌメリ感があるモノほど新鮮な証です。

ポイント4 : 背中の模様が濃いモノ!

鯖の背中の模様は「さば紋」といわれ、「青緑色」した模様が濃いほど新鮮。

目・エラ・お腹・模様、この4つをポイントで「目利き」して、美味しい「秋鯖」手にしちゃいましょう!(笑)。

まとめ

今回は、「○○は嫁に食わすなシリーズ」から、「秋鯖は嫁に食わすな」をテーマに取り上げました。

鯖じたいは、スーパーなど鮮魚コーナーで1年中扱われているお魚です。

ただ、同じ鯖でも、とくに「真鯖(マサバ)」は10月~11月になると「秋鯖」と呼ばれ、美味しい「旬」を迎えます。

春~夏の産卵シーズンを終え、一旦痩せたカラダに再度栄養を摂り入れ、丸々と脂を乗せた「秋鯖」はどんな料理にしても実に美味しい!。

秋鯖は美味しいからこそ、「姑の嫁イビリ」で、嫁に食べさせては「勿体ない」モノとなった説が有力視されるのもわからないでもありませんね…。

さらに、秋鯖として美味しい「真鯖(マサバ)」も漁獲量が減少し、近年は高価なモノとなっていて、なかなか手が出しづらくなっています。

昔から、九州では「刺身」、山陰では醤油仕立ての「すき焼き」、関東以北では「シメ鯖」や「味噌煮」と秋鯖も、地域によって自慢の料理が変わってきます。

「鯖の生き腐れ」といわれるくらい、鯖は傷みやすい魚とされてきました。

だからこそ、地域によって食べ方・料理が異なってきたのでしょうね。

現在は?というと、流通過程の保冷技術も高まり、秋鯖もどんな料理にも使え、安心して楽しむことが出来ます。

生の「お刺身」もよし、煮ても焼いても、「シメて」も美味しい!。

「秋鯖は嫁に食わすな」

と言われるほど、「美味しい」とされる秋鯖!。

どんな料理で食べましょう?!。

「味噌煮」がイイかな…。

実はワタシ、「しめ鯖」にあたって蕁麻疹が出たことがトラウマになっているモノで…(苦笑)。

 

【スポンサーリンク】