ダイエットのため、健康のためにと、日々運動をされていらっしゃる方は多いと思います。

その中でも圧倒的に人気で、多くの方が取り組んでいるのが「ウォーキング」です。

ウォーキングとは簡単にいえば「歩く」ことですが、体内脂肪の燃焼に効果的な「有酸素運動」であって、ダイエットに向けた代表的な運動の1つです。

ウォーキングシューズやスニーカー1足あれば、今日からでも始められるという手軽さもいい点ですし、カラダへの負担という点でも比較的やさしい運動といえます。

でも、歩くことでどれだけ「カロリー」が消費されているのか?って、なかなか知らずに歩いている方も多くありませんか?。

・歩くとダイエットに効果的だから
・歩くとカロリーが消費されるから

なんとなく、そんなイメージでウォーキングを始めた方も少なくないと思うのですが、歩く距離によって「カロリー消費量」がどれくらいなのかを知ることで、より前向きにダイエットなどに取り組めるのではないでしょうか?。

例えば、1km歩くとどれくらいのカロリー消費量になるのか?が分かれば、目標設定もしやすくなるでしょう。

また、どれくらいの時間を歩くのが、ダイエットに効果的なのだろう?という疑問も沸いてきます。

今回は、「カロリー消費量は1km歩くとどれくらい?」かをテーマの中心にして、歩くことのメリットやダイエット効果をより効果的なものになるための情報も盛り込んだ内容で紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

カロリー消費量は1km歩くとどれくらい?!

ズバリ、ここから見て行きましょう!。

一体歩くことでどれくらいのカロリーの消費量になるのか?、ウォーキングをするならやはり知っておいて損はありません。

だって、カロリー消費量が1km歩くどれくらいになるのかを知っていれば、日々の運動の距離や時間の目標が立てやすくなりますからね。

ウォーキングによるカロリー消費量の計算

ウォーキングによるカロリー消費量を計算してくれるサイトは色々あるのですが、「歩く速度」に「体重と時間」を計算軸にして計算するものが殆どで、距離あたりのカロリー消費量が分かりづらい…。

ここでは、テーマである「1km」歩くとどれくらいのカロリー消費量になるのかの参考になればと思い、女性体重を50kg、男性の体重を60kgとして、いくつかのパターンでシュミレーション計算してみたので、結果を紹介したいと思います。

〈参考にした計算式〉

消費カロリー(Kcal) = メッツ × 体重(Kg) × 運動時間 × 1.05

この場合の「メッツ」とは、運動によるエネルギー消費量が、安静時と比較して何倍となるかを示す値です。

~女性(50kg)1km歩くと~

・散歩   (時速3.2km):約19分 47kcal
・普通に歩く(時速4.0km):15分  39kcal
・早歩き  (時速5.6km):約11分 41kcal  

~男性(60kg)1km歩くと~

・散歩   (時速3.2km):約19分 56kcal 
・普通に歩く(時速4.0km):15分  47kcal
・早歩き  (時速5.6km):約11分 50kcal  

歩く速度が早ければ、カロリー消費量が多いワケではない?!

この計算結果を見て、不思議に思うことありませんか?。

そうです、この3つだけでみると「散歩」の速度が実は最もカロリー消費量が多いということです。

普通に歩く速度が最も少なく、早歩きすると若干増えています。

カロリー消費には、速度(強度)だけでなく時間の影響が大きいということでしょう。

ダイエットの要素に、「体脂肪を燃焼させる」ということが挙げられますが、体脂肪の燃焼には20分以上の有酸素運動が効果的だと言われています。

運動スタート時は、肝臓に蓄えられたエネルギーを消費するものが、20分前後を境に、体脂肪をエネルギーとして使うようになるのだそうです。

同じ「1km」を基準にした場合、散歩程度のゆっくりした時間を掛けた速度で歩くのが最もカロリー消費量が多いのです。

【スポンサーリンク】

実際のカロリー消費は「速度 × 時間」!

ただ、先に紹介カロリー消費量は、「1km」を歩いた場合のこと。

もちろん早く歩いた方が、カロリー消費量は増えるのは間違いありません。

だって、一歩上の運動量となる「ジョギング」なら更に増えるだろうなと、イメージするのは簡単です。

次に「歩く速度」に「体重と時間」を計算軸にしたシュミレーション結果を紹介します。

~女性(50kg)1時間歩くと~

・散歩   (時速3.2km):3200m 147kcal 
・普通に歩く(時速4.0km):4000m 158kcal
・早歩き  (時速5.6km):5600m 226kcal  

~男性(60kg)1時間歩くと~

・散歩   (時速3.2km):3200m 176kcal 
・普通に歩く(時速4.0km):4000m 189kcal
・早歩き  (時速5.6km):5600m 271kcal  

歩く時間を60分とした時間軸で計算すると、今度はカロリー消費量は比例して増えてくれました。

まぁ、当然といえば当然な結果です…。

1時間歩くことで、150kcal~270kcalのカロリー消費量となりますが、これはジョギング1時間(約600kcl)と比べたら半分以下でしかありません。

でも、それは「コンビニのおにぎり」1個~2個弱分のカロリー消費量となるのですから、ダイエット効果は決して小さくないですよ!。

ウォーキングのメリットは?!

ウォーキング=歩くことは、確かに他の有酸素運動と比べるとカロリー消費量という点では少ないものですが…

・これまで運動習慣が無かった方でもはじめやすい
・足腰なカラダへの負担が少ない
・特別なアイテムが必要ない

など、はじめること自体にハードルが低いという点が大きなメリットでしょう。

まとめ

ウォーキングをはじめた理由は、ダイエットのため、健康のためなど様々でしょうが結果がすぐについてくるものではありません。

でも、日々続けることで必ず成果が伴ってくるものです。

毎日歩くことを続けても、その効果が実感できない…。

そんな時こそ、今回紹介したカロリー消費量を思い返してもらえればと。

散歩程度の速度で1km歩くだけで約50kcal、普通の速度で1時間歩くと約150~200kcalほどのカロリー消費になるのですから、その効果は少なくないハズです。

ウォーキングを楽しくするコツは、何か目標を立てることだと思います。

・何km歩いたか?
・1時間で何km歩けるか?

朝・昼・夕方、取り組める時間帯は人それぞれでしょうが、大事なことは楽しむことでしょう。

それが長続きできる秘訣だと思うので。

【スポンサーリンク】