私たち日本には、生まれてからある年齢になるごとに、「年祝」という「お祝い」をする慣わしがあります。

「七五三」や「成人式」なども年祝の1つですね。

「無事、ここまで成長できました!」という、神様への感謝の思いが大きいモノですが、その年祝の慣わしも、年齢を重ねることで「長寿」のお祝いの意味が強くなっていき「長寿祝い」へとなっていきます。

長寿祝いで、誰もが知っているのが「還暦」

60歳を迎えたお祝いで、「赤いちゃんちゃんこ」を着たり「赤い帽子」を被る様子がすぐにイメージできる、最初の長寿祝いです。

近年は「再雇用」や「延長雇用」と称してより長く働くことができますが、「定年」を60歳としている企業が一般的でまだまだ多い。

現代社会でも、還暦を迎える「60歳」が、人生の1つの節目になっているようですね。

60歳の「還暦」をはじめ、70歳の「古稀」77歳の「喜寿」など、長寿祝いってたくさんあるし、それぞれ意味が色々あってのモノなんです。

最近の60歳代・70歳代は、皆さんまだまだ若々しく元気ですよね!。

私の両親も、すでに70歳代半ばですが、「還暦」も「古希」もあらたまってお祝いせずに過ぎちゃいました(苦笑)。

そろそろ確り(しっかり)、「長寿祝い」を考えなければな年齢なのかな?という思いもあります。

ところで長寿祝いというと、還暦は「赤」というイメージがありますが、その他の長寿お祝いする色「祝い色」ってどんなモノがあるのでしょう。

今回は、年齢ごとの長寿祝いの意味や、それぞれ何色が「祝い色」なのかについて、順をおって見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

長寿祝いとは?

長寿祝いは、その人の長寿を祝うと同時に、お祝いする側も「長寿にあやかりたい」という意味が含まれています。

今ではすっかり定着した長寿祝いも、元々は中国で行われていた慣わしが奈良時代に日本へと伝わったモノで、平安時代頃から、宮廷や公家のなかで広まっていったモノといわれています。

「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか」

戦国時代の織田信長がそう謡ったように、それよりもっと前の平安時代では40歳は「初老」であり、60歳ともなれば「長寿」とされていたのでしょう。

平安時代頃の長寿祝いは40歳が始まりで、以降「10歳ごと」にお祝いがなされていました。

・40歳 : 「初老の賀」
・50歳 : 「五十(いそじ)の賀」
・60歳 : 「六十(むそじ)の賀」

還暦のあとの長寿祝いは日本ならではのモノ?!

長寿祝いをする年齢を見て行くと、10歳ごとの年齢のお祝いと、66歳・77歳・88歳・99歳など「ゾロ目」的な年齢のお祝いがあったりします。

平安時代に中国から日本に伝わった40歳~の10歳ごとにお祝いする長寿祝いも、室町時代以降「人の寿命が延びて」いくにつれ、徐々に生まれたいったお祝いだといえそうです。

日本人って、なぜか「ゾロ目」が好きなんですよね(笑)。

当初は宮廷や公家のなかでの慣わしだった長寿祝いですが、江戸時代頃から庶民の間にも広まり、現在のように一般的に定着したモノへとなったのです。

長寿祝いの年齢は?意味や祝い色は?

長寿祝いには、「還暦の61歳(満60歳)」や「古希の70歳」をはじめ、節目の年齢ごとにお祝いの名称があり、それぞれ意味があります。

元々は、長寿祝いは「数え年(生まれた年が1歳)」でお祝いするモノだったのですが、現在はわかりやすい意味からか「満年齢」でお祝いされるケースが多くなっているようです。

ただ「還暦の61歳」だけは現在も、数え年の61歳(満60歳)でお祝いされています。

その方が「わかりやすい」ですしね。

ここからは、年齢ごとの「長寿祝いの種類」と、それぞれの「祝い色」について見ていきましょう!。

先頭バッターは、もちろん「還暦の61歳」です。

61歳! 還暦(かんれき)

先にも紹介しいましたが、数え年で61歳(満60歳)のお祝い「還暦」。

還暦の「還」には、生まれてから5回目干支を繰り返し「自分の生まれた干支に戻る」ことから、「一巡りした」という意味があります。

還暦の祝い色「赤」

還暦といえば、誰もがイメージするのが「赤いちゃんちゃんこ」。

写真に写るご両親の姿は、とても可愛らしくないですか?。

この祝い色「赤」には、暦が一巡りし「赤ちゃんへもどる」という意味があるのです。

赤いちゃんちゃんこや赤い帽子は、「赤ちゃん」の「赤」に由来したモノだったのです。

66歳! 緑寿(ろくじゅ)

この66歳の「緑寿」は、あまり知られていない長寿祝いかもしれません。

というのもそのハズ。

還暦から古希(70歳)までの間に「お祝い事」がないことや、77歳・88歳とゾロ目の年の長寿祝いがあるのに「66歳にない」ことから、2002年に「日本百貨店協会」が打ち出し普及させた、「商業戦略」的な長寿祝いの一面があるのです。

まだまだ歴史の浅い長寿祝いの「緑寿」。

まぁそれ以外にも日本には、商業戦略的なお祝いやイベントって色々ありますから…。

それに乗るのも、長寿をお祝いする機会の1つと捉えればいいのかな?。

緑寿の祝い色「緑」

緑寿の祝い色は、いわずもがな名前のとおり「緑」です。

66歳から元気なイメージして「緑々」として、お祝いの名前は「緑寿」、祝い色も「緑」とされたモノ。

商業戦略的な長寿祝いだけに、祝い色もとってつけたような感が否めません…(苦笑)。

70歳! 古希(こき)

唐時代の中国の詩人「杜甫(とほ)」が詠んだ詩、「人生七十古来稀也(じんせいしちじゅうこれまれなり)」が基になった「古希」

その詩の意味(70歳まで生きるのは稀である)の通り、その昔は70歳まで生きることはカナリ「稀(まれ)」だったに違いありません。

医療の進化や日々の健康意識の向上などから健康寿命が延びている現代、60歳「還暦」よりも70歳「古希」の方が本格的な長寿祝いとなるかもしれません。

私が両親の60歳「還暦」を完全にスルーしてしまったのも、その典型的な一例でしょう?。

古希の祝い色「紫」

古希の祝い色が紫であることに、正直「これぞ!」と思える強力な理由は見つかりません。

思えば、聖徳太子が定めた「冠位十二階」に於いても最高位の色が「紫」だったように、昔から「紫」は高貴なモノを象徴する色であったことは確かです。

「稀」な長寿の「古希」の祝い色が、「紫」というのも納得です。

77歳! 喜寿(きじゅ)

喜寿は、「喜の字の祝い」とも呼ばれています。

なぜなら、「喜」という漢字は草書体で書くと「七」を三角形に積み重ねたような形になって、見ようによっては「七十七」にも見えることからだといわれています。

10歳ごとの年齢の長寿祝いである「還暦」や「古希」は、中国から伝わったモノとされていますが、「喜寿」のお祝いについては日本で「室町時代」それも末期頃に生まれたモノだとされています。

時代とともに、段々と長寿の方が多くなってきたのでしょうかね?。

喜寿の祝い色「紫」

喜寿の祝い色も、古希と同じく「紫」。

なかには、喜寿(きじゅ)の「き」から、「黄色」とする説もあるようです。

【スポンサーリンク】

80歳! 傘寿(さんじゅ)

10歳ごとの年齢の長寿祝いの1つ、80歳の「傘寿」。

「傘」という漢字の略字が、見ようによっては「八十」に見えることが由来のようです。

ゲン担ぎが好きな日本人ですから、傘を開いた姿が「末広がり」をイメージさせることもあってのコトかもしれません。

傘寿の祝い色「金茶色」

傘寿の祝い色に用いられるのは、「金茶色」と呼ばれる金色っぽい茶色。

西暦1688年~1704年の元禄年間の「元禄文化」のなかで生まれた色で、現在も和装や和装小物などで用いられています。

ただ、一般的にはなかなか当てはまる色合いのモノも少なく、お祝いでの贈り物では「オレンジ色」や「黄色」で代用されることも多いようです。

81歳! 半寿(はんじゅ)

「半寿」は、正直あまり知られていない長寿祝いかもしれませんね。

「そんな長寿祝いあったの?」という方も少なくないのではないでしょうか。

「半」という漢字を分解してみると、「八」「十」「一」の組み合わせに見えることが、81歳の長寿祝いが「半寿」となったとされていますが、ナニやらここまでくると「ムリヤリ感」がタマリませんね(苦笑)。

それよりも、将棋盤は縦横9マスづつあって九九「81」ということにちなんで、半寿を「盤寿(ばんじゅ)」と呼ばれ、広まった長寿祝いだということの方が「興味深い」です。

半寿の祝い色「金茶色」

半寿の祝い色は、80歳の「傘寿」と同じ「金茶色」です。

88歳! 米寿(べいじゅ)

88歳といえば、長寿祝いなかでも大御所的なお祝い「米寿」です!。

先の81歳「半寿」もそうでしたが、「米」という漢字を分解すると「八」「十」「八」に見えることからに由来しています。

米寿は「米の祝い」ともいわれています。

日本ではそれこそ、縄文時代後期~弥生時代初期から続く米文化であり、最も大切にされてきた農作物です。

「米」の字を分解すると、末広がりをイメージさせる「八」が2つもあって実におめでたいということもあって、長寿祝いのなかでも一番盛大なお祝いがなされるようになったとされています。

そうですね、これまで両親の長寿祝い1つしてこなったわたしも、米寿の際にはちゃんと「何か」お祝いしなきゃな…と。

米寿の祝い色「金茶色」

米寿の祝い色も、80歳の「傘寿」から続く「金茶色」。

90歳! 卒寿(そつじゅ)

念のためにいっておくなら、いくら「卒」の字が用いられているからといって、「卒寿」は人生の「卒業」を意味するモノじゃありませんよ!。

「卒寿」も「傘寿」と同様、「卒」の字の略字「卆」を分解してみると「九」「十」に見えることに由来します。

どうしても88歳の「米寿」が盛大に行われることが多いので、「卒寿」はややお祝い感が弱い感じもする長寿祝いではありますが、還暦以降の10歳ごとの長寿祝いです。

いくら医療が進んだとしても、90歳を迎えられる方は段々限られてくるというのも事実。

できるコトなら、しっかりお祝いしてあげたいですね。

卒寿の祝い色「紫」

卒寿の祝い色は「紫」。

あらら、70歳「古希」の祝い色へ戻ってしました(笑)。

確かに金色や金茶色のような派手さはないモノの、やはり「紫」は聖徳太子の時代から続く高貴なモノを象徴する色なんですね。

99歳! 白寿(はくじゅ)

さぁ、100歳まであと1つまで長生きした「99歳」の長寿祝いが「白寿」です。

「99歳のお祝い」って?、100歳のお祝いでイイのでは?と思われる方も多いと思います。

だって、100歳でもお祝いするでしょ?って。

まぁ還暦以降、66歳(緑寿)・77歳(喜寿)・88歳(米寿)ときた折角の「ゾロ目」の年齢ですから、是非ともお祝いしなきゃです。

でもね、99歳の白寿の由来こそ、けっこうムリヤリ感がたっぷり!。

「100-1=99」。

この当たり前の算数の式を漢字で書いてみると、

「百」-「一」=「白」になるからなんですって!。

ここまでくると「ホントかい!」って思ってしまいます。

白寿の祝い色「白」

白寿の祝い色は、疑うまでもなく名前の通り「白」です。

100歳! 百寿(ひゃくじゅ)

100歳の長寿祝いには「百寿」の他、10年ごとのお祝いである「百賀(ひゃくが)の祝い」や1世紀(100年)生きた「紀寿(きじゅ)」「上寿(じょうじゅ)」など様々なお祝いの名前があるほど、特別な長寿祝いになるでしょう。

何といっても、100年・1世紀を生きてこられたワケです。

人生で、最も大きな節目の年齢なハズです。

もちろん「おめでとう!」の意味が大きいお祝いなのは当然ですが、加えてこれからも元気で長生きして欲しい気持ちがますます強くなってきますね。

百寿の祝い色「無色?」

百寿の祝い色については「無色」というより、特に「決まった色」がないという感じです。

しいていえば、色のない「白」や百は「もも」と読むこともあるので「桃色」が用いられることもあるようです。

特に決まった祝い色がないのですから、ご本人が好きな色を用いた贈り物などでお祝いされるのがいいかもしれませんね。

まとめ

今回は、年齢ごとの長寿祝いの意味やそれぞれの「祝い色」について、順をおって見てきました。

奈良時代に、中国から伝わってきたとされる「長寿祝い」。

時代とともに、長生きされる方も多くなり「長寿祝い」の種類も増えていったようですね。

どちらかといえば、10年ごとの節目のお祝いに、日本人が好きな「ゾロ目」の年齢のお祝いがプラスされていった感じがします。

「還暦」で着る「赤いちゃんちゃんこ」や「赤い帽子」に代表されるように、それぞれの長寿祝いにも「祝い色」があります。

お祝いのプレゼントを選ぶ際には、それぞれの「祝い色」にちなんだモノを選ぶというのもいいでしょう。

祝い色にあわせた、「帽子」などをプレゼントされてみると如何でしょう?。

ウチの母親だと、古希や喜寿の祝い色の「紫色」のベレー帽などが似合いそうかな…。

今回、長寿祝いについて見てみると、61歳(満60歳)の還暦のお祝い以降って、意外とたくさんの長寿祝いがあるということを改めて知る機会になりました。

盆・暮れ・正月以外、なかなか家族を連れて両親の元へ帰れていません(苦笑)。

離れて暮らす両親と顔を合わす機会、兄弟・親戚が集まる機会を1つでも多くするためにも、父・母、両親の「長寿祝い」というタイミングを上手に生かしていければと思います。

【スポンサーリンク】