コロンと丸くて赤く「転びそうで転ばない」、どことなく「可愛いらしい」ダルマ

お正月には、全国各地のお寺で縁起物とされるダルマが所狭しと並べられる「ダルマ市」なるものが催されています。

初詣の帰りに、ダルマを買ってかえるという方も多いのではないでしょうか。

会社関係だと「商売繁盛」、受験生では「合格祈願」などで買われるのが多いダルマですが、「家内安全」などを祈願して1年間飾っているというご家庭も多いでしょう。

そういえばテレビの選挙の開票報道では、当選が確定した候補者が嬉しそうにダルマに目を入れるタイミングを見ることがあります。

この時、すでに片目には目が入っていて、もう片方の目に目を入れる形ですよね。

そう、一般的にはダルマは片方づつ目を入れるモノです。

でも、ダルマに目を入れるタイミングっていつが正しいのでしょう?。

最初に目を入れるのは、右目から?左目から?。

また、なんらかを祈願しつつ飾ったダルマの処分はどうしたらいいのでしょう?。

まさか「ゴミ箱へ」といかないですよね。

今回は縁起物であり思いが込められ飾られるダルマについて、目を入れるタイミングや処分の方法などを中心にわかりやすく見ていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

ダルマの目を入れるタイミングは?

ダルマを買ってきた時、その両目は「白く」目が入っていない姿です。

仏像などが作られた際、魂を入れることを「開眼」といいますが、買ってかえったばかりのダルマは魂が入れられていない「開眼」していない状態です。

ダルマは、商売繁盛・合格祈願・家内安全などなんらかを祈願しつつ片方の目に「目を入れる」ことで「開眼」させるのです。

気になるのは、目を入れるタイミングだけでなく、左目・右目どちらから?という点でしょう。

ダルマに目を入れるタイミング

ダルマは、「願掛け」して飾る縁起物です。

・願掛けをしながら片方の目に目を入れて「開眼」させる。
・願い事が叶ったらもう片方の目を入れることで両目を黒くし「満願」させる。

ダルマに「目を入れるタイミング」はこの2つです。

「合格祈願」や選挙の「当選祈願」なら、目を入れるタイミングはこの2つでわかりやすいですね。

では「商売繁盛」や「家内安全」など限りない祈願の場合はとなると、

・1年はじめのお正月に、商売繁盛・家内安全などを願掛けし片方の目に目を入れる。
・年末に1年の感謝の気持ちとともに、もう片方の目を入れることで両目を黒くする。

特に縁起を気にされる方は、開眼の日は「大安」「友引」「先勝」など縁起のいい日にするのがいいと思います。

「満願」として両目を黒くするのは、なんらかの願い事が叶った時か、年末・大晦日と覚えておけばOKです。

ダルマに目を入れるのは左目から?右目から?

ダルマに最初の「開眼」の意味で目を入れるのは、一般的には「左目」(ダルマに向かって右側)からだとされています。

さらに願いが叶った時や年末に感謝しつつ「満願」で目を入れるのは、「右目」(ダルマに向かって左側)。

この左右の順番にはいくつかの説がありますが、有力な説としては2つ。

・阿吽(あうん)という言葉からの説
・太陽の動きからの説

阿吽(あうん)という言葉から

阿吽(あうん、サンスクリット語: अहूँ 、a-hūṃ)は仏教の呪文(真言)の1つ。悉曇文字(梵字)において、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。

ダルマの左目は物事の始まりを表す「阿(あ)」、右目を物事の終わりを表す「吽(うん)」するという説。

太陽の動きから

太陽は、東から上がって西へ沈んでいきます。

ダルマを南へ向けて置いたとき、東側にあたる左目から目を入れるという説。

ただ、これらは「一般的」な目を入れる順番とされるもので、決して「これが正しい」というものではないのも確かです。

先に紹介したテレビでの選挙の開放報道で、当選が確定した候補者が「願いが叶った」として目を入れているのは「左目」だったりするのです!。

一般的な順番とは逆ですよね。

実は、ダルマの目を入れる順番は地域や目的、ダルマの種類などによって異なるもので、気になる方はダルマを買った際にダルマ商に聞いてみるといいと思います。

大切なことは、ダルマに目を入れるのは魂を入れる「開眼」であって、左右どちらの目から入れても問題となるものではありません。

「一般論」を目にしても、「間違えた…」と気にされなくても大丈夫ですよ!。

【スポンサーリンク】

ダルマの処分はどうする?!

合格祈願や家内安全、なんらかを祈願しつつ1年飾ったダルマ。

お守りや破魔矢と同じく、そのご利益の期限は1年だそうです。

1年飾ったら、年の途中の合格祈願など願いや家内安全など感謝しつつ、供養する形で処分しましょう。

くれぐれも「燃えるゴミ」で処分することなど考えては、バチが当たりますよ!

ダルマの処分のタイミング

お寺で供養してもらう

お正月、初詣で賑わう時期にはお寺でも神社でも「古神札返納所」というスペースで、ダルマ以外にもお守り・お札・破魔矢などの処分を受付けています。

ただどうでしょう、ダルマは「達磨大師」というお坊さんがモデルになったものなので、また「ダルマ市」が催されるようなお寺で処分してもらうのがベストかもしれません。

翌年の初詣の際に持っていって、新しいダルマを買っていくという処分のタイミングが多いようですね。

そこで、「毎年少しづつ大きなダルマにしていくといい」というのはダルマ商の商い文句でもありますから、「信じる」も「信じない」も人それぞれです。

地域のどんと焼きで

地域によっては、しめ縄などの正月飾りを持ち寄り一箇所で燃やす、「火祭り」的な行事「どんと焼き」が行われていることがあります。

初詣などでお寺や神社へいくことが難しいときには、地域で行われている「どんと焼き」の行事を探してみるのも一考です。

まとめ

今回は、「ダルマの目を入れるタイミングは?」「ダルマの処分はどうする?」について見てきました。

ダルマの目を入れるタイミングとしては2つで、買ってかえり「願掛け」をして片方の目を入れる「開眼」と、願いが叶った時や年末・大晦日に感謝の気持ちとともに「満願」を意味してもう片方の目を入れるということ。

目を入れる順番は、左目(向かって右目)が一般的ですが、大事なことは「開眼」と「満願」で両目が黒くなることで、左右の順番が違っても間違いにはなりません。

おまけ

願いが叶ったら、両目を入れるダルマの目。
「もしも願いが叶わなかったら…」という悩みもあるかもしれませんね。

大丈夫、そんなときも右目を入れることで「この1年無事に過ごせました」と感謝の気持ちを表し、お寺や神社で処分してもらうのがベターでしょう。

そして新しいダルマを買って、「今年こそ」と左目に「目を入れる」ことから新たな気持ちで1年をスタートさせましょう!。

【スポンサーリンク】