823520

子供と一緒にディズニーランドデビュー!

とても憧れますよね。

でも、お母さんには心配なことも多いのではないでしょうか。

トイレが混んでいたらどうしよう迷子になったら?など、心配事は尽きません。

そこで今回は初めて子供と一緒に行くディズニーランド、これだけは外さないという4つのポイントをご紹介しましょう。

【スポンサーリンク】

1、迷子センターの場所をしっかり把握する

東京ディズニーランド園内には1ケ所だけ、エントランス近くのエリア「ワールドバザール」を右手に抜けた所に迷子センターがあります。

建物の名前は「ベビーセンター」「迷子センター」となっており共用の施設です。

園内では「迷子用の放送」は一切流しておりません。

そのため、万が一子供と離れてしまったら待ち合わせできる唯一の場所がこちらです。

もしもの時のため、お母さんは迷子センターの場所をはじめに把握しておきましょう。

そうすれば焦らず冷静に対応をすることができます。

また、お子様にも携帯電話番号を書いた迷子札を付けておくと更に安心です。

迷子にはなり得ない程小さな子供の場合は、この施設はベビーセンターとしても活用することができます。

ベビーセンターでの取扱内容は、おむつの交換や粉ミルク、紙おむつ、ベビーフードの販売、授乳やお食事、ミルク用のお湯の提供などです。

2、コインロッカーを活用する

コインロッカーはエントランス近くのパーク内に2ケ所、パーク外に5ケ所あります。

東京ディズニーランドは海の近くということもあり朝晩で気温の変化が大きかったり、風がいきなり強くなったりすることもあるため、子供もお母さんも服装には気を付けたいところ。

突然の気候の変化にも柔軟に対応できるよう、雨具や上着などは事前に準備し、コインロッカーに入れておくことで、安心してパークを楽しむことができます。

車で来園をしている方は車に荷物を置いておくことも可能ですが、パークから駐車場までは意外と距離があり「めんどくさい・・・」となりがちです。

コインロッカーは300円から使用できますので、そこは節約と思わず、活用しましょう。

【スポンサーリンク】

3、子供と乗れるアトラクションを知る

ディズニーランドには身長制限があるアトラクションがいくつか存在しますが、身長制限のないアトラクションが大多数です。

全部で38個あるアトラクションのうち、32個が身長制限なしで乗ることができます。

ただし、行こうと思っていたアトラクションが身長制限で乗れなかったとなると、ロスが多く時間がもったいないので、事前に確認しておくことをオススメします。

東京ディズニーリゾート公式サイトでは身長制限のないアトラクションを事前に調べることができますので、是非来園前に確認をしておきましょう。

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト/アトラクション

4、空いているトイレを把握しておく

混雑している日にはトイレ待ちに数十分、などといったこともあるディズニーランド。

子供が「トイレに行きたい!」となってから探すと大変です。

そこで事前に空いているトイレを知っておくことで、その付近を通った時に事前にトイレを済ませておくことができます。

一番のオススメは、ジャングルクルーズ横にあるトイレ

少し前にリニューアルしたこのトイレは個室の数が多く、多少並んでいてもどんどん列が進みます。

周りには、ウエスタンリバー鉄道や、チキルームなど子供向けのアトラクションも多いため、この辺りのアトラクションに乗った際は、移動の前にこのトイレに寄ってくださいね。

また、パレードの時間の前後や人気のアトラクション付近のトイレは混雑する傾向があるので、その時間や場所を避け、空いているトイレを見かけたらこまめに入っておくこともオススメします。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

子供とのディズニーランドデビュー、不安は少し取り除かれましたか?

事前に準備をすることで来園した当日を何倍も楽しむことができます!

是非しっかりと準備をして、素敵な思い出を作ってくださいね!

【スポンサーリンク】