インターネットが普及した現代、大きな画面の「パソコン」だけでなく、今ご覧になっている方も多い「スマートフォン」や「タブレット」など様々なデバイスで情報を得たり、ゲームを楽しんだりしてることと思います。

しかし、それと同時に「目が乾く」ことに悩まされている方も多くなっていませんか?。

昨今は、目が乾くので「目薬が手放せない」という方も多いそうです。

エアコンなど環境の乾燥からくるものならまだしも、目薬を差しても「乾きがなかなか治らない」「すぐに乾いてしまう」という症状が出ているのであれば、それは「ドライアイ」の症状かもしれません。

先のスマートフォンを目にする時間が多いなど生活習慣からの変化も原因なのでしょうか?、私たち日本人でドライアイの症状が出ている方は、実に2000万人以上にものぼるとされています。

目が乾くことでの違和感は、確かに「あくび」をすることで出る涙でごまかすこともできます。

しかし、ドライアイは単に「目が乾く」だけに留まらず様々なカラダの不調にも繋がるものなのです。

進行してしまうことで、目の角膜が乾燥で剥がれてしまう「角膜上皮剥離」をも発症してしまうリスクがある怖いものですから、決して軽く扱っていいものではありません。

今回は、ドライアイの症状とは?、自分がドライアイかどうかが分かるセルフチェック、またドライアイの原因や対策などについて分かりやすく見ていきたいと思います。

みなさんがよくやっている「あくび」で出る涙は、ドライアイにどれだけ効果的なのかも気になりますね。

【スポンサーリンク】

ドライアイの症状とは?

ドライアイとは、通常なら目を守ってくれるはずの「涙の量」が不足したり、「涙の質」が低下することで目の潤いが不安定になり、目の表面がとても傷つきやすいくなっている状態です。

場合によっては、すでに目に傷がついていることも考えられます。

ドライアイになると、単に目が乾くといった症状だけでなくに留まらず、実に様々な症状が現れます。

・目が乾く
・目が重い
・目がゴロゴロする
・目が痛い
・目がかすむ
・眩しい
・視力低下
・目が疲れる

など代表的なものだけでもこれらの症状が挙げられますが、常に目に不快感を感じながらの生活になとなってしまうのはツライですよね。

またこれらの症状は、「ドライアイのセルフチェックシート」でもチェック項目に取り上げられているものばかりです。

自分がドライアイなのか?を確認するために、次に紹介する「セルフチェックシート」を利用してみて下さい。

ドライアイのチェック方法を紹介!

「目が乾く」だけでは、実際にドライアイなのかは分かりません。

ドライアイは、目を傷つけてしまう原因になる怖いものですし、もしもドライアイであるならしっかりと対策しておきたいものです。

紹介する2つのチェック方法で、自分がドライアイなのかどうか?

目の状態を確認してみましょう。

セルフチェックシートで確認

ドライアイであるかどうか、まず下記12個の項目をチェックしてみて下さい。

あまり強いものでなくても、長期間感じているのであればチェックするようにします。

□目が乾いていると感じる
□目が疲れやすい
□目がショボショボしたりゴロゴロする
□物がかすんで見える
□目が痒い
□以前より光が眩しい感じがする
□目が重たい(まぶたが重たい)
□目が痛い
□白目が充血しやすい(赤くなりやすい)
□目やにが増えた
□目に不快感がある
□目にホコリなどが入ると涙がでやすい

これらの中で5つ以上あてはまる項目がある場合、ドライアイの可能性があります。

ただ5つ以下なら大丈夫なのか?ドライアイではないのか?と不安な場合には、もう1つのチェック方法を試してみてください。

目の潤い度をチェックする「まばたきチェック」で確認!

「目の潤い度」を確認する、簡単なチェック方法です。

「まばたきをしない」で10秒以上我慢できますか?。

・10秒以上まばたきを我慢できなかった
・目が乾いてショボショボしてきた
・目に痛みがあった

10秒以上我慢できても、目がショボショボしてきたり、目に痛みを覚えたなら、「ドライアイ」の状態にある可能性が高いといえます。

紹介した2つのチェック方法を試してみたら、「私ってドライアイだったのね…」と思わされた方も少なくないかもしれませんが、対策をしっかり取ることで改善できます!。

ドライアイになってしまう原因は人それぞれなのですが、まずは自分のドライアイの原因をつかんでおきましょう。

ドライアイの原因とは?

日本でドライアイについてメディアなどでも取り沙汰されるようになったのは、1980年代頃からなので特別目新しさはないのですが、気になるのはその増加傾向でしょう。

ドライアイの治療薬(目薬など)の需要が、2006年から2010年にかけての5年間で毎年15%も伸びていることが報告されていることからも、この近年でドライアイに悩まれる方が増えているのは明らかです。

ドライアイを抱えている方の数は、潜在的なものも含めると2000万人以上といわれています。

日本人の約6分の1、成人を対象にしたら3分の1の割合にまでなっているのですね。

つまりドライアイは、どんな方にも起こりえる「身近なもの」が原因なのだろうと思います。

いくつか例を挙げていきましょう。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズを使っている方なら日常的に感じていると思いますが、コンタクトレンズを使っていない時と比べて、とても目が乾きやすくなります。

パソコンやスマートフォン

仕事柄、毎日パソコンの画面に向かう時間が長い方も要注意です。

画面が小さく文字も小さなスマートフォンを見る時間が長いというのは、更にドライアイになる原因となりえます。

というのも、自分では気づかないかもしれませんが、パソコンやスマートフォンの画面を集中して見ているときには、「まばたき」の回数が激減してしまっているからです。

私たちは普通、意識せずとも1分間に20~30回くらいまばたきしています。

それが仕事などでパソコンの画面とにらめっこしていると、およそ4分の1の5~8回にまで減ってしまうというのです。

これはスマートフォンの小さな画面でも同じことがいえるもので、10代~20代といった若い方にドライアイが広まっているのも、ネットゲームにはまっているのも1つ影響しているのでしょう。

近年ドライアイに悩まれる方が増加の一途をたどるのは、このパソコンとスマートフォンによるものといっても過言ではありません。

エアコン

快適環境を求めてか?、常に空調が効いたオフィスも目を乾かす原因になります。

近年の夏の猛暑で、家庭でもエアコンをつけっ放しで過ごすことも多くなりましたが、顔に直接あたるエアコンの風もドライアイの原因へと繋がるので注意しましょう。

寝不足

仕事の残業が深夜まで続いてしまったのなら致し方ないかもしれませんが、深夜になるまでインターネットやテレビの深夜放送に夢中になってしまって、寝不足なっていませんか?。

車の運転時間が長い

車を運転する時間が長い方、例えばタクシーやトラックのドライバー、営業職でお客様の元を車で回られている方もそうですが、車の運転中は周囲に気を配ることに集中することから、パソコンを見ていると同じようにまばたきの回数が減り、目が乾きやすくなりがちです。

加齢によるもの

加齢による様々な老化現象は、目にも表れます。

涙を作り溜めておく「涙腺」の機能が低下することで、目を十分に潤すだけの涙の量が分泌されずらくなっていきます。

【スポンサーリンク】

ドライアイの対策!

パソコンやスマートフォン、エアコンの使用や、コンタクトの使用などで目が乾き、ドライアイの原因になることは分かりましたが、仕事がらどうしてもパソコンでの作業が多かったり、オフィス内の環境を考えるとどうしてもエアコンを使用することになりますよね。

ただ同じ環境でも、なるべく目の乾きを抑えることを日頃から意識してあげることで、ドライアイを対策することもできます。

中には、あらためて「確かにそうだよね~!」と思えることもありました。

パソコンの画面の高さ

日頃作業で使っているパソコンの画面の高さ、自分の目より上ですか?下ですか?。

デスクへ向かって座りパソコンの画面を見たとき、自分の目と同じくらいの高さや目より高い場合には目が大きく見開いてしまいます。

ただでさえパソコン作業はまばたきの回数が減ってしまう上に、目を大きく見開いた状態が続けば目が乾きやすくなるのは当然!。

パソコンの画面は、自分の目より低い位置になるようにするのがいいようです。

コンタクトは使い方を守る

コンタクトを使われている方は、装用時間を守ったり使ったあとの洗浄・中和など使い方を守るようにしましょう。

コンタクトレンズを使用すると、涙が蒸発しやすくなり、どうしても目が乾きやすくなります。目の潤いを補うために目薬を点すのも効果的です。

エアコンは直接風が当たらないように

オフィス内の環境を考えると、どうしてもエアコンを使用しないわけにもいきませんが、直接風がカラダ特に顔に当たるのは避けましょう。

自分の席はどうしても風が当たってしまうから…という方、特にコンタクトを使われている方は「保湿用メガネ」を掛けるようにするのもいいでしょう。

あくびはドライアイに効果あり?!

ドライアイに悩まれている方は、目薬が手放せないという方も多いことでしょう。

でも、目薬を点さなくても「あくび」をしたときに出る「涙」が、目薬の代わりになるということも知っておいた方が何かと便利ですよ。

目が乾いた~と思ってポケットを探しても「目薬がない!」、そんなときにも「あくび」が活躍してくれます。

あくびは天然の目薬!

実は、あくびはドライアイにとても「効果あり」なもの。

目薬にも様々な成分が配合されてはいますが、あくびで出る涙には、人工的に作られた目薬では決して配合できない、カラダから分泌される成分が入っているのです。

つまりドライアイには、目薬よりもあくびで出る天然の目薬「涙」方が効果的だと言われているのです。

あくびをすると涙が出るのはナゼ?

あくびをする時って、目を瞑りながら口を大きく開けますよね。

人によっては、腕を上に伸ばすなどしてカラダを伸ばしたりします。

これら自然に出ているあきびの動きが、目のまわりの筋肉を動かし目の涙腺を強く押すように刺激することから、涙腺に溜まった涙が搾り出されるように出てくるのです。

あくびを出す方法を紹介!

あくびで出る涙がドライアイに効果ありと分かっても、あくびって眠いときに出るものってイメージですよね。

でも、眠くなくてもあくびを出す方法があるのです。

これが身につけられれば、ドライアイの不快感を解消出来ますよ!。

・目を閉じ、両手を上に上げます
・そのまま背中を反らすようにして、大きく口を開けます。

そう、ホントのあくびの真似をする感じです。

どうですか?、真似のつもりがホントにあくびが自然に出ると思います。

そしてあくびが出たら、涙がジンワリ出てきますのでそのまま数秒間目を閉じておきます。

その後、瞼の中で眼球をぐるぐると回してあげると、目の表面に涙の潤いが広がっていきます。

これを2~3時間に1度くらい繰り返えすと、目の乾燥を抑え、ドライアイを防ぐことや症状を和らげてくれますよ。

とはいえ、涙にも限界が…。

何度もあくびしていると、涙のうに蓄えられた涙も出尽くしてしまうのです。

ドライアイには天然の目薬「涙」に効果ありとはいえ、涙が出なくなってしまったら市販の目薬の出番ですね。

【スポンサーリンク】