おそらくどこのご家庭にも、テフロン加工されたフライパンが1つ2つあると思います。

油を引く量が少なくても焦げつくことなく、料理のあとの汚れ落としも簡単ということもあって、人気の調理器具になっていますよね。

この「焦げつかない」のも「お手入れが簡単」なことは表面の「テフロン」のおかげで、現在ではフライパンだけでなく、お鍋やホットプレートなど色々な調理器具にも使われています。

ただ、この「テフロン加工」にも弱点があって、高温や摩擦に弱く傷がつくことで、その性能が大きくダウンしてしまいます。

傷がつくことで性能がダウンしてしまうのは仕方ないかもしれませんが、心配なことはフライパンのテフロン加工が傷つくことで、カラダに「有害」なものになる?という説があることです。

もしも本当にカラダに有害なら、毎日のお料理で活躍してもらっているフライパンですから、それこそ一大事になってしまいます!。

今回は、そんなとても気になる「フライパンに傷がついたら有害?」について、色々な角度から確認していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

フライパンに傷がついたら有害なの?!

「フライパンに傷がついたら?」というよりも、その表面に加工された「テフロンに傷がついたら?」を心配されてのことだと思います。

実際にインターネットで「テフロン」とキーワード検索すると、「有害」であるとの情報が多々紹介されていて驚かされます。

フライパンに使われる「テフロン」とは?

・「テフロン」の名称は米国・デュポン社で商品化されたもので、その元となったのはフッ素原子と炭素原子のみからなる「フッ素樹脂(フッ化炭素樹脂)」。
・現在は、特にフライパンなどの表面コート塗装に多く使われ、摩擦が小さいことから焦げつきを防ぐ役割をになっている。
・約260℃で劣化し始め、約350度を超えると分解し、ポリマーガス熱(インフルエンザの様な症状)を引き起こす可能性が報告されている。

フライパンに使われる「テフロン」の弱点とは?なぜ傷つきやすい?

焦げつかず、お手入れ簡単なテフロン加工されたフライパンですが、その弱点は高熱と摩擦です。

・空焼き
・油を引かない調理
・炒めモノで金属製調理器具(オタマなど)を使う
・調理後すぐに水洗いする
・金属製タワシで洗う

などを繰り返すことで、フライパン表面のテフロン加工は傷つきやすい状況になります。

これまであまり意識されてなかったかもしれませんが、急激な「温度変化」もテフロン加工が苦手とする点。

高温で調理し終えてすぐに水で冷やしてしまうと、フライパンそのものの金属の収縮にテフロン加工が耐えられなくヒビ割れるように傷つきやすくなってしまうのです。

フライパンに傷がついたら有害!?無害!?

焦げつかず、お手入れ簡単なテフロン加工されたフライパンも、高熱や摩擦に弱く傷つきやすいもの。

その成分が万一溶け出し料理に入ったら、本当にカラダに有害なものなのでしょうか?。

フライパンが傷ついたら有害説

フライパンの表面に加工されたテフロンがカラダに有害という説にも、調べると実に色々な理由があげられています。

有害といわれる主な理由をざっとあげても、

・フライパンが傷つくと、テフロンの元となる「フッ素樹脂」がお料理に混ざりカラダに入る。
・350℃を超えるような高温になると、有毒ガスが発生する。
・テフロンに含まれる「PFOA」という物質が、ガンの原因になる。

などとチョッと怖いものばかり。

350℃を超えると発生するという有毒ガスも、実際には目で見ることができない上に「無臭」だとされていて、アメリカでは飼っていた鳥が死んでしまった例もあるようです。

この高熱で発生する有毒ガスを人が吸い込むと、のどの痛みや発熱、頭痛などまるでインフルエンザのような症状の「ポリマーガス熱」が引き起こされるいわれています。

さらに最も怖いのが、テフロンの製造工程で使用される「PFOA(ペルフルオロオクタン酸)。

テフロンを製造する工場からは、大気や水中に排出され環境汚染として問題視されていたこともあります。

テフロンの商標を持つ「デュポン社」では、その従業員に奇形児が生まれたとされる報告もある他、PFOA製造に関わる労働者の死亡率が高いというデータまであるのだとか。

これらのリスクを見てみると、フッ素樹脂が使われるテフロン加工されたフライパンに傷がついたら有害という説にも頷けますね。

【スポンサーリンク】

フライパンが傷ついても無害説

デュポン社では、テフロンの製造工程で50年以上補助材として「PFOA」を使用し続けてきました。

その間、様々な機関からPFOAの有害性を訴えられても「人体に害はない」ことや、「通常の調理使用ではPFOAは発生しない」と主張し続けていたそうです。

先に紹介した「高熱による有毒ガス」も含め、テフロンは有毒だという説が「PFOA」が原因だとするなら、現在は安心出来る情報もありました。

デュポン社では、以前テフロンの製造工程で補助材として使用されていた「PFOA」も、現在は99.9%廃止されているとのこと。

人体への影響がないと主張し続けていた同社も、改善努力がなされたとうことですね。

フライパンに傷がつくと有害とする意見が「PFOA」の有毒性をあげるものだとすると、現在のテフロン加工されたフライパンは、たとえ傷がついたとしても「無害」だといえそうですね。

また色々な意見を集めている間に、現実的な観点から「無害説」を紹介しているモノがありました。

フライパンが傷ついても焦げやすくなるだけ!

フライパンのテフロン加工に使われるフッ素樹脂は、とても安定性の高い物質で、もしもフライパンが傷ついたことで少しづつフッ素樹脂が料理に混ざり食べたとしても、カラダに取り込まれることなく便と一緒に排出されてしまうので、なんら有害なことはないというものです。

唯一問題とされるのは、やはり「高熱による有毒ガス」。

白煙が上がるほど空焚き状態を続けた場合にはフッ素樹脂が熱分解を起こし、「ポリマーガス熱」を起こすリスクのある有毒ガスを発生させます。

ただ、普通に食材を炒めたりする調理の最中で350℃を超える高温になることにはなりませんし、傷ついたフライパンからも現在は「PFOA」は発生しません。

フライパンが傷ついたことでのデメリットとしたら、炒める食材が焦げやすくなってしまうことだけでしょう。

まとめ

今回は、フライパンに傷がついたら有害か?について、最近のフライパンや調理器具に多く使われている「テフロン」に着目して紹介してみました。

テフロン加工されたフライパンは、油が少なくても焦げつきにくく、お手入れも簡単なのが便利ではありますが、その弱点は高温や摩擦で傷がつきやすいということ。

フライパン表面のテフロンの有害性から、「傷がついたら有害なのでは?」と心配になられる方も多いと思いますが、テフロン加工に使われるフッ素樹脂も少しづつ料理に混じって食べたとしてもカラダに有害とされるレベルに至らないようです。

また、過去にはテフロン製造工程で補助材として使われていた「PFOA(ペルフルオロオクタン酸)」という物質も、テフロンの商標をもつ「デュポン社」では現在99.9%廃止されているとのことから、現在では「フライパンに傷がついても無害説」が優勢のようです。

ただ、フライパンが傷つけばその能力ダウンは否めません。

焦げつかない・お手入れ簡単のメリットを活かすためにも、

・空焼きで高温にしない
・油を引く
・金属のオタマなど傷つく調理器具を使わない
・固い素材のタワシを使わない
・調理後に水につけるなど急に冷やさない

など、フライパンを労わる使い方をしてあげましょう。

たしかに油が少なくても焦げつきにくいテフロン加工ですが、油を引いてさらに焦げつき防止するのもポイントですね。

ひとたび焦げつきだすと、固いタワシなどで擦り洗いするようになり、表面に傷がつきやすくなってしまいますからね。

【スポンサーリンク】