「お酒の席」簡単にいえば「飲み会」でしょうか?。

お酒が好きな方にとっては楽しい思いが大半ですが、翌日の二日酔いも悩みのタネですよね。

日頃からあまりお酒を飲まない方やお酒が弱いという方ほど、二日酔いになりやすいともいわれています。

特に「忘年会」や「新年会」といったお酒の席が増えるのが年末年始。

会社や地域のコミュニティーなど、断りヅライ場面も多いと思います。

折角ですから、存分に楽しみつつ「二日酔い」を予防する対策を知っていれば、「飲み会」翌日の悩みのタネも1つ解消できそうです。

二日酔い対策に「ウコン」がいいともいわれますし、食べるモノに気をつけるといいともいわれますが、なんと「二日酔い予防のツボ」まであるとか…。

今回は「二日酔い予防」として、「飲む前」にできる対策はナニか?に焦点を当て、わかりやすく見ていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

二日酔いの原因は?!

楽しくお酒を飲んだ翌日の「二日酔い」…。

原因は?と問われれば、単純に「飲みすぎ」でしかありません。

わかってるコトとはいえ、お酒を飲んでいる時には、気分もいいし感覚もマヒしている状態。

その状態をずっと味わいたくて、ついつい「飲みすぎ」てしまい、翌日ツライ「二日酔い」を味わってしまうワケです。

・単なる飲みすぎ!
・アルコールによる脱水症状
・アセドアルデヒドの作用
・肝臓の働きがアルコール分解に集中

これらのことが重なることで、私たちは「二日酔い」に陥ってしまいます。

症状としては、

・頭が痛い
・吐き気がする
・お腹を下す
・食欲がない
・なにもやる気がしない

などなど平日の二日酔いは、仕事に支障をきたすほどツライものばかり。

二日酔いの詳しい原因については別の機会にゆずるとして、今回は「今すぐ知りたい!」二日酔い予防・飲む前の対策に焦点をあてていきましょう!。

きっと「それが知りたい!」のですものね。

二日酔い予防の「ウコン」は飲む前が効果的!

忘年会シーズンにもなると、「ウコンドリンク」のテレビCMを頻繁に目にすることが多くなります。

その為か近年では二日酔い予防に、「飲む前」に飲んでおくといいモノとして、「ウコン」は多くの方に知られるようになりましたよね。

テレビCMもそうですし、販売店でのポップでも「飲む前に効く!」と紹介されています。

先日いった居酒屋チェーンでは、飲み放題サービスに「飲む前」にウコンドリンクが含まれていましたよ(笑)。

実際に、ウコンはどんなタイミングで飲むのが二日酔い予防に効果的なのでしょう?。

これには「いつがいい!」という決まりはないものの、ウコンドリンクに含まれる「クルクミン」が肝機能を活性化し、二日酔いの原因であるアセドアルデヒドを分解してカラダの外へと排出する作用があることを考えると、やはり飲む前が効果的といえるのではないでしょうか。

これから飲み会へ参加するという、30分~1時間前を目安に「ウコンドリンク」を飲んでおくのがベターかもしれません。

二日酔い予防に「飲む前」に食べる!

「飲む前にしっかり食べておかないと悪酔いするよ」という言葉、成人になりお酒を飲むになった頃からよく言われてきませんでしたか?。

「飲む前」食べるってやはり正論なのです。

「乾杯!」のビール、「とりあえず」のビール。

一番美味しい瞬間かもしれませんが、形式的な「乾杯」が済んだななら、まずは「食べる」と意識しましょう

飲み会は、その後も数時間続くものです。

「飲み」はあとからでも、追いつきます!。

脂肪分の多いモノを食べる!

「忘年会」や「新年会」などのお酒の席となれば、セットの食事メニューも運ばれてくるでしょう。

中でも脂肪分の多いモノを摂るのが、二日酔い予防に効果的です。

脂肪分は胃の中での吸収が遅く、あとから入ってくるアルコール分が吸収されることを邪魔してくれる働きを持ちます。

脂肪分が多いものとはいっても、「唐揚げ」などの揚げ物ばかりではなく、サラダに掛けるドレッシングにも多く含まれています。

消化吸収の遅い「食物繊維」がアルコールの吸収を遅らせ、さらにビタミン類もたくさん摂れます。

特に男性の多い飲み会では、サラダの類がそっけなく扱われがちなので、率先していただいてしまいしょう。

【スポンサーリンク】

二日酔い予防に効果的な「ツボ」がある!?

飲む前に「ウコンドリンク」を飲むことや、「脂肪分の多い食事」を摂ることが二日酔い予防に効果的なのことは、案外知られたことかもしれません。

ここでは、二日酔い予防に効果的な「ツボ」があるということを紹介したいと思います。

お金も掛かりませんし、「ウコンドリンク買いそびれた~!」とか、飲み会では「食」より「飲み」が先行しそう…という方におススメな対策方法でしょう。

飲みながら会話を楽しみながらでも、「ツボ」押しならさりげなく出来そうですよね。

期門(きもん)

「期門(きもん)」は、乳首と肋骨(ろっ骨)の端を結んだ真ん中あたりで、肝臓の真上に位置するツボです。

「期門」は左右ともにありますが、肝臓の働きをよくするためにも、自分の右側の期門を押すのが効果的。

そもそも肝臓は大きいので、「ここ!」というのは人それぞれ違うようで、軽く押したり温めたりして「気持ちいい」と思う場所でいいのだとか。

中渚(ちゅうしょ)

「期門」同様、やはり肝臓に効くツボとなる「中渚(ちゅうしょ)」。

位置としては、手の薬指と小指の付け根あたりの骨と骨の間。

グーをして薬指と小指の付け根の関節の下、1~2cm下といったところです。

こちらも軽く押して「気持ちいい」と感じる場所がツボになるものですが、「中渚(ちゅうしょ)」は、肝機能の数値が高い方にもおススメなツボだといわれています。

手の甲側からだけでなく、手のひら側から挟み込むように押してあげるのも効果的のようです。

まとめ

忘年会や新年会など、とかくお酒の席はやや非日常的な空間でもあります。

自分もそうですし、他人の意外な一面を知ることでさらに親しくなる機会にもなります。

「二日酔い」、元々お酒が弱い方もツライでしょうが、年齢とともにお酒が残る「二日酔い」もツライものです。

二日酔い予防に「ウコンドリンク」といった便利なものを利用するのは勿論いいと思いますし、飲む前の食べ物を意識するのも大切です。

今回調べてみて初めて知ったのが、「二日酔い予防に効くツボ」

最近少々飲みすぎで、肝臓がお疲れ気味なこともあるので、二日酔い予防だけでなく肝機能改善のために押すのを習慣にして見ようかなと…。(苦笑)

【スポンサーリンク】