寒さがグッと厳しくなり冬本番を迎える頃、テレビやラジオのお天気お姉さんからも、「いよいよ冬将軍到来ですね!」なんて言葉が聞かれるようになります。

「冬将軍」

何となく聞き流している言葉かもしれませんが、でも、よくよく思えば冬将軍って「誰」のコトなんでしょう。

「冬将軍」の言葉の由来となるような、モデルとなる冬に活躍した「将軍」でもいたのでしょうか?。

今回は「冬将軍到来とは?言葉の由来は?」をテーマに、

・冬将軍とは?
・冬将軍が到来する時期は?
・冬将軍の言葉の由来は?
・冬将軍とは誰のコト?

これら「冬将軍」にまつわる謎について、わかりやすく探っていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

冬将軍とは?

冬将軍とは、冬本番の厳しい寒さを「擬人化」して表現した言葉。

ちなみに、テレビやラジオのお天気お姉さんからも「冬将軍が…」と聞かれるものの、決して気象庁が定義する「気象用語」ではないのだとか。

それでも、「シベリア寒気団」またはシベリア寒気団からもたらされる「冬の厳しい寒さ」を表す言葉として、「冬将軍」とはまさにピッタリ!。

冬将軍が日本に与える影響は?

冬将軍の「シベリア寒気団」とは、秋から冬にかけてシベリア大陸に居座る冷たい空気の塊をのコトを表現したモノ。

ならば「これが、冬将軍の正体?!」

それは、またこの後でじっくりと…(苦笑)。

日本で冬らしい気象配置といえば「西高東低」ですが、この「西高」に位置しているのが「シベリア寒気団」の冷たい空気の塊。

風は、高気圧から低気圧へと吹くモノとすれば、まさにシベリア大陸の冷たい空気が、風に乗って日本にやってきて寒さが厳しくなる気象配置なんです。

冬将軍が到来すると、日本海海上で蓄えた水蒸気によって、日本海側には大雪を、太平洋側へは山を越えた「下降気流」となって、「からっ風」と呼ばれる冷たい風を吹きおろすします。

とくに群馬県でみられる冬の下降気流は「上州のからっ風」となり、群馬県の冬の名物「赤城おろし」と呼ばれます。

冬将軍が到来する時期は?

「冬将軍」が到来する時期は、シベリア寒気団によって厳しい寒さがもらされ始める11月下旬頃~2月上旬頃。

木枯らし1号の条件は何?、木枯らし2号・3号はあるの?で紹介したように、毎年10月中旬~11月末頃に吹く「木枯らし1号」が、いよいよ冬将軍が到来する時期、「西高東低」の冬型の気圧配置に入る合図となります。

木枯らし1号~2月上旬頃までの間、冬将軍は1度到来すると短い時は1~2日、長い時には1週間ほど厳しい寒さが続くことになります。

また、1年(1シーズン)で1度到来したら終わりでなく、何度も到来するモノです。

体調管理のための防寒対策はもちろん、車のタイヤを冬用タイヤにするなど、路面凍結にもしっかり備えておきたいですね。

【スポンサーリンク】

冬将軍の言葉の由来は?

「冬将軍」は、シベリア寒気団からの影響を受ける日本の厳しい冬を表すにピッタリな言葉ですが、実は「冬将軍」の言葉の由来は日本にはありません。

冬将軍の言葉の由来を辿っていくと、そこには歴史上の超有名人が関係していました。

その超有名人こそが、「冬将軍」の正体なのでしょうか?!。

冬将軍の言葉の由来は歴史上の超有名人の敗北にあった!

冬将軍の語源となるのは、「general frost」が直訳された「霜将軍」という言葉だとされています。

この「general frost」「霜将軍」という言葉の由来に関係してくるのが、フランスの皇帝ナポレオン。

ナポレオン・ボナパルト(1769年8月15日 – 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランスの軍人・政治家である。ナポレオン1世(在位:1804年 – 1814年、1815年)としてフランス第一帝政の皇帝にも即位した。

ナポレオンが率いるフランス軍は、イギリス以外のヨーロッパ諸国を次々と制圧。

1812年6月、フランスと同盟国と合わせて総勢60万人という大軍勢となったナポレオン軍は、ついにロシア侵攻を開始します。

主要な都市を次々と制圧し、9月にはモスクワをも占領します。

ところが、世界最強と謳われたナポレオン軍も、戦いが冬まで長引くと状況が一変します。

ロシア軍は、逃げる先々で物資や、畑・食料をすべて焼き払っていたのです。

ナポレオン軍は、勢いで侵攻するほど食糧がなくなる状況…。

そこに、ロシアの厳しい寒さが追い打ちを掛けます。

気温は-10℃以下、凄まじい吹雪の中、食糧も底をつけば…。

撤退せざるを得ません。

ナポレオン軍の敗北。

総勢60万人の大軍勢も、飢えと寒さに苦しめられ、最終的にロシアから生還できたのは、5000人前後だったとされています。

世界最強と謳われたナポレオン軍の歴史的敗北を、当時のイギリスの新聞が「general frost(霜将軍)にナポレオンが負けた!」と記事に上げました。

直訳すれば「霜将軍」ではありますが、日本では上手いコト「冬将軍」と翻訳されて広まったのが、冬将軍の言葉の由来となったみたいですね。

当時ナポレオン軍の敗北を伝えたイギリスの新聞記者も、そのあと日本で「冬将軍」の言葉の由来となるとは思いもしなかったでしょうね(笑)。

まとめ

今回は「冬将軍到来とは?言葉の由来は?」をテーマに、「冬将軍」にまつわる謎について探ってきました。

・冬将軍とは?
・冬将軍が到来する時期は?
・冬将軍の言葉の由来は?
・冬将軍とは誰のコト?

如何でしたでしょうか?。

えっ?、「冬将軍とは誰のコト?」が解決してないじゃない?…(苦笑)。

たしかに、かなり引っ張ってしまいましたね。

・冬将軍とは、厳しい冬の寒さを「擬人化」した表現。
冬の間に何度もやってくるシベリア寒気団、またはシベリア寒気団からもたらされる「冬の厳しい寒さ」を表す言葉。

・冬将軍が到来する時期は、毎年10月中旬~11月末に「西高東低」の冬型の気象配置で「木枯らし1号」が吹いてから、2月上旬までの間。
冬将軍は1度到来すると短い時は1~2日、長い時には1週間ほど厳しい寒さが続くことになります。

・冬将軍の言葉の由来は、ロシアへ侵攻したナポレオン軍の敗北。
世界最強と謳われたナポレオン軍も、戦いが冬へと長引くことで、ロシアの厳しい寒さの中、食糧も底をついては撤退せざるを得ませんでした。

当時のイギリスの新聞が「general frost(霜将軍)にナポレオンが負けた!」と記事に上げたのが、直訳すれば「霜将軍」ではありますが、日本では上手いコト「冬将軍」と翻訳されて広まったのが、冬将軍の言葉の由来。

… やっぱり「冬将軍」は誰なのかが解決しません。

冬将軍のモデルとなる「冬にメッチャ強かった武将」でもいたのかな?と思って、「誰だ」「誰なんだ」と探ってみた結果…。

誰でもなかったんです!(苦笑)。

冬将軍とは、ナポレオンが敗北した厳しい寒さ「霜将軍」を日本風に「擬人化」して表現した言葉だったんですね。

冬将軍による厳しい寒さは、春先まで続きます。

どうぞ、寒さに負けないようにしっかり防寒対策をして、暖かく元気に過ごしましょう!。

【スポンサーリンク】