秋の味覚の楽しみの1つ、イチョウの実「ぎんなん」

関東では、9月頃~11月下旬に掛けて収穫され、ピークは11月半ば頃のようです。

風が強かった翌日にイチョウ並木を歩いていると、ぎんなんが沢山落ちていますよね。

「ぎんなん」というと、茶碗蒸しにワンポイント的に1個入っているのが定番ですが、私は焼き鳥屋さんのぎんなんの串焼きが好きで、メニューにあれば注文してしまいます。

焼いたぎんなんは、香ばしくてホクホクしていて美味しいんですよね~。

そんな秋の味覚のお楽しみ「ぎんなん」ですが、実は食べ過ぎると中毒症状が出て、最悪命にも関わることもあるって知っていますか?。

お酒のおツマミにされる方もいらっしゃると思いますが、食べ過ぎには注意が必要かもしれません。

今回は、ぎんなんを食べ過ぎた時の中毒症状や、もしもの時の対処方法について分かりやすく紹介してみたいと思います。

【スポンサーリンク】

ぎんなんに含まれる豊富な栄養素

突然「ぎんなんを食べ過ぎると中毒症状が出る」なんて聞くと、チョッと怖くなってしまうかもしれませんが、ぎんなんは昔から民間療法の1つとしてお薬の代わりに食べられてきたくらい、様々な栄養素が豊富に詰まった食材です。

ぎんなんに含まれる代表的な栄養素としては、植物性の良質なたんぱく質やビタミン群、鉄分やカリウムなどが挙げられ、滋養強壮や精力増進も期待されます。

またカラダの骨格を作るためのミネラルも多く含んでいます。

民間療法的には、頻尿や夜尿症に効くとされていたり、「青酸配糖体」という成分が肺を潤す働きがあることから、咳止めやたんを切ることにも効果があるといわれているのです。

ぎんなんの「ほくほく」「モチモチ」した食感も、豊富に含まれているでんぷんの仕業です。

秋の深まるごとに旬を向かえる美味しい「ぎんなん」は、含まれる豊富な栄養素を考えても、カラダのために本来は積極的に摂りたい食材だと思います。

ぎんなんを食べ過ぎたときの中毒症状とは?

ぎんなんを食べ過ぎたときに出る中毒症状は、食べた量によるところが大きいですが、食後「1~12時間」の間に現れます。

ぎんなんを食べ過ぎたときに現れる中毒症状としては、

・腹痛
・吐き気(嘔吐)
・めまい(ふらつき)

これら食中毒に似た症状の他、重症の場合には、

・呼吸困難
・意識不明
・痙攣(カラダのこわばり)
・ショック症状

までも伴うこともあり、最悪の場合「命に関わる」というものです。

ぎんなんの食べ過ぎたときの中毒症状は、かなり危険なことまで含まれると思っておいた方がいいでしょう。

ぎんなんを食べ過ぎると中毒になる原因とは!?

ぎんなんには、メチルピロドキシン(通称:MPN)と呼ばれる中毒を起こす物質が含まれています。

ぎんなんを食べ過ぎると、大量のMPNが、カラダの代謝に必要な酵素の働きを助ける「補酵素」としての役割をもつ「ビタミンB6」を欠乏させてしまうのです。

ビタミンB6が欠乏したカラダは、脳の興奮を抑える成分「GABA(ギャバ)」の活動を停滞させ、神経伝達が上手くいかなくなる結果「痙攣」や「呼吸困難」などの中毒症状を引き起こす原因となるのです。

当然のように最悪の場合には、対処方法を誤ると命に関わるものへと繋がっていきます。

ぎんなん中毒!子供は要注意!

ぎんなんを食べ過ぎたことによる、中毒症状で命を失った事例は戦後の食糧難の時代には多くあったようです。

確かに食べるものに困っていた時代、イチョウの木の下にたくさんのぎんなんの実を見つければ拾って帰り、食材として使いたくなります。

もちろん美味しいですから、たくさん食べれてしまいますから、「食べ過ぎによる中毒」も理解出来ます。

近年では大人の方がぎんなんの食べ過ぎで中毒を訴えることは殆どなく、2010年に大人の女性が一度に60個ものぎんなんを食べた結果、吐き気や嘔吐というぎんなん中毒となったという報告がありました。

ぎんなんの食べ過ぎで中毒に気をつけなければならないのは、特に小さい子供です。

ぎんなん中毒を発症された方の、実に7割以上が10歳未満の子供だというのです。

大人は肝臓にぎんなんに含まれるMPNを解毒する働きをもつ酵素をもっていることから、ある程度の量であればぎんなん中毒の症状が出ることはないとされています。

逆に子供は、まだまだ肝臓も成長過程にあり、肝臓でMPNを上手く解毒できないことから、ぎんなん中毒に罹りやすいのです。

ぎんなんは、やや「大人の食べ物」というイメージがありますが、ぎんなんを「美味しい!」と思う子供だっていることでしょう。

そんな時は、まわりの大人が「食べる量」などに気を使う必要があるでしょう。

【スポンサーリンク】

ぎんなんの食べ過ぎに要注意!何個までなら大丈夫?!

これまで紹介してきたように、美味しいぎんなんも食べ過ぎると中毒症状が出てしまうことがあるのですが、中毒症状が出るとされる量はどれくらいなのでしょう?。

ぎんなんが好きな方からすると、「何個までなら大丈夫?」が知りたいところでしょう。

・成人の場合:40個
・子供の場合:7個

ぎんなんを食べて大丈夫な量は、およそこの辺りの数が目安となるようです。

データ上ではだいぶ幅を持たせていて、大人の場合40個~300個などと紹介されているものもありますが、あくまで健康な方で肝臓の解毒作用の働きが活発な方も含めたものでしょうから、最低ラインで考えておいた方がいいと思います。

でも、夏のビールのおツマミの「枝豆」じゃないんですから、ぎんなんを一度に40個も食べるということは、現代ではなかなか経験しない量ですよね。

という意味では、7個をボーダーラインとする子供の方が、やはり要注意です。

ぎんなんも「串焼き」などでいただけば、7個くらい「ペロリ」と食べてしまいます。

ここは大人がストップを掛けなきゃダメですね。

また万一のことを考えると、5歳以下の小さな子供にはぎんなんは食べさせない方がいいとされているようです。

ぎんなんを食べ過ぎて中毒症状が出たときの対処方法!

紹介してきた通り、大人の方が「ぎんなん中毒」に罹ることはあまり考えなくてもいい感じですが、注意しなければならないのが小さな子供がぎんなんを食べ過ぎてしまった場合の中毒症状です!。

ぎんなんを食べ過ぎて具合が悪くなったら!

ぎんなんを食べ過ぎて中毒症状が現れるのは、だいたい1~12時間です。

例えば夕食時にぎんなんを多く食べて、数時間後に腹痛や吐き気、痙攣などの症状が現れた場合、ぎんなんの中毒症状だと疑うのが懸命です。

吐き気があるからと、無理に吐かせたりするのは良くありません。

場合によっては、痙攣を起こす引き金になりかねないからです。

ぎんなん中毒が疑われたらすぐに病院へ!

最悪の場合、命に関わる事態も考えられます。

ぎんなん中毒が疑われるのであれば、すぐに病院で診察を受けましょう。

時間帯やカラダを動かせない、急を要するなどの場合には救急車を要請することも必要でしょう。

病院の先生や救急隊員からの質問に答えられるように、

・食べたぎんなんの量
・ぎんなんを食べた時間
・具合が悪くなってきた時間

などを始め、気になることをメモに書いておくといいと思います。

病院での対処・治療

病院では、全身管理と対処療法が主体となり、中毒を引き起こす原因となった欠乏したビタミンB6を活性化させるために、PLPという物質の注射が有効だとされています。

病院では、症状が治まったとしても再度痙攣などが起こるリスクが残るので、その夜は入院するのが一般的でしょう。

病院でしっかり対処・治療がなされれば、大多数が1日~4日以内には回復されるというので安心ですね。

そのためにも、ぎんなん中毒が疑われたなら、迷わず病院で診察を受けることが大切です。

まとめ

晩秋に旬を迎える「ぎんなん」は、民間療法でお薬の代わりに食べられてきたくらい、様々な栄養素が豊富に詰まった食材です。

大人なら、ある程度の量を食べても問題なさそうですね。

焼き鳥やさんで「ぎんなんの串焼き」を、これからも変わりなく食べられそうで安心しました。

ただし、小さい子供が食べる場合には要注意!。

最初から、「食べる数を決めてあげる」ことも必要かもしれませんね。

特に5歳に満たない小さな子供には、最初から食べさせないのが懸命です。

また、ぎんなんの食べ過ぎによる中毒症状が疑われたなら、迷わず病院で診察を受けることが大切。

数日入院することがあったとしても、その後の回復も早く安心出来ると思います。

【スポンサーリンク】