りんごには、「青りんご」って呼ばれる種類があるじゃないですか?。

正直、赤いりんごのように「皮を剥いて」食べる機会はあまりないモノですが、けれど「青りんご」ってよく耳にします。

ドコでなんだろ~?… あっ「居酒屋の青りんごサワー」か!(苦笑)。

不思議ですけど、普通に「りんごサワー」ってあまり聞かないし、赤いりんごだと甘い感じの味に感じてしまうカモ。

同じりんごなのに、青りんごと赤いりんごとでは思い浮かべるイメージがそもそも違うように思います。

居酒屋の青りんごサワーだけでなく、青りんごゼリーとか、青りんごジャムなど、赤いりんごと違い「酸味」を期待したフレーバー的要素が大きいように感じるし、「青りんご」にはいつもとチョッと違う、特別感を覚えるのはワタシだけ?。

ちょっと気になってきましたよ~(笑)。

今回は、青りんごと赤いりんごの違いを探ってみましょう!。

作られ方に違いがあるのか、種類に違いがあるのか…。

味はなんとなく違いがわかる気がしますが、ほかに青りんごと赤いりんごには、栄養やカロリーなどの違いがあるのでしょうか?。

【スポンサーリンク】

青りんごと赤いりんごの味の違いは?食感は?

青りんごと赤いりんご、基本的に「形」は一緒。

見た目的には、色が青っぽい(黄色や黄緑)か赤いかの違い。

ちなみに、ホントに「青色」なりんごは見たコトありません。

よく年配の方は、緑を「青」っていうじゃないですか。

葉物野菜を「青モノ」といったり、青信号も「緑」ですしね。

青りんごと赤いりんごの「味」は、少し違います。

一般的な赤いりんごは、「甘い」のが普通ですし、より甘いモノへと品種改良が進められていますよね。

中には「蜜入り」なんてモノもあります。

それと比べるて青りんごに期待される味は、抑えられた甘さと「酸味」の強さとスッキリ感。

その実の食感も、シャキシャキした青々しい感じです。

酸味とスッキリ感が期待されるからこそ、青りんごは「サワー」や「ゼリー」などで喜ばれるモノなんでしょう。

青りんごと赤いりんごに栄養の違いがあるの?!

色や味・食感に違いがあっても、「同じ」りんごですから…。

青りんごと赤いりんごに、栄養成分の違いは無いといってイイでしょう!。

青りんご・赤いりんごそれぞれに含まれる代表的な栄養素は、

・ペクチン
・ポリフェノール
・カリウム
・ビタミンC
・ビタミンA
・クエン酸

「医者知らず」といわれるりんごに豊富に含まれる栄養素については、以前の記事でも紹介しました。

りんごは風邪にいい?リンゴの驚くべき効果!
りんごの皮に含まれる栄養素!皮ごと食べる注意点は?

青りんごに多い栄養成分がある!?

青りんごも赤いりんごも、栄養素は「殆ど」一緒。

特筆して「違い」をあげるなら、前記の「ポリフェノール」の1つとなる「プロシアニジン」という成分の量。

プロシアニジンの主な効能を見てみると、

・抗がん作用
・コレステロール・中性脂肪などを下げる作用

などのほか、「美白効果」や「育毛効果」も期待されるモノだとか。

プロシアニジンは、赤いりんごにも含まれています。

しかし、実を赤く染めるほどその量は減っていってしまうのです。

元々は青りんごにも赤いりんごにも含まれている「プロシアニジン」は、りんごが陽の光にあたり成熟していく上で、同じポリフェノールの1つ「アントシアニン」へと変化していくタメです。

【スポンサーリンク】

ホンモノの青りんごは甘い?!

青りんごって一言で呼んでしまいがちですが、「収穫時期の違い」の青りんごと、成熟しても赤くならない「ホンモノ」の青りんごの種類とがあります。

りんごが赤く染まる前、先のプロシアニジンが、アントシアニンへと変化する前の「早摘み」で収穫することでの「青りんご」と称するモノと、成熟しても赤くならない云わばホンモノの青りんごの種類に分けられます。

成熟しても赤くならない青りんごの代表的な種類は、

・王林
・陸奥(むつ)
・グラニースミス

青りんごのイメージは、甘みが抑えられ酸味が強いイメージですが、この中でも「王林」はとても甘い!。

ある意味、緑色した見た目を裏切る「甘さ」です。

「王林」の国内での生産量をみても、「ふじ」や「つがる」といった赤いりんごに続く第3位なのだとか。

王林は、「林檎の中の王様」という意味で名付けられただけあって、甘みが強く・酸味が弱い・香りが強く・食感はやわらか。

今度、一度食べてみたくなりました。

旬は11月~2月頃のようです。

また「より甘く」と品種改良が進む赤いりんごですが、アップルパイの材料では昔ながらの「酸味の強い」りんごの方がイイといわれます。

アップルパイの材料に、青りんごの「グラニースミス」を使われているお店も多い理由もソコです。

青りんごと赤いりんごのカロリーの違いは?!

「りんごダイエット」なるモノを耳にしたコトがありますが、りんごのカロリーが気になる方もいらっしゃるでしょう。

見た目や味、食感から受けるイメージではどうですか?。

カロリーには糖質が関係していると思うので、甘みが抑えられサッパリしている「青りんご」の方がカロリーが低いのでは?と思いますが、青りんごも赤いりんごも、カロリーは然程違いがありません。

普通に出回っている「Mサイズ」なら、1個150kcalほど。

コンビニで買う菓子パン1個が300kcal前後、おにぎりでも200kcal前後になるコトを考えても、丸ごと1個食べるとけっこうな満腹感が得られるりんごは、ダイエット食に向いていそうですね。

青りんごと赤いりんごに「カロリーの違い」は然程ないモノの、「ダイエット効果」で見逃せないのが、先にも紹介したポリフェノールの1つ「プロシアニジン」。

プロシアニジンには、脂肪の吸収を抑える効果、脂肪の燃焼を高める効果があるとされています。

王林や陸奥など「ホンモノの青りんご」だけでなく、陽に当たり成熟する前の早摘みの「青りんご」にも、赤いりんごよりプロシアニジンが多く含まれています。

青りんごと赤いりんごにカロリーの違いは然程ありませんが、ダイエット効果を期待するなら「青りんご」に軍配が上がりそうです。

まとめ

今回は、青りんごと赤いりんごについて、味・栄養・カロリーなど違いがあるのかないのか探ってみました。

青りんごも赤いりんごも、同じ「りんご」ですから栄養やカロリーといった部分は、基本的には違いは少ないようですね。

違いといえば、「味」と「食感」でしょうか。

さらに強いていえば青りんごには、皮が赤くならないことで、脂肪の吸収を抑える効果、脂肪の燃焼を高める効果があるとされている「プロシアニジン」が赤いりんごより多く含まれているということ。

カロリー的には同じでも、ダイエット効果を期待するなら「青りんご」ってコトのようです。

これまで青りんごというと、「青りんごサワー」や「青りんごゼリー」などのフレーバー的要素に重宝されたモノのイメージでした。

ただ今回の記事を通して、「りんごの中の王様」として名づけられたという「王林」が気になって仕方ありません!。

チャンスがあったら「青りんご」、それも一番美味しい旬となる秋~冬の「王林」を食べて、赤いりんごとの違いを確かめてみたいなと思います。

早くも、今年の秋の楽しみが1つできました。

【スポンサーリンク】