095645

今年もまた「ハロウィン」の話題で盛り上がりを見せる季節になってきました。

最近はハロウィンというと、東京・渋谷のスクランブル交差点で大騒ぎしている風景がニュースなどでも取り上げられるなど、クリスマスに匹敵するくらい日本の年中行事の1つに定着している感じです。

しかし少し前まで時代を遡ると、こんなにもハロウィンって日本で流行っていたかなぁと…。

さほどメディアでも注目されていませんでしたよね。

ハロウィンは、いつからこんなに流行ったのでしょう?。

確かにすり込み教育的に、昔からアメリカで行われてきた行事の1つで、10月31日の夜に、仮装した子供たちが「トリックオアトリート!」とか言いながら、ご近所の家でお菓子を貰って回るということくらいは分かっていましたけど、こんなにも日本中で流行る行事になるとは正直想像もしていませんでした。

今回は、いつからハロウィンが日本で流行ってきたのか?そのきっかけは何だったのかについて、色々見ていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

ハロウィンはいつから日本で流行り始めた?

日本でハロウィンが流行り始めたのはいつからなのかを色々調べてみましたが、やっぱり2000年前後あたりから徐々に流行り始めた感じです。

確かにそれ以前は、さほどテレビ番組などでも取り上げられることは少なかったと思いますし、特別感もあまりなかった様な気がします。

ハロウィンが日本で流行り始めた火付け役となったのが、近年の「イースター」同様にディズニーランドの仕業でしょう。

・1983年から、キディランド原宿店で、原宿表参道の歩行者天国を仮装して歩く「ハローハロウィーンパンプキンパレード」
・1992年から、二子玉川ナムコ・ワンダーエッグで、スタッフが仮装したり、かぼちゃを使ってのサプライズ演出がなされるなどの「ワンダー・ハロウィン」

などを中心に、日本でもハロウィンを特別な行事として扱われるようになってきましたが、何といってもディズニーランドのパワーは絶大です。

・1997年からディズニーランドで始まった、ゲストがそれぞれに仮装してトゥーンタウンに集結するという「ディズニー・ハッピー・ハロウィン」の影響が大きいのではないでしょうか。

思い思いの仮装をして盛り上がる、現在のハロウィンの原形がここにあると感じます。

更に、2001年に開業したユニバーサル・ジャパン。

こちらも開業翌年の2002年から「ハリウッド・ハロウィンイベント」が行われるようになりました。

日本でのハロウィンの流行は、この2大テーマパークによってもたらされたと言っていいでしょう。

その後、各社が打ち出した商業戦略に乗っかる形で、ハロウィンは更に日本中に流行っていったのではないでしょうか。

ハロウィンが日本流行ったワケとは!

・目新しいものを受入れる日本人の国民性から?

現在の日本のハロウィンの流行は、若者を中心に街中やテーマパークなどで盛り上がりを見せるイメージですが、アメリカなど海外のハロウィンとは全く違った文化になっているのも確かです。

元々のハロウィンは、秋の収穫を祝うことや、悪霊を追い出すといった宗教的な意味合いをもった行事で、日本に当て嵌めれば「お盆」的なものです。

ハロウィンにそんな意味も含まれていたのか知っている方が、どれだけいるでしょう。

最近では、クリスマスやバレンタインデーなどと同様に、商業的イベントに感じている方も多いのではないでしょうか?。

しかしハロウィンなど海外の目新しい文化でも、形を変えながら1つのイベントとして上手に受入れ楽しんでしまうのも、私たち日本人の国民性です。

バレンタインデーやクリスマスなど、海外とはやや違うイベントの楽しみ方になっていますよね。

もともとがお正月や豆まき、お花見や七夕、お月見など四季おりおりの年間行事を大切にしている国民性であるからして、秋の行事が1つ増えることが嬉しかったのかもしれませんね。

・コスプレ人気から?

ハロウィンには、他の行事にはない「仮装」という楽しみがあります。

元々日本では、ハロウィンが流行るようになる前からアニメやゲームに登場するキャラクターになりきるようなコスプレが流行っていました。

その土台の上に入ってきたのが、元々子供たちが仮装を楽しむハロウィンです。

このコスプレを競い楽しむ場となったことで、街中がコスプレで練り歩いて盛り上がることが大流行していったのではないでしょうか。

ハロウィン当日の夜の、渋谷の街中は「これは何のコスプレ?」の連続で圧倒されてしまいます。

【スポンサーリンク】

もしも近所の子供たちが「トリックオアトリート!」と言って回ってきたら?!

アメリカなど海外では、子供たちが思い思いに仮装して、ご近所にお菓子を貰いに回るハロウィン。

最近の日本では、自治会を主体とした「子供会」なるものがあるのか分かりませんが…、地域の子供たちが秋のイベントとして近所の家庭に「トリックオアトリート!」と言いながら、お菓子を貰いに回るハロウィンを楽しんでいることにもしも遭遇したのなら。

・ハッピー ハロウィン!
・トリート!


と答えてあげるのが、海外のイベント的な雰囲気が出せていいのではないでしょうか。

(チョッと真面目に考えてみたので参考までに…)

まとめ

昔はさほど意識していなかったハロウィンが、日本で流行り始めたのはいつからなのか、どんなきっかけなのかについて見てきました。

日本でのハロウィンの流行り方は、クリスマスやバレンタインデーと同様に各企業の商業戦略に乗っかったものだと感じますが、昔から四季おりおりのイベントを楽しんできた日本人の国民性や、昨今の若者を中心としたコスプレ文化にマッチしたことから爆発的に流行したのではないかと思います。

ただチョッと心配なのが、ハロウィンがこの先もずっとクリスマスやバレンタインデーなどと同じように長く流行っているのかなと思うことです。

日本独自の文化になってもいいと思うので、日本全体が楽しめるハロウィンとなって楽しく続いていけばいいなと思います。

【スポンサーリンク】