ダウンロード (45)

今年もいよいよ、「ハロウィン」が気になる季節になってきました。

ということは、今年もそろそろ終盤に差し掛かるんですね。

月日が過ぎるのが、ホント早いです!。(苦笑)

昔のハロウィンは、海外ではメジャーだったものの日本ではイマイチのイベントでした。

「あぁ、海外ではそうイベントがあるんだぁ…」くらいな感じ?。

でも近年では、日本でもその盛り上がり方はスゴイですよね。

ハロウィン翌日のテレビのニュース番組では、渋谷のスクランブル交差点で思い思いに仮装した若者たちが大騒ぎしている姿で一杯になります。

みなさんの中にも、仮装パーティをしたり、かぼちゃを使った料理やお菓子を作ったりとハロウィンを楽しむ予定はありますか?。

ところで、ハロウィンの時期になるとオレンジ色のかぼちゃのオバケを多く見かけると思いますが、あのかぼちゃオバケの名前は「ジャック・オー・ランタン」と言います。

本来の姿は、かぼちゃで作ったランタンです。

ハロウィンでは、あのかぼちゃのオバケを仮装のアイテムや飾り付けで使う方も多いと思います。

現在はハロウィンでの「ジャック・オー・ランタン」と言えば、当然のように「かぼちゃ」ではありますが、もともとは違う野菜が使えわれていたものだったのだとか。

今回は、ハロウィンのかぼちゃ「ジャック・オー・ランタン」は、もともとどんな野菜が使われていたのか?について、ハロウィンの由来も含めて分かりやすく紹介してみたいと思います。

もともと「ジャック・オー・ランタン」は、意外な野菜が使われたのが始まりのようですよ!。

【スポンサーリンク】

ハロウィンの由来

かぼちゃのオバケ「ジャック・オー・ランタン」について紹介する前に、まずはハロウィンの由来を知ることから始めたいと思います。

ハロウィンの由来を紐解くと、古代ケルト人の風習にまで遡らなければなりません。

ケルト人文化での1年の終わりは10月31日。

その点は、私たちの大晦日のような日です。

またケルト人にとって10月31日という日は、この世とあの世の門が開き、ご先祖様の霊や悪霊までもがこの世にやってくると信じられていた日で、ご先祖様以外の悪霊が我が家に入ってこないように「魔よけ」のかがり火を焚いていたのです。

この点は、なんとなく私たち日本のお盆の風習に似ていると感じます。

そう、かぼちゃのランタン「ジャック・オー・ランタン」の由来こそ、ケルト人が悪霊が家に入ってこないように「魔よけ」として焚いていたかがり火なのです。

かぼちゃのオバケが「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるようになった理由

すっかりハロウィンを象徴するものとなったかぼちゃのオバケ、かぼちゃのランタン「ジャック・オー・ランタン」も、もともとそんな名前がついたものではありませんでした。

「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるようになったのには、ある理由がありました。

これは、昔アイルランドにいた酔っ払いの悪者「ジャック」に由来しています。

酔っ払いで悪者のジャックは、死んだあとに天国にいくことが出来ませんでした。

かといって、悪魔にさえも嫌われて地獄にもいけず、天国でも地獄でもない暗く寂しい道を彷徨い歩かなければなりませんでした。

ジャックは悪魔に「明かりが欲しい」と頼み、悪魔から地獄の火ををもらうことが出来たのです。

ジャックはその僅かな火が消えることのないように、大きなカブをくり抜いてランタンを作ったのです。

これが「ジャック・オー・ランタン」の始まりです。

【スポンサーリンク】

おっと!、もともと使われた野菜の名前がここで出てきてしまいましたね…。

そう、天国に行けず、悪魔にも嫌われ地獄にもいけないほど救いようのないジャックが、悪魔からもらった火をカブで作ったランタンに灯しこの世を彷徨い歩いたという、現在の明るいイメージのハロウィンとはかけ離れた話です。

スミマセン…答えが出てしまっていましたね。

「ジャック・オー・ランタン」の始まりは、かぼちゃではなく「カブ」だったのです。

意外な野菜ですが、きっと、丸く大きなカブだったのでしょうね。

絵本の「おおきなかぶ」で出てくるような大きなカブ?…。

いえいえ、あんなに大きくてはは持って歩けませんって!。

ではナゼ、もともとカブだった「ジャック・オー・ランタン」はナゼかぼちゃで作られるようになったのでしょう?。

なぜハロウィンの「ジャック・オー・ランタン」はかぼちゃになったのでしょう?

ダウンロード (47)

もともとジャックが灯したカブで作ったランタンが、かぼちゃになっていったのでしょうか?。

最初にハロウィンの「ジャック・オー・ランタン」にかぼちゃを使うようになったのは、アメリカだといわれています。

新大陸が発見された後、ジャックの故郷アイルランド人も多くアメリカへと移住し始めました。

しかし、その当時のアメリカではカブの栽培はされていなかったので、これまで続けてきたハロウィンの風習をアメリカでもしたいアイルランドの人々は、カブに代わるものはないか?と探した結果、丁度よかったのが「かぼちゃ」だったワケです。

色々調べてみた今、ハロウィンがかぼちゃの「ジャック・オー・ランタン」でよかったなぁ…と。

日本ではあまり見られないオレンジ色のかぼちゃというのも可愛らしくていいですよね。

正直、子供たちが白いカブで作ったランプを持って「トリック・オア・トリート!」では、なんだか可愛くないかもですよね。

まとめ

今回は、ハロウィンを象徴するようなオレンジ色のかぼちゃのアイテム「ジャック・オー・ランタン」について、「ジャック・オー・ランタン」の由来や、意外にも、もともとはかぼちゃではなく「カブ」で作られたものであったことを紹介することが出来ました。

またハロウィンはもともとの由来を紐解くと、日本での「お盆」的なご先祖様をこの世にお迎えするようなイベントだったことが分かりました。

なんだか今の日本で流行っているハロウィンの楽しみ方が、まったく的外れな感じもしてきましたが、異文化を独自の文化に変えて楽しんむことが出来る日本人の国民性ならではでしょう。

【スポンサーリンク】