「も~いくつねると~お正月~♪」、そろそろ子供たちは「獲らぬタヌキの皮算用」、お年玉が沢山もらえる夢を見る頃かな…。

大人のお正月の夢といえば、「初夢」で縁起のいい夢が見られるかどうか?でしょうか。

些細な楽しみなのかもしれませんが、初夢はその年の吉凶を占うものとされていますし、出来れば「縁起のいい初夢」を見てみたい!と思いますよね?。

年の初めに見る「初夢」も特別意識しなければ、「美味しいモノをお腹いっぱい食べる夢」だったり、「可愛い彼女とデートする夢」でもいいのでしょうが、初夢で見ると縁起がいいとされるのは「一富士二鷹三茄子」だと言われます。

確かによく聞くフレーズですね。

でも、どうして「富士・鷹・茄子」が夢で見ると縁起がいいモノなのでしょうか?。

これ、聞かれてもなかなか答えられませんよね。

さらに、四・五・六もあるって知ってるという方は少ないのではないでしょうか?。
(調べてみて、正直マジか?って思いましたし…)

今回は、初夢で見ると縁起がいいとされる「一富士二鷹三茄子」の意味をあらためて見ていきながら、初夢で見ると縁起がいい順番を、さらに四・五・六位と見ていくことにしましょう!。

【スポンサーリンク】

初夢は大晦日の夜に見る夢ではない!?

「初夢」って、いつ見た夢だと思います?。

・大晦日から年を越しながら見る夢
・元旦の夜に見る夢

このどちらかだろうなぁ?と思われる方が多いと思います。

その年の初めて見る夢なのだから、「大晦日から年を越しながら見る夢」だと思っていました。

でも初夢と呼ぶのは、現在は「1月2日に寝て見る夢」もしくは「元旦に寝て見る夢」というのが有力な説になっているようです。

チョッとイメージを覆された感じもしますが、2つの説を採用するなら「チャンスは2回ある」という感じでしょう。

1月2日の夜の夢を初夢とするようになったのは、大晦日の夜や元旦の夜は慌しくてゆっくり眠れないから…というのが理由のようで、江戸時代の中期頃から広まった考え方のようです。

初夢で見ると縁起がいい一位~三位!

これは多くの方がご存知の通り、

1位:富士
2位:鷹
3位:茄子

でもなんで、「富士・鷹・茄子」というなんら関係性のなさそうなモノが並ぶのでしょうか?。

初夢で見ると縁起がいいといわれるようになったのが、江戸時代からの「ことわざ」から始まったことというのがヒントになるかもしれませんが、実に様々な説があるものです。

駿河国に縁のあるものという説?

江戸幕府を開いた徳川家康ゆかりの地、「駿河」にちなんだモノという説です。

高いモノ

駿河国とは現在の静岡県中央部にあたりますが、この地で高いモノといえば日本一の「富士山」、富士山近くにある「愛鷹山」、さらに初物の「茄子」のお値段が加わるそうです。

家康が好んだモノ

江戸幕府の創設者、初代将軍「徳川家康」が好んだモノとして、富士山、鷹狩り、初物の茄子が挙げられるそうです。

家康の鷹狩り好きはとても有名で、その生涯で1000回以上も行っていたとされているほどです。

縁起担ぎの語呂合わせ的なモノ

富士山からは「無事」「不死」、鷹は「高い」、茄子は物事を「成す」といった縁起担ぎの「語呂合わせ」的な説もあります。

初夢が江戸時代からの「ことわざ」であることを考えてみると、初代将軍「徳川家康」が好んだモノや家康ゆかりの駿河国の高いモノなど、様々な説にも納得出来る部分があります。

【スポンサーリンク】

一富士二鷹三茄子に続く縁起がいい初夢とは?!

「一富士二鷹三茄子」これは、子供の頃から耳にしてきた「初夢」で見ると縁起がいいとされるものですが、これには「続き」がありました。

実際には「六」まであったのです。

「知らなかったよ!」という方、私も含めて大半だと思います。

その続きとは、「四扇五煙草六座頭」、読み方としては「しせん・ごたばこ・ろくざとう」なるものです。

初夢で見ると縁起がいい順位としては、

4位:扇
5位:煙草
6位:座頭

となります。

4位の「扇」や5位の「煙草」は身近に感じられるものですし、なんとなく分かる気もします。

「扇」は、開いたその形から「末広がり」が連想され「子孫繁栄」や「商売繁盛」を意味するものです。

「煙草」も現代となってはカラダに悪いものというイメージですが、煙が「上へ上へ」と上がっていくことから「運気が上がる」ことを意味するとのこと。

では6位の「座頭」は?。

座頭というと、私は勝新太郎の「座頭市」がまっさきに頭に過ぎる古株です(苦笑)。

ちなみに座頭市とは、

盲目の侠客である座頭の市が、諸国を旅しながら驚異的な抜刀術で悪人と対峙するアクション時代劇。
1962年に勝新太郎主演で大映によって映画化されて以来、26作品というシリーズが公開されている。1974年には、同じく勝主演でテレビドラマ・シリーズが勝プロダクションによって製作された。
主演の勝新太郎は、映画版、テレビシリーズともに監督業も兼任するようになり、役者としてだけではなく作品の製作に深く携わった。座頭市は勝のライフワークとも言うべき作品になった。

ではあります。

かなり横道にそれましたが、それくらい私にとって「座頭」というと「座頭市」なワケです。

この「初夢」第6位の「座頭」とは、髪を剃った盲人のことで、「琵琶法師」をイメージするといいようです。

座頭とは剃髪して「毛がない」ことから、「怪我ない」という家内安全を祈願してのものとされています。

ホント、日本人は語呂合わせからの縁起担ぎが大好きですよね!。

まとめ

今回は、「初夢で見ると縁起がいい順番!」について見てきました。

1位~3位までの「一富士二鷹三茄子」については、多くの方が「そんなの知ってる!」と思われたでしょうが、4位~6位の「扇・煙草・座頭」は初めて知ったという方も多いのではないでしょうか?。

初夢を見る日も、「1月2日に寝て見る夢」もしくは「元旦に寝て見る夢」というWチャンスのようですし、なんだかチョッとだけ「縁起がいい」初夢を見れるチャンスが広がった気がします。

雑学的なモノではありますが、「初夢」に関する話題が出た際に「一富士二鷹三茄子」に続く「四扇五煙草六座頭(しせん・ごたばこ・ろくざとう)」などを「サラッと」紹介できたら、チョッと素敵かもしれませんね。

【スポンサーリンク】

コメントをどうぞ