1年の始まり「元旦」。

新しい年の初日の出はどこで拝まれますか?。

大晦日から宿泊されている旅先で元旦を迎える方、初日の出ドライブへ出掛けられる方など様々な新年を迎えるスタイルがあると思いますが、初日の出を拝まわれる方にとって「縁起良く1年をスタートさせたい」という思いは一緒でしょう。

世界的に見れば小さな日本列島ですが、経度・緯度が違えば初日の出の時間も変わってきます。
(中学校の地理の授業で習いましたね)

なかには「日本中の誰よりも早く初日の出を拝みたい!」、なんて考えてる方もいらっしゃるかもしれませんね。

折角の初日の出ですからおススメの「初日の出スポット」や、それぞれの初日の出を拝める時間が知りたいという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、関西・関東のおススメ初日の出スポットごとの時間や、離島を除いて「日本で一番早い」といわれる富士山の初日の出の時間について、初日の出のウンチクを少々まじえながら紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

初日の出を拝む風習とは?

初日の出とは、ご存知の通り「新年最初の日の出」のことをさします。

1月1日を「元旦」といいますが、この元旦という文字にも地平線・水平線から日が現れる姿が表されているとのこと。
(確かにそうかも!)

そもそも初日の出を拝む風習は、元旦に皇室で行われる「四方拝」に由来するもの。

東西南北の神様や先祖を拝む皇室の元旦の儀式が、徐々に庶民へも広まり、元旦の朝の初日の出を待ちわび東西南北を拝むようになったのが始まり。

現在のように、初日の出を拝むスタイルとして広まったのは「明治時代以降」からだとされています。

もともと日本のお正月は、新年の「歳神様」をお迎えし1年の幸福を祈るという慣わしがあります。

年末の大掃除や正月飾りが、その風習の1つですね。

「歳神様」は初日の出とともに現れるとされ、初日の出を拝むことには、その年の豊作祈願や家族の健康・幸福を願う意味があるのです。

日本で一番早い初日の出は富士山?!

「日本中の誰よりも早く初日の出を拝みたい!」、その願いを叶えてくれるスポットはどこだと思いますか?。

実際そんな「初日の出ツアー」を組むために、毎年11月頃になると「国立天文台」へ各地の「初日の出の時間」を問い合わせる旅行会社が増えてくるそうです。

日本で一番早い初日の出は?

「日本の領土」で一番早い初日の出となると、東経154度・北緯24度に位置する「南鳥島(みなみとりしま)」

午前5時27分頃と、ズバ抜けて早い時間の初日の出となります。

でも日本の領土とはいえ、南鳥島には人は定住していません。

一般には立入り禁止とされているので、「日本中の誰よりも…」と考える際には南鳥島は除外していいでしょうね。

では「人が生活している場所」に限定して一番早い初日の出となると、小笠原諸島の「母島」

初日の出の時間は、午前6時20分頃になります。

こちらも日本本土と比べると、はるかに早い時間です。

日本の「本土」で一番早い初日の出は「富士山山頂」!

では、多くの人々が暮らす日本の「本土」のなかで、「頑張れば行くことができる」一番早い初日の出スポットは、日本で一番「高い」場所

そう、標高3,776mの富士山の山頂です!。

初日の出の時間は、6時42分頃

標高が高いということは、それだけ平地よりも日の出時間が早くなります。

平地では「千葉県の犬吠岬」の午前6時46分頃が一番早い初日の出となりますが、それよりずっと西に位置する富士山でも、3,776mの山頂の方が先に初日の出を拝むことができるのです。

標高が高い場所では平地(標高0mの場所)より日の出が早くなりますので、もっと東にある標高の低い場所よりも、初日の出を先に見ることができるのです。

関西のおススメ初日の出スポット

古来から日本文化の中心地であった関西。

関東とはまた異なる、歴史の奥深さを感じさせてくれるスポットが多いのが特徴です。

見渡せば各府県それぞれに、初日の出にぴったりなスポットが沢山あります。

なかでも関西各府県ごとに厳選したおススメ初日の出スポットを、初日の出の時間と合わせて紹介したいと思います。

兵庫県「六甲ガーデンテラス」

1000万ドルの夜景として知られる「神戸夜景」で有名な六甲山の山頂。

「六甲ガーデンテラス」からは、明石海峡や大阪平野を一望できる雄大な展望のなか、元旦には初日の出をも拝むことができます。

大晦日から元旦に掛けては終夜営業をしていて、待ち時間にも温かい飲み物が購入できるのもありがたいですね。

初日の出時間 :午前7時06分頃

大阪府「関空展望ホールSky View(スカイビュー)」

関空展望ホールの3・4・5階の「Sky View(スカイビュー)」。

5階のスカイデッキは抜群の眺望ですが、ガラス張りの館内もありがたいです。

初日の出とともに離着陸する飛行機を眺めるのも、「新たな旅立ち」のイメージが湧いてきていいですね。

元旦は、午前4時から営業しています。

初日の出時間 : 午前7時05分頃

京都府「京都タワー」

地上131m、京都駅前にそびえ立ち、京都市で最も高い「京都タワー」。

なかでも地上100mに位置する展望室からは、京都の街並み、囲む山々までも360度見渡せます。

日の出までの京都の美しい夜景を眺めるのも。

初日の出時間 : 午前7時04分頃

滋賀県「白鬚神社」

琵琶湖にそびえる朱塗りの大鳥居で有名な「白鬚神社」。

昔から「縁結びや延命長寿」などの神様として信仰されてきました。

その景観から「近畿の厳島」と呼ばれることもあります。

朱塗りの大鳥居越しに見る初日の出目当てで、毎年多くの参拝客が訪れる初日の出スポットです。

初日の出時間 : 午前7時00分頃

奈良県「生駒山」

標高642mの「生駒山」は、いくつものハイキングコースが整備されていて、普段はトレッキングで森林浴を楽しまれている方が多いスポット。

初日の出を拝むのなら、「信貴生駒スカイライン」をドライブしながらや、山頂の「生駒山遊園地」までのケーブルカーに乗っていくのがおススメ。

大晦日の夜は、終夜営業しています。

初日の出時間 : 午前7時00分頃

和歌山県「和歌の浦・片男波周辺」

「和歌の浦」は、国からも名勝に指定されている特別地域。

元旦の初日の出は和歌山県の「朝日夕日百選」にも選ばれ、和歌の浦を徐々に黄金色に染め上げていく初日の出は絶景でしょう。

初日の出時間 : 午前7時00分頃

関西には、「それだけで」絵になるスポットが多そうですね。

「近畿の厳島」と呼ばれる滋賀県「白鬚神社」で、大鳥居越しの初日の出も素敵そうですし、近代的な「関空展望ホールSky View(スカイビュー)」から飛行機の離発着合わせて初日の出が拝めたら、それはそれで「新たな旅立ち」「成長」を予感できる瞬間となるかもしれませんね。

経度の関係から、関東よりも若干遅い初日の出の時間となるので、ゆっくり落ち着いて新年を迎えられるのかもしれません。

【スポンサーリンク】

関東のおススメ初日の出スポット

関東には、高層ビルや「東京タワー」や「スカイツリー」といった高層タワーで初日の出を…という方も多いかもしれませんが、今年はチョッと思考を変えて「その土地ならでは」の雰囲気や迫力を感じられる初日の出スポットにお出掛けしてみてはいかがでしょう?。

関西同様、関東1都6県ごとに厳選したおススメ初日の出スポットを、初日の出の時間と合わせて紹介したいと思います。

東京都「高尾山」

標高599m、東京・八王子に位置する「高尾山」。

東京都心からも電車で約1時間ほどで行くことができるスポットです。

元旦は、「山麓駅~山上駅」間(約12分)のケーブルカーが午前5時~営業。

高尾山頂からの初日の出「ご来光」を拝むことができるので、ご利益も高まりそうですね。

初日の出時間 : 午前6時48分頃

神奈川県「横浜ランドマークタワー69階展望フロアスカイガーデン」

神奈川県では、やはり横浜の高層タワー「横浜ランドマークタワー」の69階「展望フロアスカイガーデン」からの展望がおススメ。

地上273mという日本でも屈指の高さの展望フロア「スカイガーデン」は四方360度をぐるっと見渡せるようにガラス張りになっていて、横浜港を美しく照らし出す初日の出は絶景。

寒さしらずで初日の出を拝めることもありがたいスポットなのでは?。

元旦は、「初日の出営業」として午前6時~8時として入場可能。

初日の出時間 : 午前6時48分頃

埼玉県「三峰神社」

三峰神社の歴史はたいへん古く、111年「日本武尊」が東征の際に造ったモノで、昨今は「縁結び」のパワースポットとしても知られています。

標高1100mという高さに位置する三峰神社からは、秩父市内を見下ろす方角から初日の出が昇ってきます。

毎年6時からは新年をお祝いする「歳旦祭」が開催され、参拝者に「おとそ」が振舞われたり「福引き」があるなど、初日の出を拝んだあとの初詣も楽しむことができそうです。

初日の出時間 : 午前6時49分頃

群馬県「榛名山」

秋の紅葉シーズンをはじめ、1年中ハイキング客で賑わう「榛名山」。

火口原の中央の円錐型の「榛名富士」や榛名湖があり、山頂の展望デッキからは関東平野を一望できる。

群馬随一の「初日の出スポット」で、元旦には多くの方が訪れます。

榛名山「山頂」までは、約3分のゴンドラ空中散歩で。

初日の出時間 : 午前6時50分頃

栃木県「那須高原展望台(恋人の聖地)」

全国に点在する「恋人の聖地」として2010年に100番目に選定されたスポット。

夜景がキレイなスポットで、恋人たちに「ロマンチック」な雰囲気を演出してくれるものですが、それだけ見晴らしがいいということ。

初日の出を拝むにあたってもおススメなスポットに違いありません。

初日の出時間 : 午前6時49分頃

千葉県「犬吠崎」

銚子半島から張出すように突き出た、関東最東端の岬「犬吠崎」

日本中の「日本中の誰よりも早く初日の出を拝みたい!」という方におススメの初日の出の「名所」です。

標高の高い「富士山山頂」や、小笠原諸島などの離島を除くと、日本中の「平地」で一番早い時間に初日の出を拝むことができるスポットです。

無料駐車場も1500台分あるので、「今年こそ1番を!」という方はチャレンジしてみてもいいのでは?。

初日の出時間 : 午前6時46分頃

茨城県「大洗海岸」

茨城県の初日の出スポットとしては、「筑波山ケーブルカー・ロープウェイ」もおススメですが、太平洋の荒波に揉まれように岩礁に建つ「神磯鳥居」の奥から昇る初日の出を拝むことができる「大洗海岸」もおススメ。

「御祭神御出現の地」とされている大洗磯前神社の下の「神磯」には、毎年茨城県内・県外からも多くの参拝客が訪れます。

初日の出時間 : 午前6時49分頃

まとめ

今回は、初日の出についてのウンチクを少々まじえながら、関西・関東のおススメ初日の出スポットごとの「初日の出時間」を紹介してきました。

人が生活する「日本本土に限って」みると、日本で一番標高の高い「富士山山頂」の初日の出「6時42分頃」が一番早い時間です。

今回は記事の中で紹介するには限りがあり、関西・関東ともその都府県を代表する初日の出スポットのみの紹介となりました。

自然を感じられる屋外や寒さを凌げる屋内へも視野を広げたつもりですが、「いやッ、○○の方がおススメだよ!」ということ多々あると思います。

山や海など、自然が作り出す風景が絵になる初日の出スポットは、年末・年始どこも寒さ厳しい場所であることも確かです。

くれぐれも風邪などひかないように温かい服装はもちろん、携帯カイロなど暖を取れるモノをご持参してお出掛けください。

【スポンサーリンク】