3月3日は「桃の節句」

女の子がいるご家庭では、「ひな祭り」としてお祝いの準備をされるのはないでしょうか。

日本には古くから伝わる様々な風習がありますが、その風習ごとに「食べると縁起がいい」とされる料理があります。

いわゆる「行事食」と呼ばれるものです。

桃の節句にも、伝統的なひな祭りならではのお祝い料理があります。

使われる食材にも「春の訪れ」を感じさせてくれるものや、「縁起のいい意味」が込められていますね。

みなさんは「桃の節句の料理」といったら、どんなものを思い浮かべますか?。

・ちらし寿司
・はまぐりのお吸い物
・ひなあられ
・菱餅(ひしもち)
・白酒

このあたりが有名どころだと思います。

でも、これら桃の節句ならではの料理を食べる意味まで知っているという方は、意外に少ないかもしれません。

また、ひな祭りの主役「お子様」から「なんでひな祭りにはちらし寿司やはまぐりのお吸い物なの?」と聞かれたときに、しっかり答えられたら素敵なママ・パパだと思います。

ということで今回は、ひな祭り「桃の節句」を料理として先に挙げた5つの料理を題材に、それぞれの意味や由来について紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

ちらし寿司

ひな祭りの料理といえば「ちらし寿司!」というくらい定番化していますが、桃の節句・ひな祭りならではの料理かというと、チョッと違うかもしれません。

ちらし寿司は、元々「祭礼の日」「おめでたい日」に食べる料理として作られることが多いもので、使われる食材・具材にこそ意味があるものです。

お節料理にも、同じような食材が使われていますね。

・海老 : 腰が曲がるまで長生きできるよう
・蓮根 : 見通しがいい
・豆  : 健康でマメに働ける

これらに加え、三つ葉や卵、にんじんなど彩りを添えることで、華やかさがアップします。 

はまぐりのお吸い物

平安時代に貴族社会で流行した、「貝合わせ」遊びで使われた二枚貝の「はまぐり」。

元々「対」になっている貝殻どうしでなければ、上手く合わさることはありません。

このピタリと合わさる「はまぐり」は、仲のいい夫婦を表し、「一人の人と生涯添い遂げられるように」理想的な夫婦を象徴するものでした。

桃の節句・ひな祭りで「はまぐりのお吸い物」を飲むのは、我が子にいい結婚、いい夫婦となりますようにとの意味が込められたものなのです。

菱餅(ひしもち)

桃の節句の象徴ともいえる料理が、緑・白・ピンクの餅を三段に重ね菱形に切った、見た目にも美しく可愛らしい「菱餅(ひしもち)」。

菱餅に使われている緑・白・ピンクの3色の意味については諸説ありますが、有力な説を例をまとめると

・緑   : 草萌える大地・健康や長寿
・白   : 雪(雪解け)・清浄
・ピンク: 桃の花・魔よけ

とそれぞれ、「季節の変化」の様子と「我が子の健康」を願う意味が込められているようです。

「雪が解けた大地に草萌え桃の花が咲く」、桃の節句・ひな祭りの季節を表すのにぴったりなモノですね。

【スポンサーリンク】

ひなあられ

「ひなあられ」は、平安時代の貴族階級ならではの「雛の国見せ」という風習から始まった料理です。

「雛の国見せ」とは、お雛様を野山や川辺へ持ち出し春の景色を見せてあげるという実に高級貴族らしい風習。

そのお出掛けの際に、携帯したお菓子が「ひなあられ」です。

ひなあられの色を見てみると、菱餅と同じ緑・白・ピンクの3色であることが多いと思います。

そう、ひなあられは桃の節句・ひな祭りを象徴するような「菱餅」を砕いて揚げたのが始まりだとされているものです。

4色のひなあられ

菱餅を砕いて揚げた3色の「ひなあられ」以外に、4色の「ひなあられ」もあります。

先の緑・白・ピンクに「黄色」が加わった4色。

この4色のひなあられは、「四季」を表したものだといわれています。

4色のひなあられには、「四季を通して娘が幸せに過ごせますように」との意味が込められているようです。

白酒

元々は、中国から伝わった「桃の花びら」を漬けて作ったお酒「桃花酒」が白酒として飲まれていたとされています。

「桃」には、邪気を祓ったり気力・体力を充実させてくれる力があるとされていて、昔から中国では薬酒として飲まれていたものでした。

江戸時代頃になると、蒸したもち米や米麹にみりんや焼酎などを混ぜて仕込み、1ヶ月ほど熟成したものを臼で軽くひいて作る白酒が楽しまれるようになりました。

みりんや焼酎などを蒸したもち米や米こうじに混ぜて仕込み、1ヶ月ほど熟成させたもろみを臼で軽くひいて作るお酒で、ご家庭では作ることができません。

ただ、白酒はアルコール度数も9%前後ある立派なお酒です。

お子様には、白酒に見立てた「甘酒」がおススメです。

まとめ

今回は「桃の節句の料理の意味」を、1つ1つ取り上げてわかりやすく紹介してみました。

なんとなく飾るモノ、食べるモノだったものも意味がわかると思い入れが変わってきますね。

今回紹介した料理以外にも、はまぐりの代用した「あさりのお吸い物」もアリですし、「芽を出す」意味から、春を告げるわらびやよもぎなどを浅漬けにしたモノやお浸しで楽しまれることもあるそうです。

特に女の子で初めての桃の節句となれば、家族やご友人を招待してホームパーティを催される方も多いでしょう。

そんな時に、それぞれの料理の意味を「チラッ」とさりげなく説明できたなら素敵ですね。

【スポンサーリンク】