季節はもう春。

3月3日には華やかな季節のイベント「桃の節句、ひな祭り」がまっています。

女の子がいるご家庭では、毎年お雛様を飾ってお祝いされることでしょう。

ところで、毎年のことながらお雛様の並べ方で、お雛様は右か左か?どっち?、はたまた豪華な7段飾りなどになると、三人官女や五人囃子の並べ方の順番など忘れてしまうということってありませんか?。

そうそう、右大臣・左大臣もいましたね!?。

正直「1年1度」のお雛様ですもの、お雛様の並べ方が「右か左かどっち」だなんてなかなか覚えていられません!。

今回は、タイトル「お雛様の飾り方!並べ方は右か左かどっち?」を中心に、三人官女や五人囃子など並べ方まで一緒に見ていきましょう!。

【スポンサーリンク】

お雛様の飾り方は関東と関西で右左が違う!?

関東と関西では、受け継がれている文化に違いがあることがあります。

お雛様の飾り方も関東と関西で違いがあり、お雛様とお内裏様の並べ方が左右逆になるのだとか。

まずは、ご自宅のお雛様が「関東雛」なのか関西の「京雛」なのかを確かめてみましょうか。

関東雛と京雛のお顔立ちの特徴とは?

お雛様をご両親やご親戚からプレゼントされた場合、そのお雛様が「関東雛なのか京雛なのか分からない」といったケースもあると思いますが、お雛様の顔立ちから分かることがあります。

関東雛の顔立ちの特徴は、目がやや大きく口元がわずかに微笑み、少しふっくらした可愛い印象です。

対する京雛の顔立ちは、切れ長の目や鼻筋の通った、いわゆる「京美人」を彷彿させる印象が特徴。

実際お互いを見比べなければわかりづらいかもしれませんが、ご自宅のお雛様が関東雛か京雛か?を確かめるご参考になればと…。

関東と関西ではお雛様の並べ方が左右逆!?

ひとえにお雛様といっても、「親王飾り」と呼ばれるお雛様とお内裏様だけのシンプルなモノから、豪華な5段飾り・7段飾りなど様々な形があります。

それぞれに共通するのは、最上段に飾るお雛様とお内裏様

そこで、お雛様の飾り方は右なのか左なのかどっちか?ということが悩みとなるワケですが、先に紹介した関東雛と京雛とでは並べ方が左右逆になるのです!。

関東雛の並べ方は向かって右側がお雛様!

関東雛の並べ方では、ひな壇に向かって右側がお雛様左側がお内裏様となります。

その理由には諸説ありますが、関東では「武家」を中心として受け継がれた文化が根強く、

・武家社会では、「右上位」の考えから身分や位の高い者が右側に座るものとされていた。
・新聞などで一般の目に触れることになった昭和天皇の「即位の礼」の写真で、天皇陛下が皇后陛下の右に立たれていた。

などから、関東雛の並べ方は向かって右側がお雛様となったといわれています。

「右上位」とはお雛様側から見ての「右側」ですから、お内裏様が左側、お雛様が右側になります。

ここポイントです!。

京雛の並べ方は向かって左側がお雛様!

対する京雛の並べ方は、ひな壇に向かって左側がお雛様となります。

「古都」京都では、現在も古くから伝わる文化・風習が受け継がれています。

古来日本では、右よりも左の方が格式高い座とされていたようです。

そのことからも、

・御所では、天皇が座る「玉座」は左側(向かって右側)。
・日本では「左上座」の考えがあり、京雛ではお内裏様がひな壇に向かって右側に飾られる。

お雛様の並べ方、現在の主流はお雛様が右側!?

現在ではお雛様の並べ方の主流は、いわゆる「関東雛」流お雛様が向かって右側に飾られます。

例えば、「お雛様」のキーワードの検索で得られる画像の多くは「向かって右側」がお雛様でしょう。

その逆のスタイルは、なかなか見つかりませんね。

そういえば、結婚式の披露宴での新郎新婦が座っている姿を見ても、だいたい向かって右側が「新婦」ですよね。

これも、昭和天皇の「即位の礼」の並びの順が影響しているものなんでしょうか?。

【スポンサーリンク】

お雛様、三人官女・五人囃子・右大臣左大臣の飾り方は?!

五段飾り・七段飾りのお雛様となると、お雛様とお内裏様の飾り方だけでなく

・三人官女
・五人囃子
・右大臣左大臣

の飾り方も難しい…。

でも唯一いえるのが、これらのお人形の飾り方には、関東と関西で違いがないという点。

三人官女の飾り方は?!

ひな壇に向かって、左から「加銚子」「島台」「長柄銚子」の道具を持三人官女。

その名で飾る順を覚えようと思っても難しいでしょう。

飾り方のヒントは、それぞれの足の向きです。

お人形を「下」から覗いて足の向きを見てみましょう。

「加銚子」を持つ官女は右足が少し前に、反対の「長柄銚子」を持つ官女は左足が少し前に出ているのが分かると思います。

それぞれが中央を向くような形に飾るのが正解!と覚えるといいですね。

五人囃子の飾り方は?!

お雛様とお内裏様、三人官女に続いて3段目に飾られるのが「五人囃子」。

飾る順番としては、ひな壇に向かって左から「太鼓」「大皮鼓」「小鼓」「笛」「扇」の楽器を持つお人形です。

向かって一番右側のお人形が持つモノは楽器ではないようですね?

五人囃子の中でも、楽器ではない「扇」を持っているお人形さんは「謡い手」さんなんだとか。

つまり五人囃子って、ボーカル付きのバンドだったんですね(笑)。

右大臣・左大臣の飾り方は?!

4段目に飾る「右大臣・左大臣」。

名前に右・左あるのだから間違いないよって?!。

けっこう、ここが落とし穴だったりするんですよ。

たしかに「右大臣」「左大臣」と右・左とあるので飾り方はわかりやすいはずなのですが、注意したいのがひな壇に向かってとは「逆」になることです。

ひな壇に向かって左側に「右大臣」、右側に「左大臣」を飾ります。

「どちらが右大臣か左大臣かわからない?」という方は、先に紹介した「左上座」の考え方を参考にするといいかもしれません。

当時、年功序列という考え方があったかどうかはわかりませんが、年配風のお人形が「左大臣」と覚えていくといいと思います。

まとめ

毎年のことながら、なかなか覚えられないお雛様の並べ方

お雛様の並べ方「右か左かどっち?」だけでも難しいのに、三人官女や五人囃子の飾り方まで覚えていられませんよね。

今回、関東と関西とでお雛様を並べる左右の違いなどを中心に見てきましたが、地方によっても違うようですし、「これが正解!」という飾り方はないといってもいいでしょう。

逆にいえば「これは間違い!」というものは無いのですから、好きに飾ってもOKだと思います!。

1年に1度のお雛様です。

きっと来年の今頃は、同じ悩みを持ってしまうかもですね?。

今年お気に入りの飾り方を掴めたら、流行の「インスタ」に写真をアップしたりして来年以降の参考にするのもいいかもですね!。

【スポンサーリンク】