3月3日は、女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」

「桃の節句」とも呼ばれ、とても華やいだ感じがしますね。

女の子がいるご家庭では「ひな人形」を飾り、ひな祭りならではの「縁起物」の食べ物や飲み物でお祝いされるのではないでしょうか?。

ひな祭りの縁起物の食べ物としては、

・菱餅(ひしもち)
・ひなあられ
・ちらし寿司
・はまぐりのお吸い物

などが挙げられますが、ひな祭りならではの飲み物といったら「白酒」でしょう。

「♪あかりをつけましょ、ぼんぼりに」から始まる歌「うれしいひなまつり」の中でも、「すこし白酒 めされたか あかいお顔の右大臣」とありますものね。

ところで、ひな祭りの飲み物「白酒」って、実際に飲んだことありますか?。

「あるよ!、こどもの頃好きでよく飲んだもの」という方も多いかもしれませんが、残念ながらきっとそれは「白酒」ではないかもしれません!?。

今回は、ひな祭りの飲み物!白酒とは?について、あらためて見ていくことにしましょう。

こどもの頃に飲んでいた「白酒」ってなんだったのでしょうね?。

【スポンサーリンク】

ひな祭りの飲み物「白酒」とは?

白酒はアルコール分9%前後で、「酒税法」では「リキュール類」に含まれる立派なお酒の1つです。

白酒は、みりんや焼酎などを蒸したもち米や米こうじに混ぜて仕込み、1ヶ月ほど熟成させたもろみを臼で軽くひいて作るお酒で、ご家庭では作ることができません。

アルコール分9%といったら、ビールよりも多いお酒です。

白酒を「こどもの頃よく飲んだ」というのは、チョッと違う気がしてきましたか?。

白酒と称して「甘酒」を飲んでいたのでは?

白酒は白く濁ったお酒で、見た目は「甘酒」もそっくりです。

意外にも、白酒=甘酒と思われている方も多いのだとか。
甘酒にも2種類あります。

1.酒粕をお湯に溶いて作る甘酒
2.米やご飯と米麹で作る甘酒

1.の酒粕で作る甘酒には、8%ほどのアルコール分が含まれます。

ひな祭りの主役は、もちろん子供たち。

ご家庭では2.の米と米麹で作る「アルコール分」のない甘酒を作り、楽しく飲んでいたのだと思います。

ひな祭りで白酒を飲む理由は?!

ひな祭りの歴史をひも解けば平安時代まで遡るものですが、現在私たちが知る「ひな人形」を飾ったり、縁起物の食べ物や白酒を楽しみお祝いするようになったのは、江戸時代ころからです。

ひな祭りに白酒を飲む理由にもいくつかの説があるようですが、なかでも2つの説が有力のようです。

女性の厄払いのため!?

昔からの言い伝えです。

大蛇の子をお腹に宿してしまった女性が、「上巳の節句」の3月3日に白酒を飲んだところ、お腹の中の大蛇の子を流産させることができたというもの。

「悪い子が宿りませんように…」という、厄除けや厄払いの意味で白酒を飲むようになったという説。

【スポンサーリンク】

中国の「桃香酒」が変化した!?

もう1つが、中国のお酒「桃香酒」の影響をうけたという説です。

桃香酒は、その名前からもわかる通り「桃の香り」がするお酒です。

桃は「邪気」を払うものとされていたり、「百歳(ももとせ)」まで生きられるという長寿を願う意味もあることから、「上巳の節句」の3月3日に飲むようになったのだとか。

中国の桃香酒が、その後白酒へと変化していったのだとされる説。

この2つの説をとっても、ひな祭りの飲み物「白酒」は子供の飲み物ではなかったようですね。

白酒は、正真正銘のお酒ですしね。

白酒の代わりの甘酒?

ひな祭りに白酒を飲む理由は、厄除けや厄払い、長寿祈願のために飲むようになったものですが、白酒はアルコールを含む立派なお酒なので、子供たちは飲めません。

女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」。

当然主役は子供たちですから、アルコール分が含まれない「白く濁った」見た目がそっくりな「甘酒」を作り、楽しむようになったということでしょう。

甘酒は少々手間が掛かりますが、1晩で作れます。

現代なら「甘酒メーカー」を使えば、さらに簡単にできますね。

白酒はどこで買える?!

ひな祭りで「白酒」を飲む理由や、白酒の代わりにアルコール分を含まない「甘酒」を飲むこともあることが分かりましたが、本当の白酒ってどこで買えるのでしょうか?。

普段あまり飲む機会のないお酒ですからね。

ネット通販などを駆使すれば、「白酒」も様々なお店で扱われているものなのですが…、今回「白酒の歴史」を感じるお店を発見しました!。

かつての江戸の町に、「豊島屋」という「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」といわれたほど「白酒」で有名なお店がありました。

当時は鎌倉河岸(現在の千代田区内神田2丁目周辺)にお店を構えられていましたが、現在も千代田区猿楽町でお店を構えられています。

もちろん江戸の町で大人気だった白酒も「現役商品」で、毎年1月下旬ころから販売開始されているそうです。

ビンに描かれた絵も可愛いく、当時の豊島屋での白酒売出しの風景を描かれた「江戸名所図会」とその裏に書かれた「白酒売り出しの口上」なるものも付いていたりして、「白酒ってどんな感じ?」と気になる方は面白いのでは?とチョッと思いました。

まとめ

今回は「ひな祭りの飲み物!白酒とは?」について、あらためて見てみましたが如何でしたでしょう?。

子供の頃に、「白酒」と思って美味しく飲んでいたお酒?は、たぶん「子供でも飲めるように」と作った、アルコール分を含まない甘酒だったかもしれませんね。

白酒も甘酒も「白く濁った」見た目もそっくりな飲み物なので、白酒=甘酒という思われてきた方も多いと思います。

それぞれ違う飲み物ではありますが、ひな祭りで白酒を飲むという文化・風習を受け継ぐ意味では、それはそれで、とてもいいことだと思ったりします。

【スポンサーリンク】