秋の味覚を代表する「さつまいも」

幼稚園や保育園、小学校の低学年くらいまでは「芋掘り体験」として、春に苗を植える遠足へ出掛け、秋になると収穫の遠足へ出掛けたりします。

ママ・パパも一緒に芋掘りへ行くと、子ども心に戻って楽しんでしまいますよね。

また、さつまいもの産地では、地元の美味しいさつまいものPRも兼ねて、芋掘りを楽しませてもらえるところが多々あります。

芋掘り専門の観光農園と違って、本来青果市場へ出荷されるようなさつまいもなのでとても美味しいのが嬉しいかも。

芋掘りもまだ、もう少しシーズンが残っているようです。

個人で楽しむなら「予約なし」でも受付けてくれるところもあるようなので、今週末にでも、家族で「芋掘り」に出掛けてみましょうか?!。

今回は、芋掘りに出掛ける際にお役に立てればと思い、「芋掘りの時の注意点!」について色々情報をまとめてみたいと思います。

あらかじめ知っておくと、けっこう役立つ「注意点」に的を絞っていきましょう。

【スポンサーリンク】

さつまいもの芋掘りの時期は? まだ芋掘りできる?!

芋掘りの時期、これ基本的な注意点の1つかもしれません。

保存方法の向上によって、さつまいもは1年中スーパーの野菜コーナーに並んでいるモノです。

「秋が旬」だとイメージしても、芋掘りの時期はいつ頃なのか?がピンとこないという方も少なくないようです。

「まぁ、秋って感じ?」的な。

さつまいもの芋掘りの時期は、苗の植え付けの時期によって少しづつ異なります。

さつまいもは基本的に、苗の植え付けから100日~4ヶ月くらい迄が収穫時期となっているものですが、地域によって気候が異なることから、苗を植える時期に若干の差があります。

さつまいもの苗はだいたい5月前後に植え付けられるので、8月~11月の間に収穫期を迎えます。

10月後半~11月であれば、急がなくてはならなかもしれません!?。

地元あるいはお目当ての「市町村の名前 + 芋掘り」などで検索して紹介されている農園へ、直接問い合わせしてみるのがいいでしょう。

「予約なしでOK!」といっても、いざお出掛けしてみて収穫時期が終わってしまっていては残念ですから。

さつまいもの芋掘りに持っていきたいモノは?!

「芋掘りは」、普段土いじりなどしない方にとって、ホント新鮮に感じられることばかりだと思います。

さつまいもが土の中でどんな風に成長しているのか?を知る機会は、子どもだけでなく大人も改めて勉強になりますよ。

そんなさつまいもの芋掘りに持っていきたいモノ、持っていくと便利なモノを紹介していきます。

スコップ・シャベル

さつまいもを、文字通り「掘る」ために使うモノたちです。

手ぶらでいってもOKな場合もあるのですが、貸出しできる数にも限りがあるでしょうから、自前で持っていくのがいいでしょう。

「熊手」があると便利という意見もありますが、やや大ブリに掘るシャベル、こまかな部分はスコップでといった感じで十分です。

アレコレ持っていくのも大変です。

ゴム手袋や軍手

少々力を使う場面があったり、手が土で汚れるものなので、ゴム手袋や軍手は欲しいところです。

軍手でも十分なのですが、目が粗いですから隙間から土が入ってきて「軍手を取ったら手が真っ黒!」なんてことにもなるので、ゴム手袋がいいかもしれません。

大人・子どもサイズを合わせて用意できればベストです。

バケツ

収穫したさつまいもは、バケツに入れて移動するのが1番。

お持ち帰りは、またあとで。

さつまいもを持ち帰る袋

芋掘り後のさつまいもを持ち帰るには、スーパーで貰えるような「ビニール袋」でも十分です。

でも、スーパーのビニール袋だとさつまいもの重さで指に喰いこんできたりして痛かったり、僅かな穴をきっかけに破れてしまったりすることもあります。

ここは1つ、ナイロン製や布製の大きめのエコバックを用意していきましょう。

エコバックなら少々の重さで破れることもないですし、肩にも掛けられますからね?。(ここは、パパの仕事かな?)

【スポンサーリンク】

芋掘りの時の「子どもの服装」の注意点!

ここまでは、ご家族で芋掘りにお出掛けする際に持っていきたいモノを紹介してきました。

これだけ持っていけば、とりあえず芋掘りに集中できるものです。

しかし、家族それも子どもの服装については、別の形で注意する必要があるかもしれません。

子どもは、自分が「汚れる」ことなど気にせず楽しみますからね。

そんなヤンチャも可愛いものですが…。

汚れを気にしない服装!

首回りや手首にゴムが入っているような服だとベストです。

いわば幼稚園での汚れ服「スモッグ」的なものがいいのでしょう。

「そんな服ないし…」という方は、すでにサイズアウトしてしまって、捨てても構わない服が残っていればそれでOK。

汚れてしまうことに神経を使うことなく、芋掘りの時間を楽しめるのがベストなのですから。

足元にも注意?!

基本は、雨の日に幼稚園や保育園へ履いていく長靴でOKだと思うのですが、子どもが土の上ではしゃぎ回っていると、知らず知らず長靴の上から土が入ってしまうのです。

長靴脱いだら、「靴下まで泥だらけ」です。

出番は、「パパの捨てる寸前のボロ靴下」。(あるかな…?)

子どもに普段履くクツ(スニーカーでも「駿足」でも)を履かせ、その上から「パパの捨てる寸前のボロ靴下」を履かせるのです。「ママの捨てる寸前のボロ靴下」でもOKですよ(笑)。

土がクツの中に入ってくることもないので、靴下も汚れません。

芋掘りが終われば、クツの上から履いていたボロ靴下は捨ててしまえばOKです。

ママも服装には注意!

「芋掘り」ですよ。

絶対的な「土いじり」です。

全身、万が一でも「汚れてもいいと思える服装」でまとめていきましょう。

さつまいものデンプンは強くて、一度洋服に付くと洗濯してもなかなか落ちてくれません。

家族でのお楽しみですから、キレイ・可愛いは抜きに、タンスや押入れに仕舞い込んでいた、もはや「着ない服」があったらラッキーです。

それを着て行くべきなのです。

だって、ちいさな子どもは、冗談抜きで泥まみれの手でママの体を触ってきますし、抱きついてきますよ。

まとめ

今回は、「芋掘りの時の注意点!」として、持っていくと便利なモノや、着ていく服装などを中心に紹介してきました。

芋掘り専門の観光農園だと、色々な道具は貸してもらえることも多いと思いますが、数にも制限があるでしょうし、気兼ねなく楽しむなら自前で用意していくのがベターかもしれません。

服装についても、「土いじり」「汚れ」を意識した「汚れていい服装」をチョイスすることで、汚れを気にせず芋掘りに没頭できます。

それこそが、芋掘りを心底楽しむコツではないでしょうか。

芋掘り専門の観光農園は、気軽にさつまいもの芋掘りが出来ていいと思います。

さらに、冒頭でも紹介したような地元のさつまいものPRを兼ねて芋掘りを楽しませてくれる農園を見つけてみるのも一考。

費用もリーズナブルで、さつまいもの味も美味しいに違いありませんよ。

今年の芋掘りのシーズンもあと僅かです。

お天気をみて、早速今週末にでもお出掛けしてみては如何でしょうか。

【スポンサーリンク】