430880

普段乗ってる自転車(いわゆるママチャリ)なら、チェーンの部分にカバーが付いているのでパンツの裾が汚れてしまうということは少ないと思いますが、普通のファッションで無意識にマウンテンバイクやロードバイクといったチェーンが剥き出しのスポーツ用自転車に乗ると、パンツの裾がチェーンに絡まったり、ペダルを漕ぐたびにチェーンに裾が当たっていて「あらら、自転車の油汚れがついてしまった!」ということがあります。

ママチャリだけしか無いという方ならあまり縁のない話題かもしれませんが、家にママチャリの他スポーツ用自転車もある家だと、ついうっかりやってしまうことがあります。

実は私も、同じ失敗を何度も繰り返してきました!。

服についた自転車の油汚れって、洗濯機で普通に洗濯洗剤を使って洗ってもなかなか落ちてはくれません。

服に自転車の油汚れがついてしまって「あ~やってしまった~」と困っている方に向けて、今回は、洗濯機ではなかなか落とすことの出来ない服についた自転車の油汚れの落とし方について紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

服についた自転車の油汚れを落とす方法

これから紹介する方法を使えば、服についてしまった自転車のチェーンオイルなどの油汚れも、なんとか落とすことが出来ると思いますので是非試してもらえればと思います。

まずは、油汚れを落とすために必要なものから見ていきましょう。

準備するもの

・クレンジングオイル(メイク落とし)
・中性洗剤(食器洗い用などでOK)
・洗濯用洗剤
・使い古しの歯ブラシ
・使い古しの捨てていいタオル

最初に紹介した「クレンジングオイル」からして、意外だと思われた方も少なくないと思いますが、油と油が混ざり合って汚れを落とす働きを利用するものです。

油性のメイク汚れとクレンジングオイルの油性成分とが混ざり合うことで、メイクがスッキリ洗い流せることをイメージしてもらえればと思います。

服についた自転車の油汚れを落とす前に注意しておきたいこと!

今回紹介する方法で使うクレンジングオイルの働きで、だいじな服が色落ちしてしまうことも考えられます。

油汚れがついてしまった箇所が服の目立つ部分であれば、実際に油汚れを落とす作業をする前に、服の目立たない部分で色落ちするかどうかを確かめておきましょう。

色落ちしてしまう場合には、自分で油汚れを落とすことは諦めて、クリーニング店へお願いする方が後悔しないで済むと思います。

また、服に自転車の油汚れがついてしまうと、慌てて洗濯機で洗濯してしまいかねませんが、油汚れが服の繊維の奥まで浸透してしまうとこれから紹介する方法を使っても落としづらくなってしまいます。

洗濯機へ入れる前に、この紹介を見てもらえたらならラッキー!かもしれません。

【スポンサーリンク】

服についた自転車の油汚れの落とし方

それでは、事前に準備しておいたものを使いながら服についた自転車の油汚れを落としていきましょう。

1.クレンジングオイルと食器洗い用などの中性洗剤を50:50の割合で混ぜた液を作ります。

2.タオルを、服の油汚れがついてしまった部分の下に敷きます。

3.1で作っておいたクレンジングオイルと中性洗剤の混合液を、油汚れがついてしまった部分へ染み込ませ、歯ブラシを上から叩く感じで繊維の中まで混合液を染み込ませながら、徐々に汚れを落としていきます。

4.歯ブラシで叩き続けてもなかなか落ちてくれない油汚れには、さらに油汚れがついている部分へ混合液を染み込ませ、手で揉むように擦り洗いしてみます。

5.自転車の油汚れがだいたいキレイになったなら、40度くらいのお湯ですすぎながら擦り洗いをします。

6.最後の仕上げは、いつも通りに、洗濯洗剤を使って洗濯機で洗えばOKです。

この方法を使えば、自転車のチェーンなどに用いられる一般的なオイルの油汚れはだいたい落とせると思います。

ただ、スポーツ用自転車のチェーンオイルには複合的に添加剤が用いられていることもあるので、もしも今回紹介した方法を使ってもだいじな服についてしまった油汚れが取れなかった場合には、それ以上ゴシゴシ擦ることは止めて、クリーニング店へ相談してみるのがいいでしょう。

まとめ

今回は、服に自転車の油汚れがついてしまった時の落とし方を紹介しました。

メイク落としに使うクレンジングオイルと食器洗いで使う中性洗剤の合わせ技によるものでしたが、その他歯ブラシやタオルなど、特に慌てて買いに走らなくても準備出来るもので何とか対応出来そうではありませんか。

服に自転車の油汚れがついてしまうと、つい慌てて洗濯機で洗濯してしまいがちですが、自転車の油汚れはなかなか落ちないことの方が多いです。

更に繊維の奥に浸透し、落としづらい状態になってしまうことにも繋がります。

まずは、今回紹介した方法を試してみて下さればと思います。

それでも油汚れが落ちてくれず、さらにだいじな服でなんとかキレイにしたいという場合には、クリーニング店へ相談してみるといいと思います。

【スポンサーリンク】