ご結婚おめでとうございます!。

きっとこの記事を読まれている方の多くが、これから結婚式を迎えられる予定のある方や、ご家族・ご親戚に結婚のご予定がある方が多いのではないかと思います。

それも、「6月の花嫁」は一生涯幸せになれるという「ジューンブライド」を意識されてのことでしょうか?。

たしかにジューンブライド(June Bride)は、多くの女性が憧れるモノですし、彼女が望むなら6月に結婚式を挙げてあげたいと思う男性も多いでしょう。

でも、なぜ6月に結婚すると幸せになれるのか?、詳しい理由を知らないまま「ジューンブライド」という名前に憧れてしまわれている方も少なくないハズ。(ですよね?)

今回は、「6月の花嫁は幸せになれる」と憧れの的である「ジューンブライド」について、

・ジューンブライドとは?
・なぜ6月に結婚すると幸せになれといわれるの?
・ジューンブライドは入籍日?結婚式?

チョッと突っ込んで見ていきましょう!。

最初にいっておきますが、憧れのジューンブライドにも「チョッとアレレ…」な興味深い部分もありましたよ。

【スポンサーリンク】

ジューンブライドとは?

結婚式だけでなく、お祝い事などは気候も安定した季節が選ばれることが多いモノですよね。

七五三や運動会の秋や、春の桃の節句や端午の節句などもしかり。

ヨーロッパを中心とした海外からジューンブライドの言い伝えが日本に入ってくるまでは、梅雨まっさかりの6月に結婚式を挙げようという方は少なかったといわれます。

「6月の花嫁」は一生涯幸せになれるという「ジューンブライド」とは、どうして生まれたモノなのでしょう。

諸説ある中から、代表的なモノを挙げて見ていきましょう。

ギリシャ神話の女神「Jnno(ユノ)」が由来?!

ジューンブライドの本場ヨーロッパで、ジューンブライドとされる6月に結婚式を挙げられる方が多いコトに、ギリシャ神話の最高神「ゼウス」の妻である女神「Juno(ユノまたはジュノ)」が由来とされているのが最も有力な説となっています。

女神ユノの夫の最高神「ゼウス」は「浮気癖」が強く、知られているだけでも3回の結婚と数百回の浮気を繰り返したのだとか…。

女神ユノは、ゼウスの浮気癖をなんとかしようと「あの手この手」を使って努力し、豊かな結婚生活をおくることができたとされています。

女神ユノは6月(June)の守護神であることもあり、6月に結婚をすると女神ユノにあやかって「一生涯幸せになれる」といわれるようになったようです。

正直「あの手この手」を使って努力って、幸せの象徴となるモノなのか「微妙」なトコロではありますけどね…。

3月~5月は「結婚が禁止」されていた?!

日本でも田植えや種まきなど、春の農作業が忙しい時期。

ヨーロッパでも1年のなかで「3月~5月」は農作業が最も忙しい時期であって、その昔は「結婚が禁止」されていた期間だったのです。

農作業がひと段落する6月が、その年の結婚「解禁」にあたることから、その日を待ちわびたカップルたちはこぞって結婚式を挙げました。

カップルたちの結婚式が次々と重なれば、とくに狭い村や街では「祝福ムード」が漂うこととなり、6月は多くの方々から祝福される「幸せ一杯な」結婚となったことでしょう。

天候に恵まれる6月は結婚式に最適!?

日本では6月というと「梅雨時」にあたるのでイメージが沸きませんが、ヨーロッパでは6月は1年のなかでも安定した気候で、「晴れの日」が多いことから、現在でも結婚式を挙げられるカップルが多い月。

参列される方々も、結婚式当日がイイお天気の方が、気持ちよく祝福できますのもね。

日本のジューンブライドの歴史は「商業戦略」から?!

テレビやラジオなど多くのメディアから、「6月に結婚すると幸せになれるといわれています」など、「ジューンブライド」を憧れさせるような言葉をよく聞かれると思います。

これまで、何となく「6月の花嫁は幸せになれる」といわれることを鵜呑みにしてきた方も多いと思うのですが、本来のジューンブライドの由来としては先に紹介した通り、ヨーロッパ発祥のモノ。

日本では、結婚を禁止される期間があるワケでもなく、6月が気候がイイわけでもないですよね?。

むしろ6月は梅雨時で雨が多く、結婚式にはチョッと「嫌われる」月であるハズです。

なのになぜ「ジューンブライド」が日本に定着したのでしょう?。

それはズバリ!、日本における「ジューンブライド」の広まりは、日本の「結婚業界全体」が仕掛けた「商業戦略」からはじまったモノだったのです!。

梅雨時の6月にも結婚件数を上げる戦略がヒット!?

誰だって、雨がシトシト降るような日、足元が悪い日にハレの結婚式を挙げたいと思うワケはありません。

その昔、梅雨まっさかりの6月は、結婚式を挙げる方がとても少ない月でした。

毎年「6月」は、結婚業界の「閑散期」であり、大きく赤字となる月だったワケです。

そこで、ヨーロッパで「6月の花嫁」など呼ばれ、「6月に結婚すると幸せになれる」といわれているコトを謳ったキャンペーンが繰り広げたコトが「大ヒット!!」。

日本において「ジューンブライド」が定着したのは、結婚業界が仕掛けた「商業戦略」がまんま上手く嵌った感じで、現在も多くのメディアで、「ジューンブライド」「6月に結婚すると幸せになれる」の言葉が使われ続けているのです。

【スポンサーリンク】

ジューンブライドの6月ってホントに人気なの?!

もしも「結婚式で人気の月は?」と質問されたら、「ジューンブライド」で有名な6月と答えられる方が多いかもしれませんが、正直イメージされるほど人気がある月ではなかったりします。

これほど、結婚業界全体でキャンペーンを敷き、多くのメディアから「ジューンブライド」を伝えられても、そもそも梅雨時であり天候に不安のある6月は人気上位とはならないんですね。

結婚式を挙げる人気ランキング上位の「月」は?

1位:10月

人気となる理由も、「ごもっとも」なモノが並ぶ10月。

気候が安定していて「晴れの日」が多いことから、参列される方も服装が選びやすいなど、気持ちよく祝福されるのが一番。

披露宴でのメニューも秋の美味しい味覚が楽しめるもイイですね。

2位:11月

10月と並んで気候がイイことが1つ。

他にも、1年の中でも祝日が多く「日取り」が決めやすかったり、11月22日が「いい夫婦の日」になっているのも理由の1つになっているようです。

3位:5月

古くヨーロッパでは結婚が禁止されていた期間の「3月~5月」の最終月「5月」。

日本では、「新緑の季節」と呼ばれるほど気候も安定しているので、近年流行っている「ガーデンウエディング」にも向いていることから、人気が高まる5月です。

人気ランキング上位

結婚式を挙げる人気ランキング上位をみると、1年のうちでも気候が安定し、気温も「暑くもなく寒くもない」丁度いい季節。

参列者の方々が、「服装選び」に悩まないで済むという点も理由のようですね。

ジューンブライド「6月」の人気ランキングは?

そもそも梅雨時で、結婚式を挙げる月としては抜群に「人気がなかった」6月です。

結婚業界として、ヨーロッパ発祥の「ジューンブライド」を定着することができた現在の人気ランキングは?。

12ヶ月のなかで、「第7位」

と中位の下位といった感じです。

それこそ「ジューンブライド」が広まる以前の、「大赤字」「閑古鳥が鳴く」6月を脱した感はありますが、やはり梅雨時という気候の影響も強く、ランキング上位に顔を出すほどの人気にはなっていないのも事実。

ヨーロッパのジューンブライドの気候や文化など、そのまままイコール日本のジューンブライド人気とはならなかったみたいです。

けれど、大赤字だった6月が、人気ランキング7位にまで躍進したのは、6月に結婚すると幸せになるという「ジューンブライド」を結婚業界全体、さらにメディアを通じて広めることができたからでしょう。

ジューンブライドは入籍日?結婚式?

「ジューンブライド」の言葉、ヨーロッパから伝った元々の意味合いからすると、「6月に結婚式を挙げる」ことこそが、ジューンブライドなのかなとは思います。

ただ、日本の場合には「どうなのかな?」と、個人的にも思うトコロもあって。

とくに「祝福してもらえたら嬉しい」参列される方々のお気持ちを考えると…。

雨が降り足元が悪い日の結婚式では、招待された参列される方も「祝福する」気持ちも正直ゲンナリしてしまうかもですよね…。

入籍日を6月にしてジューンブライドとする案!

そもそも日本における「ジューンブライド」が、先に紹介したように「商業戦略」が先行したモノであるなら、結婚業界としては「6月」に結婚式を挙げて欲しいと願ってのモノです。

でも、私たちが「6月の花嫁」「ジューンブライド」のいいトコどりをしたい!なら、入籍日を6月にしてお披露目となる結婚式や披露宴は、別の日取りで行うというのも「1つ」の方法でしょう。

だって、「6月がイイ」とされるジューンブライドの由来はヨーロッパの風土ならではのモノ。

けして日本の風土・文化にあっていません。

強いていえば、ギリシャ神話の女神「ユノ」に肖ってのモノとなれば、「守護月」が6月であることも由来なのですから、正式な結婚となる「入籍日」を6月にするというのはアリですが、雨の日が多い梅雨時の「6月」にあえて結婚式をする必要性がないのもたしか。

入籍は、ヨーロッパから伝わる「ジューンブライド」にあやかって6月に済ませ、お披露目となる結婚式は参列者の方々への思いも含めて、気候もいい秋や春とするというのも結婚に関わる選択肢の1つになるかもしれませんね。

まとめ

今回は、「結婚するなら6月に」と憧れる女性も多い「ジューンブライド」について、いろいろな角度から見てきました。

ジューンブライドとはいっても、「6月の花嫁は幸せになれる」という言葉だけが一人歩きしていて、「なぜ6月?」など知らなかったコトも多かったのではないでしょうか。

ヨーロッパの6月は、梅雨時まっさかりの日本とはまったく異なる気候であったり、その昔は農作業が一段落したあとの「結婚解禁月」だったコトもあって、いまも多くのカップルが結婚される月。

いわば「ホンモノ」のジューンブライド。

逆に日本でのジューンブライドは、結婚業界全体が元々「閑散期」だった6月に、なんとか結婚式を挙げてもらうための「商業戦略」だったコトを知ったときには、チョッと「アレレ…」って思ってしましました(苦笑)。

ただそんな「アレレ…」は置いといて、現在の日本ではジューンブライドは多くの女性の憧れであって、まわりの方々からも「幸せになって欲しい」と祝福されるのは間違いありません。

「6月の花嫁」といわれるくらいですから、6月に結婚式を挙げられるもヨシ、当日の天候のコトや参列される方々のコトなど考えて、6月に入籍して季節のイイ「秋や春」に結婚式を挙げられるもヨシです。

昨今は、結婚式・披露宴をおこなわないカップルも多くいらっしゃいます。

ワタシも「フォトウエディング」っていわれるような「写真館」で色々なシチュエーションで写真撮影するようなスタイルの結婚でした。

記事を書きながら、当時を思い出してしまいました。

「占いでイイ」とされた5月に入籍したのですが、もう1月待って「ジューンブライド」を選ぶのもアリだったのかなぁ~なんてね(笑)。

【スポンサーリンク】