スーパーの鮮魚コーナーの一角を覗くと「しらす」「ちりめんじゃこ」が並んでいますよね。

ご飯の上にのせて食べたり、味・食感を活かしてサラダやパスタにトッピングしたりと、工夫しだいで色々楽しめる食材。

ただこの「しらす」と「ちりめんじゃこ」って、見た感じほとんど同じです。

使われている魚も似たような感じですしね。

チョッと「色味」や「乾いた」感じが違うかな?とは思うのですが、もっと具体的にどんな違いがあるのでしょうか。

特別な調理をしなくても、そのままお魚さんたちを余すことなく食べられる点がいい感じですが、「しらす」と「ちりめんじゃこ」では栄養素など変わってくるモノなのでしょうか?。

「ちりめんじゃこ」がなければ「しらす」またその反対など、互いに代用することもできるのでしょうか?。

今回は「似たもの同士」だからこそ疑問の多い、「ちりめんじゃこ」と「しらす」の違いについて、

・栄養素は?
・代用できる?

について、具体的に見ていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

ちりめんじゃことしらすの違いは?

基本的にはこの2つ、どちらも「カタクチイワシ」の稚魚を用いて作られるモノです。

その他季節によっては「マルイワシ」「ウルメイワシ」など、やや小ぶりのイワシの仲間の稚魚が用いられています。

量り売りやパックで買うと、「ちりめんじゃことしらす」どちらにも、時折「ちいさなタコ」のようなモノが混じって入っていることがありますよね。

アレを見つけると、小さな幸福感が得られるんですよね~。

「ラッキー!」って感じです。

使われる魚に違いがないとなると、ちりめんじゃことしらすの違いは?。

ちりめんじゃことしらすは作り方が違う!?

まずは、「見た目」が少し違いますよね?。

なんとなく「しっとり」「フワッ」とした感じなのが「しらす」で、少し乾いた感じがするのが「ちりめんじゃこ」ではないですか?。

色味も少し茶色い感じですよね。

そう「見た目の違い」はそれで正解ですし、それこそが「ちりめんじゃことしらす」の違う点です。

干し方で呼び方が変わる?!

「ちりめんじゃこ」も「しらす」も、どちらもカタクチイワシを主とするイワシの稚魚から作られています。

実は「しらす」と呼ばれるものは、漁獲されたイワシの稚魚を表す総称であって、その後の加工・作り方によって変わるものなのです。

では、呼び方の変化を順に追っていきましょう!。

「釜揚げしらす」

「しらす」は、漁獲され塩水で釜揚げしたあとの「乾燥度(水分率)」で呼び方が変わってきます。

まずは、漁獲されたイワシの稚魚「しらす」をそのまま釜揚げして冷やし、水分率が80%~90%と高い状態のモノ「釜揚げしらす」です。

「しらす干し」

釜揚げしたしらすを、機械や天日干しによって水分率を65%~70%程度まで乾燥させたモノ「しらす干し」です。

「ちりめんじゃこ」

しらす干しをさらに、水分率40%~60%まで乾燥させたモノ「ちりめんじゃこ」と呼ばれます。

「ちりめんじゃこ」という呼び名の由来は、しらすを天日干しする際に、平たく広げられ乾燥していく姿が「縮緬(ちりめん)」の生地に見立てたものだとされています。

もちろん乾燥度が低い(水分率が高い)「釜揚げしらす」や「しらす干し」では、柔らかくフワッとした食感を楽しめますが、その反面「日持ち」が短かくなり、乾燥度の高い「ちりめんじゃこ」の方が日持ちが長く「旨み成分」が凝縮されるというメリットもあります。

ちりめんじゃこやしらすの栄養素は?!

青魚を代表する魚「イワシ」の稚魚から作られる「ちりめんじゃこ」や「しらす」の魅力は、頭や骨など気にせず「丸ごと1匹食べられること」でしょう。

青魚といえば「DHA」や「EPA」と呼ばれるカラダにいい栄養素が多く含まれる食品としても有名ですが、青魚「イワシ」の稚魚から作られる1匹1匹が小さな「しらす」や「ちりめんじゃこ」を食べることでも、同じように豊富な栄養素を摂ることができるのでしょうか?。

カルシウム

「ちりめんじゃこ」や「しらす」には、カルシウムがたっぷり含まれています。

例えばしらす干しを小皿1杯程度(100g)を食べることで、約500mgものカルシウムを摂ることができます。

20代~40代の女性を例にすると、1日に摂るといいとされるカルシウムの摂取量は「650mg」とされていますから、しらす干し小皿1杯でかなりカバーできてしまうのです!。

またカルシウムを十分にカラダへ吸収させるためには、「ビタミンD」の働きも必要なのですが、ありがたいことに「ちりめんじゃこ」や「しらす」にはビタミンDも含まれています。

骨の成長に欠かせない栄養素、「カルシウム+ビタミンD」を含む「ちりめんじゃこ」や「しらす」は、成長期のお子様にもおススメな食材といえますね。

【スポンサーリンク】

DHAやEPAも当然豊富!

カタクチイワシを中心としたイワシの稚魚から作られる「しらす」であり、「ちりめんじゃこ」ですから、当然ながら青魚に多く含まれるとされる有名な「DHA」や「EPA」も豊富に含まれています。

DHA(ドコサヘキサエン酸)

血液の流れをサラサラにしてくれることに加え、脳や神経系の働きを高めてくれる効果が期待されます。
 

EPA(エイコサペンタエン酸)

DHAと同様に血液の流れをサラサラにしてくれることと共に、コレステロールを抑える働きが期待されます。

ちりめんじゃこやしらすの栄養素をさらにアップさせる食べ方!?

「ちりめんじゃこ」や「しらす」は、ご飯に乗せてチョッとお醤油を掛けるだけで「十分」に美味しい一品!。

自然の塩味も効いているので、サラダやパスタのトッピングにもピッタリです。

お豆腐の「冷奴」でも、薬味に加えて「しらす」をトッピングしても美味しいですよね。

「ちりめんじゃこ」や「しらす」には、カルシウム・ビタミンD・DHA・EPAなどが豊富に含まれていますが、そこに「お酢」やレモンなどの「柑橘果汁」を加えて食べることで、クエン酸がカルシウムと結びつき、さらにカルシウムの吸収効率が上がるとされています。

例えばいつもの冷奴にちりめんじゃこやしらすをトッピングしたら、お醤油ではなく「ポン酢」を一掛けしてみるというのはいかがでしょうか。

カルシウム吸収率アップに効果的で、おススメな食べ方ですね。

ちりめんじゃことしらすは代用できる?!

元々同じイワシの稚魚から作られた「ちりめんじゃこ」と「しらす」。

乾燥度の違いからの食感の違いは、それだけで代用して楽しむことができますよね。

「代用できる?」を考えれば、逆に代用することでいつもと違う食感・味わいを十分楽しめる間柄だと思います。

ここでは、あえて「しらす」を「ちりめんじゃこ」にして代用してしまう方法を見ていきましょう!。

しらすを「自家製ちりめんじゃこ」に変身!

「しらす」をパックで買ってきても、なかなか食べ切れないことも少なくありません。

「しらす」はあまり日持ちするものではないので、あえて「自家製ちりめんじゃこ」に変身させてしまうのも1つです!。

作り方も簡単!。

日持ちするだけでなく、食感の違いを楽しむことができます。

材料

残ったしらす : 100g
ごま油    : 大さじ3

作り方

1.フライパンにごま油を入れ中火で熱します。
2.しらすを入れ、火力を弱火に落とします。
3.水分を飛ばしながら、根気よくカラカラになるまで炒める。

けっこう簡単にできそうでしょ!?。

ごま油が香ばしく、食欲も増しちゃいますよ~!。

まとめ

スーパーの一角では、並ぶように売られている「ちりめんじゃこ」「しらす」

似たモノ同士だとは思っていましたが、元なる魚は同じで、「カタクチイワシ」を主とする小ぶりのイワシの稚魚でした。

違いは、漁獲後に釜揚げしたあとの干し方。

より「乾燥度」が高いのが、ちりめんじゃこで正解なのですね。

さすが、青魚を代表するイワシの稚魚なだけあって、カルシウムやDHA、EPAなどカラダにいい栄養素もたっぷり!。

特に調理をせずとも、頭も骨も気にすることなくパクパクいけちゃうのがいい点ですね!。

たまには「しらす」でも…とスーパーで買った「しらす」が残ってしまったら、ぜひ今回紹介した「自家製ちりめんじゃこ」で食感を変えて楽しんでみてください。

【スポンサーリンク】