代表的な正月飾りの1つ、「鏡餅」。

年末の大掃除を終え、気持ちよく新しい年の「歳神様」をお迎えするためにお供えするものです。

最近は、スーパーなどでも12月に入った頃から2段のパックになった鏡餅が売られていますし、正月飾りとして手軽なモノとなりました。

手軽になった「鏡餅」だからこそ、どのご家庭でも正月飾りとして重宝されているモノではありますが、その由来や飾る日取りや期間、食べ方など知らないことも多いのではないでしょうか?。

今回は正月飾りの「鏡餅」について、「いつから飾る?」のか、「いつから食べる?」のかなど、鏡餅の由来も含めて紹介してみたいと思います。

【スポンサーリンク】

鏡餅は歳神様へのお供え物!

鏡餅の元となるのは、当然「お米」。

古くから旧年の豊作に対する感謝の気持ちと、新たな年も豊作であるよう祈願する、歳神様へのお供えものです。

単なる華やかな正月飾りや、おめでたく家族で食べることが前提としたモノではありません。
(たしかに最後は美味しく食べるモノですが…)

鏡餅の飾り方

鏡餅は大小の丸いお餅を二段に重ねて、お餅の上に橙(だいだい)を飾るスタイルが一般的。

丸いお餅を大・小重ねるのは、お餅を陽(太陽)と陰(月)に例えて、陽と陰を重ねること安定した「落ち着きのある」1年となりますようにとの意味があるのだとか。

お餅の上の橙は、「だいだい」の語呂合わせから「代々」繁栄するようにとの意味が込められています。
(最近はみかんで代用される方も多いですね)

飾る場所は、家の中で一番格式高い場所がいいとされています。

「床の間」や「神棚」があればベストですが、最近はどちらもないという家も多いでしょう。

床の間がない場合には、「玄関から遠く奥まった場所」がいいとする説もありますが、どうでしょう?。

古くからに慣わしとは異なるかもしれませんが、キッチンやリビングの上座のよう家族が集まるような場所でもいいとされています。

歳神様も賑やかな場所の方が嬉しいのでは?と思うのですが。

鏡餅はいつから飾るの?

鏡餅はいつから飾るのがいいのか?。

「これが正解!」というのはないものの、数字に縁起を担ぐことが大好きな日本人です。

「8」「八」という数字が末広がりで縁起がいいといわれることから、鏡餅は年末「12月28日」に飾るといいとされています。

逆に翌12月29日の「9」「九」からは「苦しむ」ことが連想されてしまうことから、避けた方はいいとされています。

これらの日取りは、鏡餅だけでなく、門松やしめ縄など正月飾り全般に共通していえることです。

鏡餅はいつまで飾るモノ?

歳神様へのお供え物「鏡餅」はいつまで飾るのか?、鏡餅を下げる日はいつか?ということですが、こちらも縁起を担いだ形で1が3つ重なる「1月11日」とされています。

また、鏡餅を下げることを「鏡開き」ということを、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

鏡餅はいつから食べる?

正月飾りとして歳神様へお供えした「鏡餅」、丸々として美味しそうですよね。

「早く食べたいな」「いつ食べるのだろう」と思われると思いますが、それこそ「鏡開き」である1月11日ですね。

鏡餅を分け与えるのが「お年玉」の由来?!

正月飾りの「鏡餅」は、歳神様へ「どうぞ食べて下さい」いうモノではなく、「宿ってもらう」ためにお供えするモノなんです。

新年を迎え歳神様に宿っていただいたありがたいお餅を割り、家族で分け合いながら食べるのが「お年玉」の由来だとか。

歳神様の「魂」が宿ったお餅を、家長・家主が家族へ分け与えるものこそが、「御歳魂(おとしだま)」という言葉の由来になったそうです。

鏡餅の食べ方!割り方!

鏡餅は「鏡開き」の後、お雑煮やお汁粉など調理して頂きます。

ここで注意したいのが、鏡餅は包丁などで切ってはいけないとされている点です。

形式的には木槌などで「叩き割る」のが慣わしで、食べやすい大きなになるように「叩き割る」ものなのです。

木槌がなければ、金槌などで代用してもOKでしょう。

包丁などの刃物で「切る」というのは「切腹」を連想してしまうことから縁起が悪いものとされています。

まぁ、最近スーパーで売られている鏡餅は、パックの中にあらかじめ小分けに包装されたお餅がハイっていたりするので問題ないかもしれません。

また、同じパック型の鏡餅で小分けになっていない場合には、一度お湯で茹でて、手で千切るように丸めて小分けにするという方法がいいようです。

まとめ

今回は正月飾りの「鏡餅」について、「いつから飾る?」のか、「いつから食べる?」のかを中心に、鏡餅の飾り方や、お年玉の由来は鏡餅を分け与えることだったことなど色々紹介してきました。

お正月を迎えるにあたって、単にお祝いごとで飾るだけでなく「鏡餅」は歳神様が宿っていただくためのお供え物だったり、歳神様が宿った鏡餅を鏡開きで割って、家族の健康や幸せを祈願しながら食べるモノなどの意味を考えられると、お正月がさらに有意義なものになるのではないかと思います。

【スポンサーリンク】