海水浴で「ゴボゴボ…」、思わず海水が口に入ると、いや「ショッパイ!」ですよね~。

塩は海水から作られるコトは知りつつも、思えばナゼ海の水は塩水なんでしょう。

「ショッパイ!」海水に含まれるあの塩分って、どこからきたモノなんでしょうか?。

たしかに海水から作られる塩は「自然の恵み」そのモノですよ。

けれど、不思議じゃないですか?、きっと海はいつまでも塩水ですね。

今回は、海水はなぜ塩水なのか?、さらに海水の塩分はどこからきたモノなのか?を探っていきましょう。

海水浴でお子さんから、「ねぇ、なんで海水はショッパイの?」と聞かれたときの参考にどうぞ。

【スポンサーリンク】

海水はなぜ塩水なのか?!

海水に含まれる成分をみると、塩素・ナトリウム・硫黄・マグネシウム・カルシウム・炭素・臭素などが挙げられます。

中でもグンを抜いて多いのが、塩素とナトリウム

成分全体の「85%」を占めます。

中学・高校の化学で教わったと思いますが?、塩素(Cl)とナトリウム(Na)が化合すると塩化ナトリウム(NaCl)になりますよね。

つまり「塩」です。

成分の85%を占めるのですから、思わず海水が口に入れば当然「ショッパイ!」ワケです。

海水のはじまり!

「海水はなぜ塩水なのか」を探っていくと、それは約46億年前とされる「地球誕生」まで遡らなければなりません。

できたてホヤホヤの地球は、表面は熱いマグマ、空は水蒸気や塩素ガスで覆われるモノでした。

その後地球の温度が徐々に下がっていくことで、空気中の水蒸気は雲を作り、塩素を溶かしながら雨となって降り注がれます。

雨は地球表面の低く窪んだトコロに溜まり、それが海のはじまりです。

海のはじまりは、地球誕生から実に3億年もの壮大な年月を掛けてできたモノだったのです。

海水の塩分はどこからきたモノ?!

海水のはじまりの頃は、塩素を含んだ強い酸性。

降り注いだ雨が溜まりできた海水は、地上の岩石のナトリウムを溶かしていきました。

先ほどの化学記号から、塩素(Cl)とナトリウム(Na)が化合することで、塩化ナトリウム(NaCl)。

つまり「塩水」となっていったのです。

はじまりは「酸っぱかった」海水が、徐々に塩分を増やし、ショッパイ「塩水」へと変化していったとされています。

まぁ、ホントに「酸っぱかった」かどうかは知りえませんけどね…。

【スポンサーリンク】

海水の塩分はずっとあり続けるの?!

素朴なギモンですけど、ワタシたちは海水から塩を作るじゃないですか?。

まぁ、広大な海水からすれば微々たるモノなんでしょうけど…。

海水の塩分はいまも増え続けている!?

海水は熱によって、年間425兆トンもの量が蒸発しているのだとか。

さすがに、想像もつかない壮大な量ですね。

でも、空から降る雨から385兆トン、川からも40兆トンが流れてくるので、海水量はほぼ一定に保たれているのだとか。

逆に地球規模の「温暖化」もあって、南極・北極の氷が溶けていくコトで海水は増えていくと心配されています。

さらに海水への塩分は、地球誕生から、いまも供給され続けています。

大丈夫、海水はこれからもずっとショッパイですよ!(笑)。

海水の塩分で「塩」も作り続けられます!。

海水はいまも少しづつ地殻を溶かしているし、河川の水も陸上の岩石を溶かし海に流れ込んでいます。

海水量はほぼ一定に保たれているなか、いまもなお塩分が供給されているのですから、海水の「塩分濃度」は徐々に増え続けているの?とも思えます。

たしかに6億年ほど前から海水の塩分濃度が上がっているとする説もありますが、長期的にみると殆ど変化ないのではないか?とする説の方が有力のようです。

海水の塩分濃度は、地球の環境変化によるモノの方が大きいようです。

氷河期には塩分濃度が高まったといわれているので、逆に温暖化が進んで海水量が増えれば、塩分の供給量とのバランスで「薄く」なるかもしれませんね?。

まとめ

今回は、海水はなぜ塩水なのか?、さらに海水の塩分はどこからきたモノなのか?を探ってみました。

調べれば調べるほど、細かい情報が多く「小難しい」くなるばかり…。

海水浴で、お子さんからの「ねぇ、なんで海水はショッパイの?」の質問に、できるだけ簡単に答えてあげられる内容にまとめてみました。

・約46億年前に地球が誕生した
・生まれたばかりの地球は、表面は熱いマグマで空には水蒸気や塩素ガス
・地球の温度が下がってくると、水蒸気が塩素を溶かしながら酸性の雨となり降り注いだ

ここから小学生だとチョッとムズカシイかな?

・雨が溜まりできた海水は、地上の岩石のナトリウムを溶かしていった
・塩素(Cl)とナトリウム(Na)が化合することで、塩化ナトリウム(NaCl)。つまり「塩水」となっていった
・海水はいまも塩分が供給されている
・これからもずっと海水は塩水でショッパイ!

お子さんには、これくらいで丁度イイ感じでしょうか?。

ワタシも、これくらいで丁度イイですから(苦笑)。

【スポンサーリンク】