みなさんにとって、「缶詰」とはどんな存在ですか?。

コンビニの缶詰コーナーを見ても、最近の「缶詰」って魅力的で美味しそうなモノが多くありますよね?。

お酒のおツマミにも最高ですし、何より缶詰は災害時を考えた「非常食」として準備するにも最適です。

缶詰の賞味期限って、けっこう長いモノが多いですからね。

でも「お買い得!」と思って買った缶詰も、意外とそのまま食べずに放置されてることも多くて、気がつけば「賞味期限切れ」なんてことになりがち。

災害時の持ち出しバッグの中の缶詰も、案外「賞味期限切れ」になっていることも多いのではないでしょうか。

お買い得だと思って買った缶詰ですが、「賞味期限切れ」では勿体無いですね…。

また、中身が入ったままの缶詰の捨て方ってどうしていますか?。

缶詰は金属類ですが中身は燃えるゴミ。

そのまま「金属ゴミ」や「可燃ゴミ」としてどちらかに「ポイッ!」とはいきません。

でも、「缶詰の捨て方」を考える前にチョッと待って!!。

賞味期限切れの缶詰って、ホントにもう食べられないのでしょうか?。

・賞味期限切れの缶詰は食べられないの?
・賞味期限切れの缶詰の捨て方は?

今回は、ポイントを2つに分けて考えていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

賞味期限切れの缶詰は食べられないの?

缶詰はそもそも金属の缶でしっかり密封されているので、賞味期限切れとなってもチョッとくらいなら「大丈夫でしょ?」と思いませんか?。

実際わたしも、災害時用の非常食として準備していた缶詰(サンマと焼き鳥)が賞味期限切れしてから2年も経っていたので入れ替えつつ、勿体無いからお酒のツマミに食べてみましたが「まったく問題ありません」でしたよ。

お腹が空いていたからか?、お酒が入ったせいか?、特別違和感なく「美味しい」と思いながら食べてましたけど…。

賞味期限切れの缶詰でも食べられるワケは?

結論的には、賞味期限切れの缶詰でも1~2年程度のモノであれば食べても「ほとんど」OK!なハズです。

実際わたしが、賞味期限切れから2年も経っていたサンマと焼き鳥の缶詰を食べても「まったく問題なかった」ようにね。

「いや、それはお腹が丈夫なんじゃないの?!」

そう思われるかもしれませんが、缶詰は賞味期限切れでも食べられるワケはちゃんとあるので大丈夫。

そのワケとは…

賞味期限はメーカーが「味」を保証する期限だから?!

食品には、「賞味期限」「消費期限」が記載されていることはご存知ですか?。

特に「鮮度が命」のお刺身など生鮮食品には「消費期限」が記載されていると思いますが、保存期間が長い缶詰などは「賞味期限」が記載されています。

消費期限や賞味期限は名前が違うだけで、ほとんど意味は同じなのでは?と思われている方も少なくないようですが、この2つには大きな違いがあります。

・賞味期限 : 「味」を保証できる期限
・消費期限 : 「安全」を保証できる期限

つまり、賞味期限のみが記載されている食品は、美味しく食べられる期限について保証しているワケで、「賞味期限切れ=食べられない」ものではないのです。

賞味期限切れとなった缶詰と、賞味期限内の缶詰を食べ比べたコトがないので、味の変化がどれほどのモノかは不確かですが、賞味期限切れから5年や10年以上経っても大丈夫の様子。

だって「安全性が保証されない」モノならメーカー側も、安全にうるさい現代社会「○○までに食べて下さい」と明記するハズですもの。

一方の「消費期限」については、わたしたちもしっかり意識するべきもの。

消費期限は「安全」を保証できる期限なので、それを守らず食べて食中毒などお腹を下してしまっても「自業自得」となってしまうものです。

缶詰は賞味期限切れでも食べられるように製造されている!?

賞味期限切れの缶詰であっても「5年・10年安全に食べられる」のは、缶詰の製造工程にしっかりとしたワケがあります。

「具材調理」「真空状態にした缶詰に詰める」「加熱殺菌」 この製造工程が最大のポイント。

真空状態の缶詰に詰められた具材を加熱殺菌することで、缶詰の具材にいる菌を死滅させると共に、既に缶詰のなかは真空状態となっているので、製造工程後に外部から缶詰のなかに新たな菌が侵入することはほぼゼロ。

つまり缶詰は、「悪くなる」ことなく長期間保存できるように作られているのです。

ただ「賞味期限」が設定されている以上、賞味期限切れの缶詰の「味」が落ちるのは受入れるしかありません。

実際わたしは、災害時に非常食として準備していた賞味期限切れの缶詰を「美味しく」食べることができましたが、できることなら缶詰に記載された賞味期限の間に食べるのが一番なのでしょうね。

【スポンサーリンク】

賞味期限切れの缶詰が膨らんでいたら要注意!?

賞味期限切れの缶詰でも「食の安全性」には問題なく5年・10年経っていても、「ほとんど」食べてOKと紹介してきました。

でもやはり「要注意」な点がないワケではないのです。

それは…、

「缶詰が膨らんでいたら要注意!」

賞味期限切れの缶詰でも食べて大丈夫な目安としては、もちろん「未開封」「穴が開いていない」、つまり缶詰の真空状態が保たれている場合。

もしも缶詰がヘンに膨らんでいたり、なかの汁が漏れているような場合には要注意です。

もはや「要注意」とかではなく、迷うことなく食べずに捨てましょう!。

なんらかの原因で、缶詰のなかで雑菌が繁殖し「腐敗ガス」によって缶詰を膨らましているに違いありません。

「どんな味?」とか、絶対チャレンジしちゃダメですよ!。

賞味期限切れの缶詰の捨て方は?!

賞味期限切れでも食べられるといわれても「チョッと不安」という方や、「缶詰が膨らんでいる」ので食べられそうにない缶詰は捨てるしかありません。

賞味期限切れの「中身の入った缶詰」の捨て方が気になるところです。

開封して分別して捨てるのが基本!

未開封の賞味期限切れの缶詰の捨て方の基本は、

・中身の具材は、生ごみ・可燃ごみの日
・缶は、金属ゴミなど「資源ごみ」の日

缶詰を開封して、それぞれのごみ回収日に捨てるようにします。

自治体によっては、わざわざ缶詰を開封して中身を捨てなくても、「不燃ごみ」として回収してもらえる場合もあるようです。

詳しくは、お住まいの自治体の「分別方法」のしおりなどを確認してみてください。

缶詰が膨らんでいる時の捨て方!

賞味期限切れでも5年・10年食べてもOK!としつつ、「缶詰が膨らんでいたら要注意」と紹介しましたが、膨らんだ缶詰は捨て方も「要注意」なんです!。

膨らんだ缶詰は、腐敗ガスでパンパンになっている可能性があります!。

不用意にあけると、腐敗ガスと共に中の腐った具材が噴出して周りを汚してしまうことに繋がりかねません。

その悪臭も、想像するのが恐ろしいほどのモノかもしれません!。

賞味期限切れで「膨らんだ」缶詰の開封は、換気扇を回したお風呂場や、庭・ベランダなどオープンな環境で行いましょう!。

まとめ

今回は「賞味期限切れの缶詰の捨て方!」「賞味期限切れの缶詰は食べられないのか?」を見てきました。

お買い得だと思って買い込んだ缶詰が、気がつけば「賞味期限切れ」となっているコトも多々あるでしょう。

災害時の非常食として準備している缶詰も、気づけば「賞味期限切れ」となっていることも多いでしょう。。

今回の一番の収穫は、賞味期限切れの缶詰でもほとんどの場合、缶詰の製造工程の工夫から、5年・10年経っても「味」の保証はなくても食べることの「安全」は保たれているということ。

実際にわたしも、賞味期限から2年以上過ぎた「サンマと焼き鳥」の缶詰を食べてみたけど、「味」も「お腹」も大丈夫でしたしね。

また賞味期限切れの缶詰、中身の入った缶詰の捨て方としては、「開封して分別して捨てる」のが基本です。

缶詰の中身の具材、金属類の缶、それぞれ決まった「ごみの日」に分別して捨てるようにしましょう。

賞味期限切れでも食べられると言われても、「大丈夫?」と思いながら食べるのは「気持ち的」にいいものでないコトもたしかです。

災害時の非常食として準備している缶詰も、時折賞味期限を確認して「美味しい」ウチに食べながら、マメに入れ替えるようにしていきたいものですね。

【スポンサーリンク】