昨今の激辛ブームにのってか?、最近「辛いもの好き」がさらにエスカレートしてきている方も多いと思います。

辛いものは、夏バテで食欲が落ちる暑い夏にはパワーをくれますし、寒い季節にはカラダを「内側から温めてくれる~」感じですよね。

女性でも結構辛いものが好きという方が多いのは、冷え性解消的な魅力もあるのでしょうか。

ですが…辛いものを食べると、不思議と「鼻水」がツーっと出てきて困ることって多くありませんか?。

私は坦々麺に目がないのでよくランチで注文するのですが、「美味しい!」と引き換えに毎回テーブルには、鼻水をかんだティッシュでいっぱいです。

お店の方にも、なんだか申し訳ない感じになってしまいます(苦笑)。

今回は、実はけっこう多くの方が感じているハズ?の、「なぜ辛いものを食べると鼻水が出るの?」について見ていきたいと思います。

また、辛いものを食べても鼻水を抑える対策方法があれば参考にしたいものです。

【スポンサーリンク】

辛いものを食べると鼻水が出るのはナゼ?

辛いものを食べたときだけでなく、熱いものを食べたときや、寒いときにも鼻水って出ますよね?。

それぞれの鼻水の「ナゼ?」を知ることで、辛いものを食べたときに鼻水が出ることにも納得がいくかのではと思います。

鼻水はナゼ出るの?

風邪をひけば、鼻水が出るのは分かります…。

でも、寒い屋外、熱いものを食べたり、辛いものを食べたりと体調が悪いワケでもないのに、鼻水が出るのはナゼでしょう?。

それは、あらゆる外敵から鼻の粘膜を守ることからきています。

鼻水は、カラダへのウイルスや微生物などが入り込むことを防いくための洗浄効果だったり、鼻水を出すことで鼻の粘膜を保護してくれる働きがあるのです。

ばい菌と戦い、外部からの刺激にも対抗するために鼻水が出てくれていることで、私たちのカラダは守られているのです。

寒いときや熱いものを食べたときの鼻水は?!

寒い屋外ですごしたり、熱いものをフーフー言いながら食べていると鼻水が出てくるのは、どちらもカラダの「体温調整機能」によるものです。

寒いときには、私たちのカラダはその寒い外気でカラダが冷えないように、呼吸で入ってくる空気を一旦暖めてから取り入れるように働きます。

熱いものを食べたときには、湯気となって立ち上る温かい空気を、そのままストレートに吸い込むことなく、冷やす目的で働きます。

どちらも、カラダを外敵・刺激から守るためのものです。

辛いものを食べたときの鼻水は?!

辛いものには、唐辛子に代表される強い香辛料が加えられています。

最近は激辛ブームで、世界中から強烈な香辛料が入ってきていて、「これでもかッ!」的な辛さを味わうことも出来るわけですが、それはカラダにとっても強烈な刺激物なワケです。

香辛料は、その名の通り「香る」モノ。

料理の熱によって蒸発し、食べものと一緒に鼻の中へと入ってきます。

唐辛子などの香辛料が蒸発した成分が鼻の粘膜につくと、カラダに入れてはならない「異物」と判断し、鼻水を出して洗い流そうとするのです。

外部からのばい菌や刺激と戦うのと、同じ働きの鼻水なのです。

また、カラダが冷えているときに辛いもの・熱いものを食べると、温度差を大きく感じて鼻水はより多く出るようになるようです。

確かに、寒いときに辛くて熱いものを食べると、鼻のズーズー度が増すような気がしますが、それは気のせいではないようです。

【スポンサーリンク】

辛いものを食べても鼻水を抑える対策方法?

辛いものや熱いものを食べることで出る鼻水は、ある種カラダを守る自然なものですから、抑える方法といっても「完ぺき」というものではありません。

でも食事の際のことですから、マナー的な面にも気になる部分でしょうから、出来る限りのことは試してみましょうか。

料理の湯気から鼻を遠ざける?

「遠ざける」とは言いすぎかもしれませんが、香辛料が含まれた熱い湯気が鼻を直接刺激すると、鼻の粘膜を冷やそうと大量の鼻水が出てしまいます。

かんでもかんでも「鼻水が…」、ティッシュが手放せなくなってしまいます。

なるべく、鼻に湯気を近づけない、むやみに吸い込まないなど気をつけましょう。

一気に食べない!

お腹が空いていると、辛いものでも熱いものでも一気に食べしまいがちですが、鼻水によるラジエーター効果もままならずカラダに強い刺激・熱いものが入っていってしまいます。

温度差を激しく感じたカラダは当然鼻水を大量に出す指令を出すので、鼻は「ズーズー」状態に。

出来れば、温かいお茶やスープなどを口にして胃を暖め、カラダが温まり始めてから辛いものへチャレンジするのがベストなのですが…。

短いランチタイムでそれも難しいというのなら、「一気に食べない!」を心掛けるべきです。

一気に掻き込むような食べ方は、呼吸も荒くなり鼻も刺激します。

ゆっくり味わって食べるようにして、体温を徐々に上げていければokです!。

まとめ

辛いものが好きなのでランチタイムにも良く注文するのですが、食べている最中鼻水をズーズーしていまうのは、正直なんだか恥ずかしいなぁと思ってしまいます。

カラダを守るための自然の原理だといえ、テーブルが鼻水ティッシュでいっぱいになるのも…。

辛いものや熱いものを食べると出る鼻水も、鼻から入ってくる刺激物からカラダを守るために出てくるもので、防ぎようのないものかもしれません。

でも、例えば湯気を直接吸い込まないとか遠ざけるなどしたり、一気に食べずにゆっくり食べたりすると少しは抑えられそうですね。

それでは、次のランチタイムで辛いものを注文して、さっそく試してみましょうか?!。

【スポンサーリンク】