最近話題になっている、「片足立ち1分ダイエット」ってご存じですか?。

体形・体重が気になって、そろそろ「ダイエットを始めてみようかな~」と思っても、忙しくて運動する時間がなかったり、そもそも運動が苦手で続けられないという方は少なくないと思います。

それはお勤めしている会社員でも、専業主婦でも同じこと。

ダイエットのために使う時間って、なかなか作れないモノなんです。

そんな毎日が忙しいみなさんに紹介したいのが、片足立ち1分から始められる、「片足立ち1分ダイエット」のステキな効果です!。

特別な「道具」も必要なく、誰もが「どこでも・いつでも」取り組める「片足立ち1分」ですが、その効果は50分のウォーキングにも匹敵するともいわれてるのです。

片足立ち1分って簡単そうなのに、「けっこう効果ありそう」って思うでしょう!。

ホントその通りなんです!。

今回は「自宅」だけでなく、通勤・通学の電車やバスで座れない時間、立ち仕事の合い間でもできてしまう、

・片足立ち1分の効果
・片足立ち1分のやり方

について、例を挙げながら見ていきましょう。

簡単に出来る「片足立ち1分」の効果って、ホントあなどれませんよ~!。

【スポンサーリンク】

片足立ち1分の効果!?

片足立ち1分と聞いて、「そんなの簡単でしょ?」と思われるかもしれません。

でも、それは普段から運動されている方が抱くイメージかもしれませんね。

日常的にウォーキングやジョギングなどカラダを動かす習慣のない方にとっては、「片足立ち1分」といえどけっこうツライものかもしれません。

だからこそ、ステキな効果が得られるんですけどね!。

片足立ち1分の効果は50分のウォーキングと同じ!?

このあと、片足立ち1分の効果をいろいろ紹介していく前に、片足立ち1分の効果とされる「50分のウォーキング」とはどんなモノなんでしょうか?。

以前紹介した記事 「カロリー消費量は1km歩くとどれくらい?」 の中で、「1時間歩いた消費カロリー」を紹介しています。

この記事を参考にすると、

ウォーキングで「やや早歩き」で1時間歩くと、距離にして5600m・消費カロリーは男性(60kg)の場合、271kcalにもなります。

これは、「コンビニおにぎり」1個~2個分のカロリー消費に匹敵するモノ。

片足立ち1分のダイエット効果は、決して小さくありませんね!。

片足立ち1分のいろいろな効果!?

時間や場所にとらわれず、いつでもできる「片足立ち1分」のいいところ。

なにか劇的な効果ではなくても、少しづつでも確実な効果が期待できそうです!。

足立ち1分で骨盤の歪みが改善される?!

骨盤の歪みを改善するとことで、ダイエットに繋がる「骨盤ダイエット」って聞いたコトがある方も多いと思います。

ずいぶん前に一大ブームをおこしたダイエット法の1つです。

実際、ウチの奥さんも当時「骨盤ダイエット」を実践して、約1年で「12kg減!」に成功しているほどです。

上半身と下半身を繋ぐ骨盤は、カラダのバランスを保つ大切な部位なのに関わらず、なにげない日常生活では殆ど刺激を受けることなく、固くなってしまってるんですって。

「片足立ち1分」によって、固まっている股関節が緩み、骨盤のバランスが整うことで「歪み」が改善されていきます。

骨盤が緩み、歪みが改善されるとカラダの血流が促され、それはカラダ全体の代謝アップへと繋がります。

・体脂肪が燃えやすくなる
・溜まった老廃物が排出されやすくなる

カラダ全体の代謝がアップすることでやせる体質へと変化していく流れですね。

片足立ち1分で脚の筋肉が鍛えられる?!

片足立ち1分のやり方については後でわかりやすく紹介しますが、片足立ち1分といえ、実際に取り組んでみるとけっこうな負荷が脚に掛かるコトが実感できると思います。

片足立ち1分の効果として、「脚の筋肉が鍛えられる」ということが挙げられるでしょう。

そんな…筋肉を鍛えたら「脚が太くなってしまうでしょ?!」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、片足立ち1分を続けたとしても、目だって太くなることはないのでご心配なく!。

それよりも、筋肉量が増えることで基礎代謝がアップする方がダイエット効果に繋がると考えるべきだしょう。

【スポンサーリンク】

片足立ち1分で体幹が鍛えられる?!

日頃運動する習慣がない方こそ、片足立ち1分といえバランスを保つのはムズカシク感じるかもしれません。

だからこそ、カラダの中心となる「体幹」が鍛えられるのです。

ところで、「体幹」ってナニ?って思われる方も少なくないですよね?。

体幹は、「インナーマッスル」と表現されることがあります。

云わば、カラダの内側の筋肉です。

体幹は、胸・背中・腰・腹筋・お尻のより内側の「目に見えない」部分の筋肉とイメージされればOKだと思うのですが、体幹がしっかり鍛えられていないと、いくら腕や脚をムキムキに鍛えても「見た目だけ」になってしまいかねないくらい大切なモノなんです。

片足立ち1分の効果の1つ「体幹が鍛えられる」コトで、姿勢がよくなることでキレイなカラダのラインを保ち、太りにくくしてくれるコトに繋がっていきます。

片足立ち1分は、ダイエット以外にも幅広い効果が期待されます。

たとえば、カラダ全体の血流が促されるというこで、肩こりや頭痛、冷え性や足のむくみなど、女性の多くが抱える悩みを解消してくれることも期待されます。

また、特に女性に多いとされる「骨粗鬆症」の予防効果も期待されます。

というのも「片足立ち1分」で足の骨には、やはり50分のウォーキングに匹敵するくらいの負荷が掛かるとされているタメです。

簡単にできそうな「片足立ち1分」にも、いろいろな効果がありそうですね!。

ダイエット効果だけでなく、肩こりや頭痛、冷え性改善まで効果が期待できるならありがたい…。

それでは、今すぐチャレンジできる「片足立ち1分」のやり方を見ていきましょう!。

片足立ち1分のやり方!

特別な「道具」も必要なく、誰もが「どこでも・いつでも」取り組めるのが「片足立ち1分」の基本です。

まずは、基本的なやり方からやってみましょう!。

片足立ち1分のやり方「基本編」!

基本編とはいえ、これこそ「片足立ち1分」の効果を継続的なモノとするベースとなるモノ!。

シンプル・かつ簡単なモノです。

自宅だけでなく、通勤・通学の電車やバスの中などや、立ち仕事の合い間に是非チャレンジ・継続してみてください。

①両足の幅を腰幅くらいに開いて立ちます。
②片足を地面から5cm~10cmほど上げて、バランスを保ちながら1分キープします。
はじめは緊張するかもしれませんが、「呼吸は止めず自然体」がポイントです!。
③片足立ち1分を左右交互におこないます。

片足立ち1分のやり方「ヨガのポーズ編」!

基本編をマスターしたら、自宅や公園などでヨガのポーズを取る「片足立ち1分」にチャレンジしてみましょう!。

手始めとなるのが、「木のポーズ」

片足立ち1分をキープすることにややムズカシクはなりますが、体幹がより鍛えられることが期待できます。

①両足を揃えて立ち、片足の裏側を反対側の足のモモの内側の付け根あたりにくっつけます。
アルファベットの「P」のような形です。
②胸の前で手のひらを合わせて「合掌」します。
慣れるまではそのポーズでもOKですが、「合掌」した手を頭の上までスッと伸ばします。

これが「木のポーズ」。
③シッカリと前を向いて、呼吸を整え片足立ち1分をキープします。
④片足立ち1分を左右交互におこないます。

片足立ちは、両足で立っているときと比較すると、約3倍もの負荷がカラダに掛かるとされているくらいですから、基本編の片足立ち1分でも、日頃運動習慣のない方だとふらふらしてムズカシイかもしれません。

ヨガのポーズ編の「木のポーズ」でもそうですが、慣れるまでは壁や椅子などの近くで行い、フラついて転んだりするなど怪我をしないように気をつけましょう!

片足立ち1分の注意点!?

「片足立ち1分」では、目を閉じるやり方が紹介されているコトもありますが、無理になさらなくてもいいと思います。

たしかに目を閉じて「木のポーズ」にチャレンジすれば、バランス感覚も高まるとは思いますが、オットット~と転んで怪我してしまうリスクが高くなってしまいますから…。

あくまで普段動かさない股関節を開いてあげたり、脚の筋力アップによる代謝アップが主な目的なので、「バランス感覚」は二の次にしましょう!。

先にも紹介したように、片足立ち1分とはいえ「慣れるまで」は壁や椅子などの近くで行い、フラついて転んだりするなど怪我をしないように気をつけることがいいと思います。

まとめ

お勤めしている会社員でも、専業主婦でも、ダイエットのために使う時間って、なかなか作れないモノなんです。

今回は、そんな毎日が忙しいみなさんでも、いつでも・どこでも取り組める「片足立ち1分ダイエット」のステキな効果を紹介しました。

片足立ち1分、それも「基本編」として紹介したやり方なら、自宅だけでなく通勤・通学の電車やバスで座れない時間や、立ち仕事の合い間でも簡単にできそうです!。

骨盤の歪みが改善れること筋肉・体幹が鍛えられることが、カラダの基礎代謝量がアップすることでダイエットに繋がることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

基礎編の片足立ち1分をマスターしたなら、ダイエット効果がより効果的なモノになると思われる、ヨガの「木のポーズ」での片足立ち1分にも是非チャレンジしてみてください!。

【スポンサーリンク】