テレビCMですっかりお馴染みの商品、マルちゃんの「赤いきつね緑のたぬき」シリーズ。

食べたことのある方も多いと思いますが、「赤いきつねと緑のたぬき」だけでなく、「「きつね」はうどんでもそばでも、甘辛く煮た油揚げがのせられたモノで、「たぬき」は天ぷらや天かすをのせるスタイルがおよそ定番です。

そこで1つの疑問が…。

なぜ狐は「油揚げ」なんでしょう?。

狐と油揚げには、いったいどんな関係があるのでしょうか?。

たしか神社のお供えモノにもなっていたような…。

油揚げは、「狐の好物だから」に由来しているという説を聞いたことがあります。

でもこの自然界に「油揚げ」が落ちているワケはなく、その理由には甚だ「?」がついてしまいます。

狐と油揚げの関係、油揚げは狐の好物とされている由来や理由など、調べると様々な説が飛びかっていてホントびっくり!。

今回は狐と油揚げの関係について、狐の好物だとされる由来や理由など、わかりやすくまとめてみたいと思います。

【スポンサーリンク】

狐と油揚げにはどんな関係が?!

「きつねうどん」や「きつねそば」には甘辛く煮た油揚げがのせられていますが、甘辛く煮た油揚げを使った食べものに「お稲荷さん」「稲荷ずし」がありますよね。

狐と油揚げの関係には、この「稲荷」が1つのキーワードになってきます。

私たち日本の神社の中で、最も多いのが「稲荷神社」

全国各地それぞれの地域で、「お稲荷さん」と呼ばれ親しまわれています。

そんな稲荷神社「お稲荷さん」の総本山となるのが京都の「伏見稲荷大社」なのですが、そのHPを覗いてみると「よくあるご質問」というページがありました。

問:「お稲荷さん」ときつねの関係は?

答:「稲荷大神様」のお使い(眷族)はきつねとされています。但し野山に居る狐ではなく、眷属様も大神様同様に我々の目には見えません。そのため白(透明)狐=“びゃっこさん”といってあがめます。
勿論「稲荷大神様」はきつねではありません。

稲荷神社の入り口で私たちを迎えてくれる「狐」は、稲荷大神様の「お使え」だったのですね。

そして狐のお供え物として、狐の好物とされる「油揚げ」が供えられています。

稲荷神社・狐・油揚げは、セットでイメージされ、

油揚げで包んだお寿司は「稲荷ずし」や「お稲荷さん」と呼ばれ、油揚げがのったうどんやそばを「きつね」と呼ばれるようになったとされているのですね。

狐は油揚げが好物?!その由来は?

油揚げは狐のエサ?!

狐と油揚げの関係をさらに調べていくと、狐の好物だとする油揚について、「狐のエサ」とする2つの説がありました。

・ネズミを好物としている狐狩りの際に、「ネズミの油揚げ」をエサとして仕掛けていたという説。
・穀物をネズミから守るため、ネズミの天敵である狐を神と崇め、狐の巣穴の前に「ネズミの油揚げ」を置いておいたという説。

どちらの説にも共通するのは、「ネズミの油揚げ」ですね。

元々は「ネズミの油揚げ」を供えられていたものが、徐々に仏教の教えが広まりとともに「肉食や殺生」はよくないモノとなり、生きたネズミではなく大豆由来の「豆腐」へと変化し、現在のように狐の好物は豆腐の「油揚げ」となっていったとされています。

「狐は油揚げが好物?!」、そのイメージが植え付けられた理由には、「ねずみの油揚げ」に由来がありました。
(チョッと想像したくない油揚げですけど…)

【スポンサーリンク】

稲荷ずし「お稲荷さん」の形から?!

狐と油揚げの関係に、「豊作」への感謝の意で稲荷神社へ「米俵」をイメージさせる、「稲荷ずし」「お稲荷さん」をお供えしたことに由来するという説もありました。

たしかに言われてみると、「稲荷ずし」「お稲荷さん」は米俵を彷彿させる色・形をしていますね。

稲荷神社「お稲荷さん」へお供えする、稲荷ずし「お稲荷さん」の油揚げが「狐の好物」となったという逆説的な理由ですね。

ホントに狐は油揚げが好物か?!

「狐はホントに油揚げが好きなのか?」を確かめるコーナーが、とあるテレビ番組内のコーナーにあり、実際に「油揚げ」をペロッと食べてしまったそうです。

この情報からすると、狐と油揚げの関係の由来は、先に紹介した「ネズミの油揚げ」が好物だったからの理由がなんだか怪しくなってきてしまいそう…。

狐はホントに「油揚げが好物!」という話になってしまいます(苦笑)。

まぁ、それはそれでいいかなと…。

だって「ネズミの油揚げ」よりずっと可愛いし、説得力ある理由でしょ?!。

まとめ

今回、狐と油揚げの関係を調べるうちに、稲荷神社「お稲荷さん」や稲荷ずしも関係した密接な関係があるみたいですね。

一番興味を惹かれたのは、「狐はホントに油揚げが好物なのか」について。

元々は狐の好物である「ネズミを油揚げ」にしたものをエサとしたモノだったのが、仏教の教えに習う形で大豆由来の豆腐の油揚げになったのではないかという説には大いに頷けます。

ただ、テレビ番組のコーナーで狐が「油揚げ」をペロッと食べたと聞くと、ネズミではなくても、ホントに油揚げが好物なのでは?と思うようになってしまいました。

でもここまで、狐と油揚げ、さらにお稲荷さんの関係を知ってしまうと…。

きっとお稲荷さんを食べるたびに、「狐」「油揚げ」「稲荷神社」が頭の中でグルグル回るんのでしょうね(苦笑)。

【スポンサーリンク】