都内でも紅葉が見頃を迎える11月ともなると、街に吹く風もだいぶ冷たく感じられる日が多くなってきますね。

テレビやラジオのお天気お姉さんから、「今日、都内では木枯らし1号が…」と聞かれるのも毎年この時期です。

そもそも「木枯らし(こがらし)」とは、日本の太平洋側の地域で、晩秋から初冬の間に吹く北寄りの冷たい強い季節風のコトを指します。

「木を枯らす」の言葉からも、まさに「冬の訪れ」を告げるモノですね。

まして「木枯らし1号」を耳にすれば、「あぁ、これから寒くなってくるのね…」と実感させられます。

ところで、この「木枯らし1号」は、東京地方近畿地方(大阪)についての発表しかないって知っていましたか?。

木枯らしじたいは太平洋側ならどの地域でも吹くモノですし、「桜の開花宣言」は各都道府県ごとに発表されるだけに、なぜ東京地方と大阪だけなんでしょうね。

さらに東京地方と近畿地方では、「木枯らし1号」が発表される条件にも違いがあり、それぞれ一定の条件が揃ったときにのみ「木枯らし1号」と認められます。

ということは、条件が揃わずに、木枯らし1号が発表されない年もあるというコトなのでしょうか?。

逆に、条件が揃えば2号・3号もあるのでしょうか?。

「木枯らし1号」には、ツッコミどころが満載!。

今回は、「木枯らし1号の条件は何?」を主なテーマに、いろいろな角度から「木枯らし1号」について探ってみようと思います。

【スポンサーリンク】

木枯らし1号の条件は何?!

「木枯らし1号」とは、気圧配置は冬型の「西高東低」の条件下、その年に初めて吹く北寄りの風速8m/s以上の強い季節風のコトで、東京地方と近畿地方(大阪)のみ発表されるモノです。

但し、東京地方と近畿地方とではそれぞれの条件に違いがあり、とくに対象期間が大きく異なることがわかります。

東京地方と近畿地方での条件の違い!

東京地方の木枯らし1号の条件

 期間   : 10月半ば~11月末まで
 気圧配置 : 西高東低の冬型
 風向き  : 東京で西北西~北
 風速   : 東京で最大風速が8m/s以上

近畿地方の木枯らし1号の条件

 期間   : 霜降(10月23日頃)~冬至(12月22日頃)
 気圧配置 : 西高東低の冬型
 風向き  : 北寄り(西北西から東北東)
 風速   : 最大風速が8m/s以上

東京地方・近畿地方それぞれ、これら4つの条件が揃った最初の木枯らしが「木枯らし1号」として発表されます。

東京地方・近畿地方ともに、気圧配置と最大風速の条件は同様で、違いは期間と風向。

風向きの条件の違いについては、木枯らしが日本海側から列島中央の連山を越えて吹き抜けるコトによってのモノからして、地域性違いが影響してのコトでしょう。

とくに違うのが「期間」の条件

東京地方の10月半ば~11月末に対して、近畿地方は霜降(10月23日頃)~冬至(12月22日頃)と年末近くまで広い期間が設けられています。

これも、実際に「木枯らし1号」が吹く時期の違いが影響してのモノのようです。

東京地方と近畿地方で「期間」の条件が大きく違うのはなぜ?

実際に木枯らし1号が吹いた日を比べてみると、東京地方の平均が11月5日頃に対して、近畿地方の平均は11月10日頃。

どちらも、ちょうど冬のはじまりを告げる「立冬」の時期です。

木枯らし1号が、冬の訪れを告げる風物詩と言われるコトもうなずけます。

但し、これはあくまで「平均」。

地球温暖化の影響によるモノでしょうか、近年は晩秋~初冬の「季節風」が弱まるなどして「木枯らし」が吹きはじめる日も遅れ気味です。

とくに近畿地方は「季節風」の南限に近いというコトもあり、木枯らし1号が12月に入ってから吹くコトも少なくありません。

実際に、2000年以降で最も遅い木枯らし1号は、2003年の12月19日でした。

【スポンサーリンク】

条件が揃わなければ「木枯らし1号」は発表されない!?

先に紹介した、東京地方・近畿地方それぞれの条件を満たす風が吹かなければ、その年は「木枯らし1号」の発表はありません。

残念ながら、お天気お姉さんの「今日、都内では木枯らし1号が…」を聞けず終いとなってしまうワケですね(苦笑)。

実際、「木枯らし」の条件を満たす風が吹かず「木枯らし1号」の発表されなかった年を遡ると、東京地方では1977年と1979年に、近畿地方では1992年にありました。

木枯らし2号・3号はあるの?

西高東低の冬型の気圧配置のなか、風向き・最大風速など「木枯らし」の条件を満たす季節風は頻繁に吹いているモノです。

常に観測は続けられていますから、2号・3号に該当する木枯らしが来ているのは間違いなく把握されています。

しかし、一般の方やマスコミも「冬の訪れを告げる」その年1番の木枯らし、「木枯らし1号」しか関心はありません。

たしかに2番・3番、どうでもイイといえば、どうでもイイ…(苦笑)。

それ故に、気象庁も「木枯らし1号」しか発表しないのです。

木枯らし1号の発表はなぜ東京地方と近畿地方だけ?!

「木枯らし1号」については、桜前線のような「木枯らし前線」や全国各地から開花宣言にあたる「木枯らし1号宣言」を聞くことはありません。

どうなんでしょう?。

あまり望まれていないモノ…というコトなんでしょうかね(苦笑)。

そもそも、木枯らし(木枯らし1号を含めた北寄りの強風)による被害が心配されるのは主に平野部なので、大きな平野部がある東京地方や近畿地方でしか知らせる意味が少ないというコトもあるとされています。

まとめ

今回は、「木枯らし1号の条件は何?」を主なテーマに、いろいろな角度から「木枯らし1号」について探ってきました。

木枯らしの条件「期間・気圧配置・風向き・風速」、設定された条件をすべて満たしたその年最初の風(季節風)が「木枯らし1番」。

木枯らし1番の条件は、東京地方と近畿地方で違いがあり、とくに大きな違いがその「期間」の条件でした。

近畿地方の期間が年末近く「冬至」までと長く設定されているのは、近畿地方が季節風の南限に近いというコトもあって、木枯らしが吹き始める時期が後ろにズレ込むこともあるコトを考慮してのモノなのでしょう。

条件が揃わなければ、その年の「木枯らし1号」の発表はありませんし、逆に観測を続けるなか木枯らし2号・3号となる風が吹いても、皆の関心が薄いコトもあって発表されていないというコトもわかりました。

木枯らし1号が吹くというコトは、これから冬本番を迎えるというコトです。

風邪などひかないよう、どうぞ体調管理にお気をつけください。

【スポンサーリンク】