5月5日の「端午の節句」。

国民の祝日「こどもの日」とはなっていますが、昔から武家社会で男子の誕生を祝い、成長・出世を祈願する日として広く定着しています。

毎年5月5日の端午の節句が近づくと、あちらこちらで「鯉のぼり」が飾られているのを見かけるようになりますね。

郊外の農家や、広いお庭に飾られた立派な鯉のぼりを見ると「スゴイな~!」って思います。

ウチにも男の子がいるので鯉のぼりは飾っていますが、ベランダにポールを立てた小さなモノです。

最近の住宅事情では、ショウガナイですよね…。

ところで、男の子が生まれてはじめて迎える端午の節句「初節句」で、この鯉のぼりを夫側・妻側「どちらの親が買う」モノなのか?、意見がわかれることがあります。

初節句で鯉のぼりを「どちらの親が買う」かが焦点となり、両家で火花が散ることすらあるのだとか…。

ウチは、両家から「初節句」のお祝い金をいただいて、アパートのベランダでも飾れる小さな鯉のぼりを買いました。

正直、モメごとにならずに良かったですよ(苦笑)。

今回のテーマ「鯉のぼり!どちらの親が買う」で悩まれているパパ・ママにとって、ズバリ問題解決!とはならないかもしれませんが、一般的な話としてその解決のヒントになればいいなと思います。

【スポンサーリンク】

鯉のぼりは夫側・妻側どちらの親が買うモノ?!

端午の節句の「鯉のぼり」って、夫側・妻側いったいどちらの親が買うのが一般的なんでしょうね?。

鯉のぼりは妻側の親が買うのは孫や娘と逢う口実?!

古くからの風習では、鯉のぼりに関わらず「鎧・兜」を身にまとった「五月人形」など、端午の節句の行事でもちいられるモノは、妻側の親が買うのが一般的なスタイルでした。

ナゼ妻側の親が買うのか?…、それにはちゃんと理由づけもあったのです。

日本では昔から、結婚をすると妻は夫の家に入り、夫側の両親と同居するのが一般的と考えられていました。

とくに夫が長男の場合には、両親との同居は当然のごとく考えられていた時代です。

今では妻も、マイカーを運転しチョコチョコ実家に行くことも叶うでしょうが、昔は一度嫁いでいった娘に逢うことはかないません。

でも、娘に男の子が生まれたら話は別。

これはチャンスとばかりに、端午の節句(初節句)のお祝いとして「鯉のぼり」や「鎧・兜」を身にまとう「五月人形」などを買い持参することで、こちらから孫にも娘にも堂々と逢いにいくことが叶ったのです。

鯉のぼりは結納金で準備するモノ?

これも、昔ながらの考え方の1つです。

結婚前の「結納」は現在でも行われることも多い伝統的な婚礼の儀式ですが、結婚前に夫となられる男性側が結納金を持参し、妻となる女性側が「嫁入り道具」を揃えて嫁ぐというモノ。

その嫁入り道具の1つとして、男の子が生まれた際に「鯉のぼり」など初節句の準備も含まれていたというコトもあったようです。

まぁ、いただいた「結納金を取っておく」というよりも、孫が生まれたら初節句のお祝いを持参して「逢いに来てください」って気持ちの面も感じますけどね。

【スポンサーリンク】

鯉のぼりはどちらの親が買うモノなんて決まりはない!?

しかし、現在はどうでしょう。

たとえば夫となる男性が長男のケースであっても、女性が男性の両親と一緒に同居するという婚姻スタイルはグッと少なくなっています。

どちらの親にも孫や子に「逢いに行くコト」じたい、気遣いや遠慮は特別不要であって、先に紹介したように嫁いだ「娘」もいつでも実家に顔を出せる時代なワケです。

となれば「孫逢いたさ」「娘逢いたさ」を理由に、妻側の親が鯉のぼりなど買うモノでなくなっているというものです。

つまり、ここで「鯉のぼりをどちらの親が買う」かの意見が分かれてくるのです。

地域によっても、それぞれ異なる風習があるでしょう。

次に、最近の鯉のぼり準備スタイルをみてみましょう。

最近の鯉のぼり準備スタイルは!?

はじめての端午の節句「初節句」で、「鯉のぼり」にはじまり「鎧・兜」やそれをまとった「五月人行」まで一揃え準備しようと考えたら、そこれこそ大変な金額になってしまいます。

「どちらの親が買う」となれば、経済的な負担も考えなくてはなりません。

先に紹介したように現在は昔の婚姻・生活事情も含め、どちらの親が買うという決まりはないワケですから、最近では初節句での鯉のぼりや五月人形の準備は、子となる夫婦とそれぞれ両家の親とで「どう揃えるか?」を話し合いで決めるのが理想と言えます。

最近の「鯉のぼり」をはじめとして「端午の節句の準備」はどんなスタイルとなっているのか、主な例をあげてみると、

・端午の節句、雛祭りなど節句飾りは昔からの風習で、すべて「妻側の親」が買う
・端午の節句の飾りは、夫側の親が買う
・鯉のぼりは「妻側」、鎧・兜は「夫側」などどちらか1つづつ分けて買う
・長男のときは「妻側」、次男のときは「夫側」が買う
・両家で折半で買う
・両家からのお祝い金で自分たちで買う
・すべて自分たちで買う

ザッとあげただけでも、実に色々パターンがあります。

どんなスタイルとするか話し合うだけでも、たしかに大変そうです…。

それぞれの意見を、「間に入って」取り持つコト。

これが一番の悩みであること、とてもよくわかります!。

鯉のぼりは自分たちが主体となって買う?!

これまで、鯉のぼりはどちらの親が買うモノのなのか?や、現在は様々なパターンの準備スタイルがあることを紹介してきました。

それぞれの両親が「ウチが!」と名乗りでたり、口が悪いカモしれませんが「勝手に買ってきてしまう」コトもあるかもしれません。

ここは、自分たちが「どうしたいか?」をしっかりと伝え、両家の話し合いの間に立つ覚悟が大切になってくると思います。

たとえば、

「鯉のぼり」の大きさ

これって、かなり重要な部分ですよね?。

自分たちが住むアパートやマンションなり、一戸建てなり、庭やベランダの広さ、お隣さんとの関係などスペース的な問題もあるじゃないですか。

正直「鯉のぼり」を飾るのは無理っぽいから、部屋に飾れる「兜」だけにしたいとかも含めて。

「どちらの親が買う」ではなくお祝い金で買うスタイル!

鯉のぼりをはじめ、端午の節句飾りの準備で大切なのは、「どちらの親が買う」でもなく孫や子の成長や健康を願う気持ちなんだと思います。

最近は昔と違い、端午の節句でもひな祭りでもパパ・ママ夫婦が主体となって、それぞれ両家をよい関係に保つのも一役なのではないかと思います。

昔ほど、親主体ではないと感じている部分です。

どちらの親も、孫の初節句のお祝いを準備してあげたいとの思いがあると思います。

その上で、

・ベランダでも飾れる大きさのカッコイイ鯉のぼりを見つけた!
・飾らないときの収納も嵩張らない大きさの鯉のぼりがあった!

など自分たちの生活スタイルに合わせた鯉のぼりを、「どうちらの親が買う」のではなくいただいたお祝い金で準備するのもいいと思います。

たとえば、「ウチは関われなかった…」など、どちらの親のメンツも傷つけないといったメリットもあるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、端午の節句で代表的な「鯉のぼり」を取り上げ、「どちらの親が買うモノ?」を中心に見てきました。

昔は妻となる女性側の親が買うのが一般的だったようですが、その理由をみると孫を見たい気持ちもさることながら、「一旦嫁いだ娘に逢いたい」という親心もあってのことだと改めて知りました。

たしかにそれ以外では、「妻側の親が買うモノ」という理由が見当たりません。

結納金での「嫁入り道具」の一部という話もありましたが、正直チョッと微妙かな…と。

となれば、鯉のぼりは「どちらの親が買う」というよりも、パパ・ママが主体となって、自分たちの住環境も踏まえた鯉のぼりなり五月人形なりを決めつつ、初節句のお祝い金で買わせていただくスタイルがいいのではないかと。

今回のテーマ「鯉のぼり!どちらの親が買う?」が悩みのタネであるならば、「両家からのお祝い金」で自分たちの住環境や好みに合ったモノを買って準備するということが、両家のメンツも保てることになるベターな選択の1つになるのかなと思いました。

そうそう!、どちらの親にも「感謝の言葉」とともに「鯉のぼり」とたくさんの「孫」の写真を一緒に贈ることをお忘れなく!。

【スポンサーリンク】