5月5日は、国民の祝日の1つ「こどもの日」

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」として、1948年(昭和23年)に「こどもの日」と制定される前は、「端午の節句」と呼ぶのが一般的でした。

現在でも5月5日については、「こどもの日」と並んで「端午の節句」と紹介されることも多いですよね。

端午の節句の慣わしの1つに、「鯉のぼり」があります。

都会では昨今、庭にたなびくような大きな鯉のぼりを見る機会は少なくなりましたが、それでも端午の節句が近づく頃、家やマンションのベランダにポールを建てた鯉のぼりを見かけることが多くなりますよね。

ひとえに「鯉のぼり」といっても、様々なパーツ(飾り)から成り立っています。

鯉のぼりの一番上にはどんなやつが飾られているか、パッと思い出せますか?。

「キラキラした丸っこいやつだよね!?」

正解です!。

でもその名前は?…。

となると、パッと出てくる方が少なくなるかもしれません。

鯉のぼりの一番上のやつの名前に始まり、一番上から二番目の飾りは?、一番上の鯉は?、鯉じゃないけど一番上で泳いでるヒラヒラしたやつの名前も!?…。

今回は、結構知ってるようで意外と知らない、鯉のぼりの「一番上」について、名前や意味など一緒に見ていきましょう!。

【スポンサーリンク】

端午の節句に飾る「鯉のぼり」の由来

鯉のぼりの「一番上」の前に、そもそも端午の節句にナゼ「鯉のぼり」が飾られるのか?という話です。

鯉のぼりの由来には、やはり日本の武家社会の影響が大きく影響してきます。

鯉のぼりは「幟(のぼり)」?!

5月の空に泳ぐ色鮮やかな鯉を「鯉のぼり」とふつうに呼んでいますが、鯉のぼりの意味は、「鯉」「幟(のぼり)」という2つの意味があわさっているモノです。

鎌倉時代からはじまる「武家社会」。

それぞれ武士の家庭では5月5日の端午の節句を迎えると、家の男子が強くたくましく成長すること、出世・繁栄を祈願して、先祖ゆかりの鎧・兜や太刀などを飾り、玄関先には戦の際に自軍の象徴を誇る「幟(のぼり)」を飾っていました。

江戸時代になると、徳川幕府内でも5月5日の端午の節句を大切な日とし、当代の将軍に跡継ぎとなる男子が誕生すると玄関先に「幟(のぼり)」を立てられるようになります。

端午の節句の武家の風習である「幟(のぼり)」を庶民が真似たのが、鯉をモチーフに仕立てた「鯉のぼり」となっていったのです。

ここで気になるのが、ナゼ「幟(のぼり)」に「鯉」が用いられたのか?ですね。

鯉のぼりはナゼ「鯉」なのか?!

いまさらそこを突くか?!と言われそうですが…。

端午の節句で武家が玄関先に飾った「幟(のぼり)」を真似ることに由来する「鯉のぼり」。

ナゼに「鯉」なんでしょう?!。

みなさん、鯉ってどんなイメージですか?。

観光地の池などで、1パック50円くらいのエサをあげるとドンドン集まってくる、大きくて「食いしん坊」のお魚って感じでしょうか。

たしかに人の手で飼われている鯉は、そんな感じかもしれませんね。

けれど、鯉は私たちが想像する以上に力強く・たくましいお魚なんです。

清流だけでなく淀んだ池や沼など、どこでも生きられる強い生命力の鯉

中国では昔、激流「竜門(りゅうもん)」という滝を登り切った鯉に不思議な力が宿り、天に昇って「竜になった」という伝説があります。

現在も、受験や出世など厳しい通り道を「登竜門」と呼ばれるのは、この「鯉の伝説」に由来したモノなのです。

どんな環境でも生きる強い生命力や、中国から伝わる鯉が竜となる伝説などから、鯉は立身出世の象徴的存在となり、我が子の成長・出世・繁栄を願う親心が鯉を「幟(のぼり)」のモチーフに用いられたのではないかとされています。

鯉のぼりの素材の変化!?

ちなみに…レベルの情報ですが、江戸時代頃からはじまった「鯉のぼり」。

最初は、和紙に鯉を描いたモノでした。(雨に濡れると破れてしまいます…)

大正時代になると「綿素材」の鯉のぼりが登場し、破れなくなりました!。

さらに昭和30年代頃から、現在でも主流となっているナイロンやポリエステルなどの合成繊維用いた鯉のぼりとなり、雨に濡れても色落ちせず何年も「繰り返し」使える鯉のぼりへとなっています。

鯉のぼりの「由来」はこの辺りにして、今回のテーマの本題「鯉のぼり一番上」のやつの、名前や意味を見ていきましょう!。

鯉のぼりの一番上のやつの名前や意味は?!

「鯉のぼりの一番上」の疑問も、考えると色々ありそうですね。

・鯉のぼりの一番上のやつの名前?
・鯉のぼりの一番上から二番目の飾りは?
・一番上で泳いでる鯉は?
・鯉より一番上で泳いでるヒラヒラしたやつの名前や意味?

1つ1つ、簡単・分かりやすく見ていきましょう。

鯉のぼりの一番上のやつの名前は?!

鯉のぼりを飾るポールの一番上に飾られている、金色のキラキラした丸っこい「やつ」の名前は、「回転球」「駕籠玉(かごだま)」と呼ばれています。

鯉のぼりの一番上の「駕籠玉」は、神様にわかりやすく「ココに来てください!」という「呼び込み」の目印のようなモノだとイメージすればOKです。

神様がおりてこられる「目印」とされることから、「天球(てんきゅう)」という名前もあるようです。

【スポンサーリンク】

鯉のぼりの一番上から二番目の飾りの名前は?

鯉のぼりの一番上の飾り「回転球」や「駕籠玉(かごだま)」と呼ばれるモノに次いで、二番目の飾りは?…。

そう、クルクル・カラカラと音を立てて回る「風車」なんですが、名前は「矢車(やぐるま)」というカッコイイ名前があります。

このクルクル・カラカラと音を立てて回るのがポイントで、先の「駕籠玉」同様に「ココに来てください!」と神様へお知らせするのだとか。

また矢車には、邪気を打ち破る「魔よけ」の意味に加え、モチーフである矢には「幸福を射止める」意味があるのだとか。

鯉のぼりの一番上のキラキラした丸っこい「駕籠玉(かごだま)」、それに次ぐ二番目の「矢車(やぐるま)」どちらも神様を呼び込むためのパーツ(飾り)だったんですね!。

なんだか面白い、「へぇ~」って感じですよね。

鯉のぼりで一番上で泳いでる鯉の名前は?!

童謡「こいのぼり」
♪「屋根よ~り高い鯉のぼり~、大きい真鯉はお父さん~。小さい緋鯉は子供た~ち、面白そうに泳いでる~」

これでもわかるように、鯉のぼりで一番上で泳いでいる「黒」の大きな鯉は「真鯉(まごい)」といって、一家の主である「お父さん」を表していて、次いで小さい「緋鯉(ひごい)」は「子供たち」を表しています。

ところで、童謡「こいのぼり」には、「お母さん」が登場しませんね…?。

こどもの日に飾る「鯉のぼり」ですが、もともと武家社会で端午の節句を真似て、庶民の間で「家の男子が強くたくましく成長すること、出世・繁栄を祈願して」に由来するモノですから、男性または子供たちを中心に表現されたモノなのでしょう。

ただ戦後の鯉のぼり事情は、時代に合わせてなのか?状況も変わっているようです。

一番上で泳ぐ大きな鯉がお父さん鯉の「真鯉(まごい)」であることは変わりませんが、緋鯉を「赤」の鯉にして「お母さん」を表し、「青」のちいさな鯉を「子鯉(こごい)」として子供たちを表すようになったのです。

つまり現在の鯉のぼりは、ファミリーがセットになって泳いでいる形なワケです。

神様がおりてきてくれる鯉のぼりに、子供たちが大好きな「お母さん」がいないのはダメでしょ?!。

さらに、最近は子供たちを表す「子鯉」を見ると、緑やオレンジ、紫など実にカラフルになっています。

鯉より一番上で泳いでいるヒラヒラしたやつの名前や意味?!

お父さんを表す黒い「真鯉」の上、一番上で泳いでいるヒラヒラしたやつの名前や意味ってなんでしょう?!

その名前は、「吹き流し」といいます。

その名前を聞けば「そうそう、吹き流しね!」となるモノですが、色がたくさんあってカラフルですよね。

鯉よりも一番上で泳ぐ「吹き流し」には、実に5色も使われているんです!。

吹き流しを飾る意味は?!

武家社会での端午の節句を真似て、庶民の間で広まっていった「鯉のぼり」ですが、身分・階級が厳しい時代に庶民「招代(おきしろ)」と呼ばれる、神様へ「こちらへどうぞ!」と呼び込むための「駕籠玉」や「矢車」を飾ることは許されていませんでした。

そこで「招代」にかわって目立つモノとして飾るようになったのが、「吹き流し」なのです。

吹き流しに使われる5色の意味は?!

一般的に鯉のぼりの「吹き流し」には、黒(または紫)・赤・青・黄・白の5色が使われています。

この世のすべてのモノは5種類の元素から成るという、中国から伝わった「五行説(ごぎょうせつ)」がベースになっています。

・五行説の「五」は、5種類の元素となる木・火・土・金・水を表すモノ。
・五行説の「行」は、それぞれの元素が廻りめぐって作用することを表すモノ。

木は「青」、火は「赤」、土は「黄」、金は「白」、水は「黒(または紫)」となるのですが、それぞれが廻りめぐることで「魔よけ」の威力を発揮するされているのです。

木(青)は、燃えて火を生む。
 ↓
火(赤)が燃えたあと、灰(土)となる。
 ↓
土(黄)の中には金属が。
 ↓
金(白)が冷えると表面には水がつく。(結露かな?)
 ↓
水(黒)は木を育む。

そして、廻りめぐって「木は燃える」か…。

なんだかコレ、ポケモンの「相性」にも似てるって思ったのは私だけ?(苦笑)。

「ほのお」は「水」に弱いとか、「じめん」は「はがね」に強いとかね…(笑)。

元々は、駕籠玉や矢車などの「招代」にかわって目立つモノとして飾るようになった「吹き流し」ですが、現在の鯉のぼりは豪華にも、その全てがセットになって飾られているんですね!。

まとめ

今回は、鯉のぼりの一番上のやつの名前に始まり、一番上から二番目の飾りは?、一番上の鯉は?、鯉じゃないけど一番上で泳いでるヒラヒラしたやつの名前や意味を見てきました。

知ってるようで、意外と知らないコトもあったのではないでしょうか?。

鯉のぼりの一番上の飾り「駕籠玉(かごだま)」、二番目の「矢車(やぐるま)」は、元々「招代(おきしろ)」と呼ばれる武家でも身分の高い家でしか飾れることができないモノで、その代わりとなったのが鯉よりも上で泳ぐ「吹き流し」になったことを知りました。

現在、各ご家庭で飾られている「鯉のぼり」のセットにはそのすべてがセットされ、意味合いとしては実に豪華な鯉のぼりなんですね!。

・「駕籠玉(かごだま)」
・「矢車(やぐるま)」
・「吹き流し」

この3点セットで、神様へ「こちらへどうぞ!」とアピールし、そこにはお父さん鯉の「真鯉」からお母さん鯉の「緋鯉」、子供たちを表す「子鯉」が気持ちよさそうに泳いでいる。

こどもの日、「端午の節句」の鯉のぼり、私のなかでは男子の成長のお祝いを超えて、「家族の幸せ」を願うモノというイメージにかわってきました。

【スポンサーリンク】