193476

こんにちは!
夏の暑さも過ぎ、もう秋ですね。
芸術の秋、運動の秋とありますが、今年の私は「手芸の秋」にしてみようかと思っています。

といっても、私は手芸ド素人。

できることといったらボタンをつけかえることぐらい?

ということで、オリジナルボタンを作ってみようと思いました。

ボタンをつけかえるだけでも、ブラウスとか印象変わるし!

【スポンサーリンク】

くるみボタンを作ろう

手芸得意な友人に「いい手芸屋さんでできればやすいところってないかな?」と相談してみたら、なんと。

「オリジナルボタンって、別にレジンで型からつくるわけじゃなくてくるみボタンとかってことでしょ?100円均一で売ってるよ」

という神のようなお答えが・・・!
100円均一ということは、つまり100円!税込み108円!

お手軽です!

私は家の近くのダイソーに行きました。

そうしたら、いま流行りなのか、くるみボタンセットがいっぱい!

おおきいボタンから、ちいさいボタンまで。

台座と留め金、あとなんか固定する簡単な器具?装置?もついています。

即買いました。

ただし布は別売りです。

【スポンサーリンク】

布選び

ここで、新しい布とか買ったら、ボタン代より布代のほうが高くならない?

くるみボタンって「余った布で簡単に!」とか書いてるけど、手芸が元々趣味じゃないから、家に余った布なんてないし。

と考えながら、帰宅し、いつもの通り洗濯しているときに、また、神のお告げが・・・

「もう着ない服で作るってアリじゃない?」と・・・

ということで、肩紐がちぎれちゃったり、ひっかけて穴があいちゃったり、流行遅れになったりサイズが合わなくなったりした服をかきあつめました!
うちの地域は「布、ダンボール」はゴミの日別で、細かい規定があって出すの面倒で、大きい袋に入れて放置してたんです。
災い転じて福となしてます!

あまり分厚い生地は力がいるらしいので、穴のあいちゃった夏物のワンピースでチャレンジしてみました。

型紙用の台紙があるので、それに合わせて布を切って、器具にセット!

金具Aを上からのせて、生地を小籠包みたいに中につっこんで、金具Bをセット!
そして上からもう一つの器具で、押し込む!

パチン!

という音とともに、私だけのオリジナルボタン第一号が完成しました!

わーい!

使ったワンピースが一色のものじゃなく、乱染めっていうかグラデーションがあるので、ちょうどグラデーションの場所にあたると不思議な色合いのボタンになります。

12mmの小さめボタンなのですが、ラインストーンでデコったりしたら、飾りボタンにも使えるかもしれない!

と思いつつ、
イメチェンしたかったブラウスにつけてみる。

かわいい!

ボタンが余ったら

けど、ボタン余る!どうしよう!

「くるみボタンつくったけど、こんないっぱいつけるほどブラウスないよー」

と友人にLINEすると

「くるみボタンでヘアアクセ作ってる人もいるよ」

というほかの活用法も教えてもらいました!
たしかにー!
100円均一で売ってる、飾り気のないぱっちん式ヘアピンにくるみボタンを何個か接着剤でつけてみました。

かわいい!!

手芸の秋・・・というより、くるみボタンの秋が始まりそうです。

【スポンサーリンク】