プリント

お仕事から帰宅された旦那さんの靴下のにおいが凄い…。

「ただいま~」と勢いよく帰ってきたお子さんの靴下のにおいが凄い…。

いやいや、実は私も靴を脱いだ時の靴下のにおいが…。(苦笑!)

実は、男女を問わず靴下からのにおいに悩まされることは多いものです。

そりゃ、靴を脱いだ足の靴下からのにおいなら、百歩譲って「仕方がないか?」と思ったりもしますが、キレイに洗濯した筈の靴下ににおいが残っているのが悩みのタネだったりします。

においが取れなければ「捨ててしまおう」というのは簡単かもしれませんが、その都度捨ててしまっては勿体無いですよね。

なんとか靴下のにおいのいい取り方はないものでしょうか?。

今回は、洗濯しても残る靴下のにおいの原因や、靴下のにおいの効果的な取り方について紹介してみたいと思います。

【スポンサーリンク】

靴下のにおいの原因

脱いだ靴下のにおい

靴下のにおいにも色々ありますが、脱いだ靴下のにおいが気になる場合には、それは「雑菌」によるところが大きいでしょう。

実際に目にすることがあまりないので分かりにくいかもしれませんが、足は私たちのカラダの中で1番汗をかいているといっていい場所です。

その汗かきの足を、包むように常に接しているのが靴下です。

靴下は、足から出た汗をどんどん吸ってジンワリ湿った状態になっています。

Tシャツなどならカラダの汗を吸っても外気によって乾くことはあっても、靴下はその上から靴を履いてしまっているので乾きにくく、高温・多湿のまさに「雑菌」のとって最高の居心地!、靴下に吸われた汗は雑菌のエサとなり、繁殖し放題の最高の環境となっているのです。

意外に知られていないことかもしれませんが、雑菌は、雑菌そのものがにおいを発するのではなく、雑菌が「繁殖する際」ににおいを発するものなのです。

汗を吸った高温・多湿の環境の靴下は、雑菌が繁殖しつづけると同時に、どんどんにおいを発生させているのです。

脱いだ靴下のにおいの場合には、靴下に繁殖した雑菌は靴下だけなく、当然靴の中でも繁殖し続けます。

毎日同じ靴ばかり履いていて、乾燥する時間が少なければ、靴の中でもどんどん雑菌は繁殖していくことでしょう。

洗濯しても靴下においが残る

意外に靴下のにおいの多い悩みが、しっかり洗濯した筈なのに靴下ににおいが残るということでしょう。

もしくは、洗濯してカラッと乾いたあとはにおいが消えたと思った靴下が、履いているとすぐににおい出すということもあるかもしれません。

もしも靴下だけでなく、一緒に洗濯したタオル類やシャツなどの衣類にもにおいが残っているのなら、それは、洗剤・トイレタリー部門で国内1位の企業である「花王」の研究によって発表された「モラクセラ菌」による仕業かもしれません。

中でも、靴下からのにおいが強烈ではあるのですが…。

モラクセラ菌については、生乾きの臭いの原因菌「モラクセラ菌」対策方法は?

モラクセラ菌は、私たちのカラダの皮脂や汗などをエサにして、湿気の多い環境を好んで繁殖していきます。

また、モラクセラ菌自体ににおいがある訳ではなく、繁殖したモラクセラ菌から排出された云わば「糞」のようなものがにおいの元になるのです。

さらにモラクセラ菌は非常に強く、湿気を好むかと思えば「乾燥」や「紫外線」にも強いというやっかいな菌だということも分かっています。

【スポンサーリンク】

靴下のにおいの取り方

靴下のにおいの原因は、雑菌が繁殖する時のにおいや、「モラクセラ菌」から排出された「糞」のようなものの仕業だと分かったところで、これら原因を根本からやっつける方法を紹介していきたいと思います。

ここでは靴下のにおいの原因菌を「モラクセラ菌」として、そのにおいの取り方に焦点を当ててみたいと思います。

紹介する方法を用いれば、その他雑菌たちも一気にやっつけられると思います。

靴下に潜むモラクセラ菌の弱点とは!

「モラクセラ菌」は、そもそもが「生乾きのにおい」の原因菌なので、ジメッとした環境を好むものなのですが、意外にも乾燥や紫外線にも強い菌なのです。

ということから、一度におうようになってしまった靴下は、紫外線が降り注ぐカラッとしたお天気のいい日に干しても、生き長らえていくのです。

乾燥することで一旦は「おっ!においが取れた」と思った靴下も、履いているうちにすぐににおい出すのは、足の汗でモラクセラ菌が復活してしまうため。

そんな靴下に潜む「モラクセラ菌」の唯一の弱点は、「熱」です。

この「熱」を利用することが、靴下のにおいの取り方のポイントになります。

靴下を熱湯に漬ける!

綿で出来た靴下なら熱にも強いでしょうから、グツグツ沸騰しているような熱湯でもOKだと思いますが、それ以外の素材を使った靴下の場合も考えると60℃程度のお湯がいいかもしれません。

60℃程度のお湯に靴下を15分~20分ほど漬けておくだけで、靴下のにおいに十分な効果が得られます。

さらに強力な漬けおき方法としては、「弱アルカリ性洗剤」と「酸素系漂白剤」を半々の割合で溶かした液を先ほどのお湯に入れるというものもおススメです。

靴下にアイロンを掛ける!

当然、「靴下にアイロン?」と思われるとは思いますが、何も「ピシッと!」させるためにアイロン掛けする訳ではありません。

熱が弱点のモラクセラ菌をアイロンの熱でやっつける方法です。

アイロンの設定を「高温」の「スチームアイロン」にして、シュワシュワ~っとやっつけていきます。

靴の中の雑菌にも気をつかいましょう!

靴下のにおいは、モラクセラ菌を中心とした雑菌をやっつけることで取ることは出来ると思いますが、もう1つ、靴の中はどうでしょう?。

折角靴下のにおいが取れても、履く靴の中が雑菌でいっぱいだと…。

スニーカーなどは、定期的に中までしっかり洗ってあげるといいと思います。

特に小・中・高生は1日中上履きを履いていると思いますので、週末には持って帰ってきて洗ってあげるのがベストでしょう。

革靴などはなかなか洗うこうとは出来ませんが、中敷を定期的に換えることは出来ます。

また、何足かの靴をローテーションして履くことで、靴の中を乾燥させてあげることも大切です。

その方が靴も長持ちするといわれていますし…。

まとめ

今回は、靴下のにおいの取り方について、においの原因と原因菌のやっつけ方を中心に紹介してきました。

以前は、洗っても洗っても取れないにおいに悩まされてきましたが、その原因が花王の研究によって「モラクセラ菌」であることが分かってから、その対策方法も色々紹介されるようになってきました。

自分のため、家族のため、毎日キレイでにおいのない靴下が一番です!。

もしも、「最近、靴下のにおいが…」と思うようになったら、今回紹介したように「熱」を掛けて、においの元をやっつけてください!。

【スポンサーリンク】