キャベツは、いろいろな料理に使える万能野菜!。

みなさんも「じゃが・玉」同様、「とりあえずキャベツがあれば…」的な感じで常備されているモノだと思います。

とはいえ、キャベツ「丸ごと1玉」買えばけっこうな量だし、「半分にカット」されたモノを選んでも、なかなか使い切るのが大変だったりしますよね。

あれば便利なキャベツですが、実際どれくらい「日持ち」するモノなんでしょう?。

新米ママさんが、某「知恵袋」サイトで、

「キャベツは、買った日からどれくらい日持ちするのですか?」

と真剣に質問される気持ちもよくわかります。

まして、半分にカットされたキャベツの切り口が「黒く」なってしまったら、もはや「食べられないの?」と思うコトだってぜんぜん不思議じゃありませんよ!(笑)。

キャベツの日持ちはどれくらいなのかも、チョッとした処理や保存方法1つでぜんぜん違うモノになってしまうモノなのですから。

今回のテーマは、「キャベツの日持ちはどのくらい?」。

キャベツ丸ごと1玉や半分にカットされたモノ、冷蔵・冷凍など保存方法の違いで日持ちがどれくらい変わるのか、わかりやすく見ていきましょう。

【スポンサーリンク】

キャベツの日持ちはどれくらい?

キャベツをはじめ野菜類は、スーパーなどでも「賞味期限」や「消費期限」の記載がないのが普通ですから、キャベツの「日持ち」は私たちが「見た目」や「臭い」など五感で判断するコトになります。

新米ママさんからすれば、「その判断が難しい!」「どれくらいが目安なの?」って感じでしょう。

キャベツ丸ごと1玉や半分にカットされたモノ、冷蔵・冷凍など、具体的なサンプル例をあげながら、「キャベツの日持ち」の目安を見ていきましょうか。

キャベツ丸ごと1玉「冷蔵保存」した場合の日持ちは?

キャベツ丸ごと1玉「冷蔵保存」した場合、日持ちの目安は「2週間~1ヶ月」。

キャベツをより長く日持ちさせるには、丸ごと1玉のキャベツを冷蔵保存して、「使う分だけ」葉を剥がしながら使うこのスタイルが一番!。

キャベツは「寒冷地」で栽培される野菜というコトもあって、キャベツの保存に適した温度は「0℃~5℃」と低温。

冷蔵庫の野菜室では、少し温度が高いかもしれません。

キャベツは大きくてチョッと邪魔かもしれませんが(苦笑)、冷蔵庫の野菜室ではない場所で保存するのがおススメです。

丸ごと1玉のキャベツをより日持ちさせる保存方法!

1.キャベツの芯は、包丁を回すように切れ込みを入れてくり抜いてしまいます
2.くり抜いた芯の部分に、水で濡らしたキッチンペーパーを詰めましょう
3.軽く湿らせた新聞紙やキッチンペーパーでキャベツを包んで、ポリ袋に入れます
4.冷蔵庫に入れるときには、芯の部分を下向きに
5.芯の部分に詰めたキッチンペーパーは、定期的に水で湿らせ乾かないようにします

ポイントは、「キャベツの芯をくり抜く」コトと「キャベツの乾燥を防ぐ」コト!。

キャベツの芯がついたままだと、水分や栄養をどんどん吸い取ってしまいます。

また、キャベツは乾燥に弱いモノ。

芯があった部分や葉の表面を常に湿らせておくことで、日持ちはより長くなるのです。

カットされたキャベツを「冷蔵保存」した場合の日持ちは?

半分や1/4にカットされたキャベツを「冷蔵保存」した場合、日持ちの目安は「1週間」。

キャベツ丸ごと1玉なんて、なかなか「使い切れない」からと、半分や1/4にカットされたキャベツを買われる方も多いでしょう。

とはいえ、キャベツは切り口から痛みやすくなるモノ。

日持ちはグッと短くなってしまいます。

カットされたキャベツこそ、早めに使い切ってしまうのがおススメ!。

半分や1/4にカットされたキャベツをより日持ちさせる保存方法!

スーパーなどで買ってきた、半分や1/4にカットされたキャベツ。

大抵は、ラップで包まれ売られていますよね?。

より日持ちさせるなら、そのまま冷蔵庫に入れてはダメですよ!。

すぐに、切り口から黒ずんできてしまいます。

1.キャベツを包んでいるラップは外す
2.軽く湿らせたキッチンペーパーや新聞紙で包む
3.ビニール袋に入れて冷蔵庫へ

これだけで、カットされたキャベツも1週間は日持ちします。

千切りしたキャベツを「冷蔵保存」した場合の日持ちのは?

すぐに料理に使えるように、キャベツを「千切り」や「ざく切り」など下ごしらえして冷蔵庫で保存されている方も多いでしょう。

けれど、細く・小さく切ったキャベツは、そのぶん空気に触れる切り口が多くなるので傷むのも早く、日持ち目安は「2~3日」ほど。

もちろん、その日のうち~明日使うくらいなら、容器に入れてラップしておけば大丈夫!。

千切りやざく切りしたキャベツをより日持ちさせる方法!

もしも、2~3日間の料理の下ごしらえとしてキャベツを千切りやざく切りにするなら、

1.水を張った容器にキャベツを漬けて、ラップをして冷蔵庫へ
2.容器の水にレモン汁やお酢を混ぜる

レモン汁やお酢が、酸化によるキャベツの変色を防いでくれます。

しかし、ただでさえ切り口の大きい「千切りキャベツ」を水に浸すことは、ビタミンなどキャベツに含まれる栄養素が流れ出てしまうデメリットがあるコトも確か。

毎日忙しいママさんの、悩みどころですね(苦笑)。

【スポンサーリンク】

キャベツを「冷凍保存」した場合の日持ちはどれくらい?

お肉やお魚などは、冷凍保存するコトで日持ちはずっと長くなります。

キャベツを冷凍保存した場合、日持ちはどれくらいになるのでしょう?。

冷凍保存なら千切りキャベツの日持ちも1ヶ月?!

キャベツ丸ごと1玉なら、「芯をくり抜く」コトや「乾燥を防ぐ」処理をしてあげれば、冷蔵保存でも2週間~1ヶ月ほど日持ちしますが、千切りなど下ごしらえしたキャベツでも、「冷凍保存」することで1ヶ月ほど日持ちさせるコトができます。

千切りキャベツを「冷凍保存」でより日持ちさせる方法!

1.キャベツを料理に使う「千切り」や「ざく切り」にします
2.沸騰したお湯で、15秒ほどサッと茹でる
3.水をよく切り、フリーザーパックへ入れ密封
4.冷凍庫で保存

もちろん、生のままのキャベツも冷凍保存できますが、少しでもシャキシャキとしたキャベツの食感を残したいなら、軽くサッと茹でてから冷凍した方がベター!。

冷凍保存したキャベツを「火を通す料理」に使うなら、とくべつ解凍しなくてもそのまま使えます。

冷凍保存した千切りキャベツを解凍する方法!

千切りに下ごしらえして、「冷凍保存」したキャベツ。

生で食べるなら、少しでもシャキシャキ感は残したいですよね?。

キャベツの解凍は、低温でじっくり時間をかけるのがポイント。

常温解凍ではなく、前の晩から冷蔵庫へ移して7~8時間かけて解凍するようにしましょう!。

キャベツも冷蔵保存するだけで、これだけ長く日持ちします。

千切りやざく切りなど下ごしらえして冷凍保存しておくのも、忙しいママの時短テク・便利テクになりますね!。

傷んだキャベツの見極め方!こんなキャベツは食べられない?!

ここまで、キャベツの日持ちはどれくらいなのか、より日持ちさせる方法について見てきました。

最後は「こんなキャベツは食べられない?!」として、キャベツに現れる「傷み」の特徴から、傷んだキャベツの見極め方を見てみましょう。

傷んだキャベツに現れる特徴!

・黒く変色している
・ヘンな汁が出ている
・表面にヌメリがある
・腐ったような異臭がする

とくに汁・ヌメリ・異臭が現れたキャベツは、かなり傷んでいるヤバイ状態(苦笑)。

諦めて、食べない方が賢明です!。

ただ、切り口が黒っぽく変色しているだけなら、空気に触れて酸化が進んだだけ。

その部分だけ切り落して料理に使えば、食べても大丈夫ですよ。

まとめ

今回は、「キャベツの日持ちはどれくらい?」をテーマに、丸ごと1玉・半分などにカットされたモノ、冷蔵・冷凍の場合など、具体的なサンプル例をあげながら、それぞれ日持ちがどれくらいになるのかを紹介しました。

ご家庭ごとに、キャベツを使う量も違うように、それぞれベストな保存方法があると思います。

キャベツをより日持ちさせるポイントは、

・芯をくり抜く
・乾燥を防ぐ

など、処理をして保存するコトでしたね。

・丸ごと1玉のキャベツ :「冷蔵保存」で2週間~1ヶ月
・カットされたキャベツ :「冷蔵保存」で1週間
・千切りキャベツ    :「冷凍保存」で1ヶ月

千切りなど下ごしらえしても、「冷凍保存」で1ヶ月も日持ちするなら、やっぱり時短テクに使えそうです!。

キャベツは、「とりあえずキャベツがあれば…」と常備しておきたい万能野菜!。

どれだけ日持ちできるか?、それぞれのご家庭にあった保存方法を上手に見つけてみてください。

【スポンサーリンク】