毎日の出勤や通学で遅刻という失敗をしないためには、「毎朝同じ時間に起きる」ことが大切なことは重々承知。

だからこそ目覚まし時計やスマホのアラーム機能をセットして寝ているわけです。

なのに「目覚ましが聞こえない」「アラームが聞こえない」など、せっかくセットした目覚ましも虚しく…大遅刻してしまったという苦い経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?。

自分には「聞こえない」だけで、きっと目覚ましやスマホのアラームは「鳴っている」のでしょうね…。

目覚ましが聞こえないことで遅刻を繰り返すと、それが不安の原因にもなり「寝るのが怖くなってしまう」ことに繋がりかねません。

今回は「目覚ましが聞こえない原因や対策について」、わかりやすく見ていきたいと思います。

寝坊や遅刻を繰り返すことに悩んでいる方に、少しでもお役に立てる情報になればと思います。

【スポンサーリンク】

目覚ましが聞こえない原因は?!

目覚ましの電池が切れていたり、スマホのアラーム機能がバグっていない限り、きっと目覚ましやアラームは鳴っているはず…。
なのにナゼ「聞こえない」のでしょう?。

つらい悩みですが、それには原因があるはずです。

睡眠の質が下がっている?

まずは睡眠時間をしっかり確保しようと早寝を決め込んだとしても、その睡眠の質が悪ければカラダや脳の睡眠不足は解消されません。

・ベッドやマットレスの固さや、枕の高さなど寝具が合わない
・ついつい考え事をしてしまう(ストレス)
・食べすぎ
・生活リズムが不安定

などは、睡眠の質を低下させる原因になってしまいます。

眠りが浅ければカラダや脳の疲れはとれず、朝方に眠りが急激に深くなったりするケースがあります。

体内時計の狂い?

私たちのカラダには、無意識のうちに「体内時計」なるもので生活にある一定にリズムが作り出されています。

毎朝同じ時間に起きて、だいたい同じ時間に眠る。

そのリズムが狂いだすと、寝不足が徐々に積もった「睡眠負債」の状況に陥り、朝の目覚めは極端に悪くなっていきます。

毎日の仕事で、遅い帰宅になってしまうのも原因の1つではありますが、夜更かしが連日のように続けば体内時計が狂いはじめ、起きなければならない時間に「目覚ましが聞こえない」へと繋がります。

起床障害かも?!

あまり聞きなれないとは思いますが、朝起きることが難しくなる「起床障害」という病気が存在します。

朝しっかり決まった時間に起きたいと、何個も目覚ましを掛けても「目覚ましが聞こえない」、つまり起きられません。

家族が遅刻を心配して、何度も起こしても「カラ返事」でまったく起きそうな気配がしない。

そんな状況に身に覚えがあるなら、「起床障害」の可能性も疑わなければならないかもしれません。

チョッと心配になってしまった方のためにも、ここで「起床障害」について少し深く掘り下げて見てみましょう!。

起床障害とは?

起床障害とは、「睡眠障害」の1つで「朝起きることが難しくなってしまう」のが症状で、目覚ましを掛けても「聞こえない」ことから毎日のように寝坊を繰り返してしまいます。

起床障害は、大きく2つのケースに分けられます。

・起きたいのに起きられない
・起きたくないから起きられない

つまり、「起きたい」か「起きたくない」かの違いです。

【スポンサーリンク】

目覚ましが聞こえない原因「起床障害」をセルフチェック!

様々な原因からなる「起床障害」。

単に「怠け者」で済まされない思わぬ病気に罹っている可能性もあります。

自分や家族に「起床障害」の可能性があるのか否か、セルフチェックで確かめてみましょう!

起床障害セルフチェック!

・毎朝起きるのに時間がかかってしまう
・毎晩寝つきが悪い(なかなか眠れない)
・ついつい夜更かししてしまう
・夜中に何度も目が覚めてしまう
・睡眠中に呼吸が止まっている(他人からの意見含め)
・メンタル系の病いがある
・生理前または妊娠中(女性の場合)

これら7つの項目のうち、当てはまる項目が2つ以上ある場合には起床障害であることが疑われます。

中でも、「夜中に何度も目が覚めてしまう」「睡眠中に呼吸が止まっている」ことについては、根本となる病気が隠されている可能性が高いことが考えられます。

気になる方は、病院で相談された方がいいでしょう。

目覚ましが聞こえない!効果的な対策とは?!

「目覚ましが聞こえない」ことの原因に「睡眠の質」や「体内時計の狂い」などが挙げられますが、効果的な対策として、まず睡眠の「環境作り」が大切でしょう。

特に「体内時計」が狂ってしまっている場合には、周囲の環境によって「これから寝る時間だよ~」カラダや脳へ思わせることが大切になります。

例えば、

・部屋の電気を暗くする
・部屋の温度や湿度を心地よいものとする
・音や光を伴う電化製品は遠ざける
・好きな香りを置いてリラックスする

など、部屋を暗く静かな空間とすることだけでなく、お香やフレグランスなど好きな香りを漂わせることでリラックス効果を高め「寝る」ことを脳へ促します。

逆に朝起きるときにはカーテンや窓を開け、朝の太陽を部屋へ取りいれることは体内時計を正しくすることへ繋がります。

でも実際には、目覚ましが聞こえないのが悩みなのですから、「起きてカーテンを開ける」というのは難しそうです。

そこで紹介したい目覚ましが、光を利用した「光目覚まし」

いったいどんなモノのか、見てみましょう!。

「光目覚まし」

目覚ましの「音」が聞こえないなら、「光」の力を利用して起きるのが「光目覚まし」。

これまで日本ではあまり聞きなれない「光目覚まし」ですが、元々は北欧の夜がとても長い地域、特に一日中太陽が昇らない「極夜」のある地域で自律神経のリズム、「体内時計」の狂いを防ぐために開発されたモノです。

起きたい時間に合わせて、「朝日に負けない強い光」を照射することで起こしてくれます。

カーテンを閉ざし暗くした部屋寝ている状態から、「朝だよ~!起きて~!」とカーテンを開けられ起こされるようなイメージです。

目覚ましのアラームでは起きられなかった方でも、決まった時間に起きられて夜に自然と眠りにつく生活リズムが身につくことが期待できるアイテムです。

以前はさすがに海外製のモノが多かったのですが、最近は使いやすい国産の光目覚ましも多々紹介されています。

なかには、設定時間の30分まえから光リはじめ、設定時間に太陽光と同等とされる「20,000ルクス」になるという、まるで実際の夜明けのようなモードを搭載しているモノもあるようです。

「大音量+強力振動」の強力目覚まし!

光目覚ましの起床効果も魅力的ですが、コスト的には2~3万円といったところ。

もう少しコストを抑えてしっかり対策したいという方には、「大音量+強力振動」で起こしてくれる目覚ましがおススメ。

カラダを強い振動で揺さぶるように、「起きて~ッ!」とばかりに起こしてくれます。

スヌーズ機能で「何度も」大音量+強力振動で起こしてくれるのは、頼もしい目覚ましアイテムですね。

まとめ

今回は「目覚ましが聞こえない」ことについて、原因や対策について紹介しました。

起きたいのに起きられない、目覚ましが聞こえない原因は、

・睡眠の質が下がっている
・体内時計の狂い
・起床障害

などにあることが多いので、まずは睡眠環境を整えカラダや脳を十分に休めることが大切なことがわかります。

今回、「起床障害」のセルフチェックも紹介してみました。

「夜中に何度も目が覚めてしまう」など、気になる方は病院で相談されることも必要かもしれません。

「目覚ましが聞こえない」ことから、遅刻などの大失敗を経験すると「睡眠」自体が不安の原因になってしまいかねません。

対策として、「これなら確実に気持ちよく起こしてくれる」という起床アイテムを用意するのがいいのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】