冬の美味しい果物の代表格といえば、「みかん」でしょう。

ビタミンCも豊富に含まれ風邪予防も期待できますし、家族団欒、リビングでテレビを見ながら食べるにも最適な果物です。

冬になると、スーパーなどでダンボール箱で「箱買い」するという方も多いですよね。

箱買いの方が、少しづつ買うよりもコスパが高いんですよね。

でも、みかんを箱買いしたときに気になるのが、みかんの「カビ」ではないですか?

みかんを箱買いするたびに、ほぼ毎回カビが…という方も少なくないのではないでしょうか。

カビが生えて捨てるみかんが増えてしまえば、本当にコスパが高い買い物だったのかも分からなくなってしまいます。

カビが生えても、その部分だけ残して食べてしまうというツワモノもいらっしゃるようですが、どうなんでしょう?。

また、カビが生えたみかんの周りのみかんは大丈夫なのでしょうか?。

周りのみかんもカビが心配なので、一緒に捨てているという方も多いでしょう。

今回は、ダンボール箱買いした「みかん」の悩み、「カビ」に焦点をあて、様々な角度から見ていきたいと思います。

【スポンサーリンク】

みかんにカビが生える原因は?

「みかん」は果物・生もの。

昔からカビが生えやすいことは経験上知っているので、家の中でも寒いところに保管している方が多いと思います。

なのに…みかんにカビが生えてしまうんですよね。

みかんは本来、カビに強い果物であるとされています。

みかん農園で収穫されたみかんは、その後の保存状態がよければ3ヶ月以上もカビずにいるのだとか。

なのにダンボール箱買いしたみかんに、カビが生えてしまう原因とは…?。

そのポイントとなるのが、キズやダンボール箱の中での圧力(重み)による痛みとされています。

みかんのカビは皮表面のキズが原因?

みかんの皮表面にできたキズが、痛み・カビが生えることへの直接的な原因となります。

収穫前に木になっている時にも、虫や鳥によってキズつけられることもあるでしょう。

収穫後にも、他のみかんの固いヘタが当たったりして目に見えないキズがついてることは、不思議なことではありません。

収穫後の目視による選別をすり抜けたみかんは、カビやすい状態でダンボール箱に詰められてしまうのです。

ダンボール箱の中での圧力(重み)?

ダンボール箱の中には、ギッシリみかんが詰められています。

あれだけ詰められていれば、箱の底の方のみかんには上のみかんの重みが相当圧し掛かっているのは当然です。

ゆっくり長い圧力であったり、トラック輸送中の振動による圧力などで、みかんの中では普段食べている「薄皮」が痛み・穴あき・破れてしまうのです。

さらにその果汁は、表皮の細かな穴からにじみ出てくることでカビ菌と接触することとなってしまうのです。

みかんにカビ!周りのみかんは大丈夫?

カビが生えたみかんを1個見つけたら、まずはそのみかんを取り除くのはもちろんですが、その周りのみかんにも注目しましょう。

みかんのカビ菌は移りやすく、キズあるみかんなら直ぐにカビが生えてしまいます。

カビが生えているものが無かったからと油断せず、カビが生えていたみかんの周りのみかんには、カビ菌が移っている可能性があるので、表面を拭いたり洗ったりするなどして、優先的に早めに食べてしまいましょう。

【スポンサーリンク】

カビが生えたみかん…食べても大丈夫?

「カビが生えたみかん、捨てるに決まってるでしょ!」という方が多い中、カビの部分だけを捨てて、カビていなさそうな部分は食べてしまうという方も少なくないのだとか。

確かに「もったいない」という思いも分からないではありませんが、カビ菌は目に見えずともみかんの中で繁殖している可能性が高いと思った方がいいでしょう。

先の「周りのみかん」は、本来カビにくいみかんの皮に守られているので大丈夫なケースが多いのですが、「カビが生えたみかん」となると、全体的にカビ菌が回っていると思うのが賢明です。

「えっ!、いつも食べちゃってるけど?」という方は、強い免疫力の持ち主だったりするかもしれません。

そんなツワモノを自称される方も、体調が優れないときには間違いなく食べない方がいいと思います。

みかんにカビが生えない保存方法

カビが生えたみかんは食べられませんし、同じダンボール箱の周りのみかんも心配です。
(カビてなければ大丈夫!)

冬シーズン中に1~2回買うかもしれない、ダンボール箱買いのみかんです。

できる限り「カビが生えないようにしたい!」、そう思うのが当然です。
「みかんにカビが生えないために出来ること」を、いくつか紹介したいと思います。

少し手間が掛かる部分もありますが、カビが生えなければ、みかんのダンボール箱買いのコスパは確実に上がりますよ!。

保管温度

みかんは「ハウスみかん」などを除けば、基本的に旬は冬。

保存は常温でOKです。

冬場なら、廊下や玄関近くなどは、風通しもよく家の中でも温度が低く安定しているので、みかんの保存にはもってこいの場所でしょう。

すぐに食べられる「手が届く」と、暖かな部屋の片隅においておくのはハッキリ言って「NG」です。

ダンボール箱の蓋も閉めずに「開けっ放し」にして、上にパラリと新聞紙でも掛けておくスタイルが通気性も保てていいみたいですよ。

みかんにカビが生えないために大切な環境とは、なるべく「低い温度」で「通気性を良くする」これに尽きます。

小分けにする

ダンボール箱の中では、底の方のみかんほど圧力(重み)が掛かり痛みやすいのは確かです。

たくさんのみかんが詰められた箱内は、通気性もままなりません。

出来れば複数箱を用意するなど小分けにして、みかん1個1個に重みが掛からないようにしてあげられればベストです。

みかんのローテーション?!

小分けにしておくにも、箱数が増えてスペース的な問題もあるという方には、「みかんのローテーション」がおススメ。

自動車のタイヤのローテーションと同じで、同じ部分に負荷が掛からないようにする工夫です。

時折、ダンボール箱からみかんを出して、底の方にいたみかんを上にしてあげるように、上下入れ替えをしてあげるのです。

痛む=カビの原因、その流れを防ぐ工夫です。

・箱へ並べ直すときには、みかんの「ヘタ」を下にしておく
・フカフカ柔らかいものを見つけたら、食べる優先順位をあげる

柔らかくなっても、カビが生えたり腐っていないのであれば、まだまだ大丈夫!。

優先的に食べるみかんとして、よけておきましょう。

またみかんを痛みにくくする工夫の1つとして、固いヘタの部分が下になるように並べていくと重みでの痛みの度合いを抑える効果が期待できます。

まとめ

コスパの高さを求めて、冬になるとみかんをダンボール箱買いするという方が多いと思いますが、カビが生えてしまったみかんや、周りのみかんを捨てていることを考えると如何なものかと…感じることもあったと思います。

今回の記事の中でも紹介したように、カビが生えてしまったみかんは当然のように「サヨナラ」するしかありませんが、周りのみかんに関しては、カビが生えてなければ中は大丈夫、早めに食べてしまいましょうとのことでしたね。

今回は、ダンボール箱買いしたみかんの保存方法まで紹介したのですが、みかんも「買いっぱなし」ではダメってことです。

家族が食べる大切な果物ですから、「可愛がって」あげなければ長持ちしないということでしょう。

・買ったダンボール箱のままにせず「小分け」にする
・時折、ダンボール箱のみかんを上下を入れ替えてあげる
・並べ替える際は「ヘタ」を下に

このあたりを意識してあげると、みかんのカビにガッカリすることも少なくなると思います。

【スポンサーリンク】