ダウンロード (41)

夏の時期は特に内臓の冷えが自律神経の働きを悪くしています。

温かいお味噌汁が特に一番のお薦めです。

夏のお味噌汁は熱々のお味噌汁を食べることが一番身体に効きます!

夏バテ、むくみ、消化不良、体調不良を感る方、熱々のお味噌汁を1週間朝晩しっかり食べるといいですよ。

身体(内臓)は思っている以上に非常に冷えきっています。

夏場は氷が入った飲み物、冷たい食べ物の機会が増えます。

冷奴や冷やし中華、そうめんや蕎麦、うどんのつけ麺、アルコール好きの方にとっては、たまらなく美味しいビール。

冷えた物を飲み、食べ続けていると身体を冷蔵庫にして過ごしているのと同じです。

夏の入浴は、シャワーのみで済ます方が多くいますが、シャワーは身体の汚れを落とすのが目的で、よく眠れない、目が覚めてもすっきりしないことにもつながります。

温かいお味噌汁を食べて湯船に浸かって早めに寝ましょう。

これは大人だけではありません。

子どもは夏休み中で尚更です。

エアコンの環境も良く、冷たい飲み物とアイスもよく食べます。

起きる時間から寝る時間まで1日の生活が乱れやすいです。

また夏休み中は給食がないので栄養バランスも崩れやすくなっています。

自分の身体はもちろん家族の身体の自律神経を整えることを意識して熱々のお味噌汁を食べましょう。

胃や腸の細胞レベルで身体を温めて全身の巡りをよくしていきましょう。

【スポンサーリンク】

夏野菜でお味噌汁を作りましょう。

冷蔵庫の中にある夏野菜で充分です。

オススメは、なすとさやいんげんとオクラとレタスとみょうがのお味噌汁です。

なすとさやいんげんとオクラとレタスとみょうがのお味噌汁

材料

・なす
・さやいんげん
・オクラ
・レタス
・みょうが
・トマト
・お味噌
・油揚げ(お好みで)
・青唐辛子(お好みで)

作り方

だし汁を火にかけ、切った野菜をゆでます。
全部の野菜が煮えたらトマト大1個~2個を洗って皮ごと大まかに切ってミキサーにかけてトマトジュースを作ります。
煮えた具材の中にトマトジュースを入れて、味噌を溶いてください。
ひと煮立ちしたら火を止めて出来上がりです。

トマトの酸味が効いて美味しくなります。

どんな具材のお味噌汁にもこのトマトジュース合います。

少し油揚げを入れると全体がまとまる感じです。

青唐辛子を細かく刻んで投入すると、ピリッとしたお味噌汁が身体を更に温めてくれます。

ちなみに、お子さんがいるご家庭では青唐辛子は別皿に添えてお好みに合わせて入れると良いでしょう。

お腹がじわじわと温まるのを実感してださい。

夏バテ改善と共に、秋への季節の変わり目をいかに元気に過ごすかによって、秋以降の体調が決まってきます。

食材のちょっとしたお話。栄養と効果、効能。

なす

ポリフェノールの一種でアントシアニン系のナスニン

皮ごと調理するとナスニンを効率よくとることができます。

切り口を褐変させるクロロゲン酸にも抗酸化作用があります。

身体を冷やす作用があり、夏バテ予防にも有効です。

さやいんげん

疲労回復効果・夏バテ防止に有効です。

β‐カロテンを含み抗酸化作用に優れ免疫力のアップ、体内の老化防止、肌を整える働きや新陳代謝の向上効果も期待できます。

シワやたるみ、肌荒れ、くすみといった肌老化予防にも役立ちます。

デトックス効果、貧血の予防、便秘解消効果、満腹感の維持もあります。

むくみの解消に役立ちます。

【スポンサーリンク】

オクラ

ペクチンムチンが含まれています。

整腸作用があり、血糖値の急激な上昇を抑えて糖尿病予防にも効果的です。

胃粘膜を守り胃潰瘍を予防し、タンパク質の吸収を助けて体力増強に役立ちます。

レタス

β‐カロテン、ビタミンC・E、葉酸、ビタミン、カリウム、鉄分、ミネラルをバランスよく含んでいます。

利尿作用があります。

整腸作用のある食物繊維があります。

みょうが

α(アルファ)-ピネンが大脳皮質を刺激する効果があります。

胃の働きを活性化させて食欲増進、発汗作用で熱を冷ます効果があります。

頭をシャキッ!とさせて眠気を覚ます働きもあります。

呼吸を整えて循環を良くする、血液の循環を促進する働きをします。

青唐辛子

β‐カロテン、ビタミンC・Eが含まれています。

カプサイシンで発汗作用のほか、体脂肪を燃焼させる働きがあり、肥満予防に効果があります。

風邪予防や美肌効果に役立ちます。

トマト

リコピン、ビタミンC、ムチン、カリウムが含まれています。

がん、動脈硬化、日焼け、シミなど肌トラブルに役立ち、美肌効果に最適です。

紫外線による肌の酸化はコラーゲンをも減少させます。

リコピンを摂取することでコラーゲンの減少を抑制しながら、コラーゲンの生成を助けるという効果もあるため、毛細血管を強くする、余分な塩分を排出する働きをします。

皮膚の炎症や髪のトラブルに役立ちます。

油揚げ

食物繊維やグリシニン、ダイズサポニン、カルシウム、ビタミンEが含まれています。

コレステロールを減少させてくれます。

抗酸化作用、骨の健康維持に役立ちます。

ストレスを緩和させてくれます。

また血行促進や老化防止効果などに役立ちます。

【スポンサーリンク】