「餅つき」は、新年を迎える「年末」の風物詩ですよね。

ご近所の町内会や商店街でも、「餅つき」のイベントが催されるのではないでしょうか?。

「ヨイショ!」「ハイ!」の掛け声で、杵と臼でつく本格的な餅つきは、やっぱり気持ちイイし、子供たちも「やってみたい!」と思うモノです。

ご家庭での餅つきとなると、電気「餅つき機」の出番でしょうか。

意外と安価で、つき立てのお餅が食べられて、これがまた美味しいんですよね!(笑)。

そんな年末行事の「餅つき」も、やはり由来があってのモノですし、チョッとでも縁起を担ぐならば、餅つきする「日にち」にこだわるコトで、より気持ちよく新年が迎えられると思います。

ということで、今回はのテーマは「年末に餅つきをする由来は?日にちはいつがいい?」。

子供たちにも説明できるように、1つ1つ探っていきましょうか。

お子さんから「どうして年末に餅つきをするの?」なんて質問されても困らないように…(苦笑)。

【スポンサーリンク】

年末に餅つきをする由来は?!

日本に「稲作」が伝わったのは縄文時代。

以降、稲から採れるお米は、私たちの主食となり生命力を高める神聖なモノと崇められるようになりました。

さらにお米をついて作る「お餅」や、お米から造られる「お酒」チカラはより高いモノだとされてきたのです。

お酒が神事で「御神酒」とされるように、お餅もお正月の「鏡餅」をはじめ、桃の節句の「菱餅」、端午の節句の「柏餅」など行事食として定着していきます。

また餅つきは、「ヨイショ!」「ハイ!」の掛け声で息を合わせるように、1人ではできませんよね。

そう、年末に餅つきをする由来には、その年の収穫をともに喜び、地域の連帯感を高めるといった「社会的意義」があるコトも1つとされています。

年末に餅つきしなければ「歳神様」をお迎えできない?!

お正月のお餅といえば、そう「鏡餅」ですね。

門松やしめ飾りなど、正月飾りの1つです。

古くから、新年・元旦には「歳神様」がやってきて、新年の魂(歳魂・としだま)を授けられると考えられてきました。

なかでも、歳神様の魂が宿るとされているのが「鏡餅」だったんです。

つまり、餅つきというのは年末にする必要があるモノ。

俳句の世界では、「冬の季語」になっているのも納得ですね。

季語でいうと、鏡餅や雑煮は「新年の季語」なんだそうです。

年末に餅つきをする由来には、新年に「歳神様」をお迎えするための「正月飾り」を用意するという、大切な意味があったんですね。

お年玉の由来は鏡餅?!

以前、「お年玉の意味を子ども向けに説明すると」の記事でも紹介したように、お年玉の由来は鏡餅にあるんです。

現代の子供たちはすっかり、お年玉といえば「お金」だと思っていますが(苦笑)、元々は鏡餅に宿った「歳神様」からのありがたい「歳魂・としだま」を割り、家族みんなで分け合い食べることが「御歳魂・おとしだま」の言葉の由来だったんです。

お正月にお餅を「雑煮」などにして食べる風習も、元々はお供えした鏡餅を食べるコトで歳神様からの「歳魂」を分けていただくというのが由来だったんです。

それがなぜ、お年玉は「お金」になってしまったんでしょうかね?。

年末に餅つきをする日にちはいつがいい?!

新年に「歳神様」が宿るとされる「鏡餅」を用意するのが、年末に餅つきをする由来。

ならば、餅つきをする日にちはいつがいいのでしょう?。

日にちについても、以前紹介した「正月飾りはどこに飾る?いつ頃飾る?」の記事にもあるように、正月飾りを含めたお正月の準備期間としては、「松の内」に入る12月13日(関東では12月8日)~年内12月28日までいいとされています。

なかでも「12月28日」は、日本人の大好き「末広がり」の八の字が含まれているので、餅つきをする日にちとしても「縁起がいい」とされています。

つまり「12月28日」は、餅つきをする日にち、飾る日にちともに「縁起がいい日」というコトなんですね。

では、年末12月28日以降の、「29日・30日・31日」ではなぜよくないのでしょう?。

【スポンサーリンク】

年末に餅つきをするのがよくない日にちは?!

餅つきを含めたお正月の準備期間としては、末広がりで縁起がいいとされる「12月28日」までとされています。

では、そのあと年末大晦日まで残された「29日・30日・31日」の3日間は、なぜよくないのでしょう?。

12月29日

29日は「二十九」。

九は「苦」となり、「二重に苦しむ」コトが連想され、餅つきをするのはよくない日とされています。

しかし、「29」を「福(ふく)」と読むことで、29日につくお餅は「福餅」、縁起がいいとする地域もあるのだとか(苦笑)。

ネガティブをポジティブに変えてしまう…。

ホント日本人っていいように「語呂合わせ」するもんですね(笑)。

12月31日

正月飾りを31日の「大晦日」に飾るのは「一夜飾り」といって、まるで「慌てて用意しました」と言わんばかり…。

歳神様へも失礼だとされ、縁起が悪いとされています。

さらに言えば、つき立てのお餅は一晩ではシッカリ固まってくれません。

無理やり二段に重ねたお餅は、沈んでしまうので縁起が悪いという説もあります。

12月30日

あまりネガティブ要素がなさそうに思える「30日」ですが、実は30日というのは旧暦で毎月「晦日」であって、現在の暦の31日「大晦日」と同じ意味を持つ日にちだったのです。

つまり、30日に餅つきをするのは、大晦日の「一夜飾り」と同様の意味になってしまうモノなのです。

まとめ

今回は、「年末に餅つきをする由来は?日にちはいつがいい?」をテーマに探ってきました。

餅つきは、「年末の季語」となるように、古くから伝わる年末の風物詩。

年末に餅つきをするのは、正月飾りの1つ「鏡餅」に由来するモノでした。

正月飾りは、新年に「歳神様」をお迎えするためのモノ。

なかでも、歳神様の魂「歳魂・としだま」が宿るとされる「鏡餅」を用意するために、餅つきは年末にする必要があったのですね。

昨今は、年末の餅つきを体験するコトも少なくなってきていると思いますが、町内会や商店街のイベントに参加されるというのも、けっこう楽しいモノだと思いますよ。

実際に餅つきするとわかるように、重い「杵」をまっすぐにつくのって意外とムズカシイんですよね~(笑)。

最後に食べる「つき立てのお餅」は、格別に美味しいですしね(笑)。

それを、子供たちと一緒に経験するにもだいじなコトなんじゃないかなって思ったりします。

ご自宅で電気「餅つき機」で餅つきするのも、「年末気分」が味わえて楽しいモノです。

そこに、餅つきする「いい日にち」を考えられたら、さらに気持ちよく新年を迎えられるのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】