これからの季節、気持ちよく寝ていると、どこからともなく「ぷ~ん…」と耳障りな音をたてて近づいてくる「蚊」

もしも夏の「嫌なモノ」選手権があったなら、「蚊」は間違いなく上位に食い込んでくるのでしょうね。

毎年のことながら、あの耳障りな音で起こされ、さらに血を吸われようものなら、痒いのなんの…。

ひどい時には、耳元で飛ぶ蚊の音と痒みとの格闘で、寝られない夜を過ごすことになってしまいます。

明るいウチなら、肌に止まっていた蚊を見つけては「パシっ!」と退治できることもありますよね。

「ヨッシャ~!」って感じです。

でも、さほど血を吸わないタイミングだったハズなのにナゼか痒い…。

蚊が血を吸った後に痒いのは「仕方ないな」とあきらめるとしても、血を吸わないタイミングで蚊をやっつけたハズなのにナゼ痒いのでしょう?。

今回は、血を「吸った」「吸わない」に関わらず、痒い「蚊」のナゾを探ってみましょうか。

【スポンサーリンク】

蚊はナゼ血を吸うの?!

蚊はナゼ、ワタシたち人の血を吸うのでしょうか?

蚊がワタシたち「人」の血を吸った・吸わないは、彼ら「蚊」の生死には関係がない様子。

蚊が生きる上で必要なエネルギー(主食)は、蝶などほかの昆虫類と同じように「花の蜜」や、「樹液」などから得られる「糖分」なのだとか。

へぇ~、蚊も花の蜜を「チュ~チュ~」してたのね(笑)。

では蚊はナゼ、ワタシたちの血を「求め」吸いにくるのでしょうか?。

血を吸った蚊は「メス」の蚊?!

蚊にとって、ワタシたち人の血を吸った・吸わないが関係してくるのは、「メス」の蚊の産卵量の増減。

そもそもオスの蚊には、血を吸うための針すらありません。

そう、昨晩ワタシの血を吸った憎き蚊は「メスの蚊」。

主食である花の蜜や樹液の糖分だけでも産卵じたいは可能らしいのですが、ワタシたちの血を吸ったことで得られた「たんぱく質」によって、産卵数が飛躍的に多くなるというのです。

蚊が血を吸ったあと痒いのはナゼ?!

蚊は、ワタシたちの肌に止まってから「針」を刺し、血を吸ったあと飛び立つまで、

なんと約2分30秒もの時間を費やしているだとか!。

そんなにも長い時間、血を吸われてるコトにワタシたちは気づきません(苦笑)。

スヤスヤ寝てれば気づくこともなく、蚊が血を吸った後「痒い!」とやっと気づくのが普通です。

調べてみると、あの「ぷ~ん…」と近寄ってくる蚊は、驚くべきスゴイ「知能犯」でした!。

「えっ、蚊って血を吸うためにそんなコトしてるの?!」ってビックリすると思いますよ。

蚊は6本モノの針を使い分けて血を吸う!?

叩けばいとも簡単に潰れてしまう「蚊」ですから、針が「極細」で気づきにくいのはわかりますが、なぜ「痒い!」となるまで血を吸われたコトに気づかないのでしょう。

それは、蚊は針の格納ケースとなる「下唇(かしん)」と呼ばれる中にある、「6本」モノの針を使い分けることに尽きます。

ワタシたちに気づかれないように蚊が「血を吸う」作業の流れは、まるでオペ(手術)ですよ!。

6本の針を、「血を吸う」作業の流れに沿って見てみましょう。

小顎(こあご)

小顎と呼ばれる2本の針。
先端はノコギリ状になっていて、血を吸う針「上唇」を刺すために皮膚を切り裂いていきます。

咽頭(いんとう)

小顎で皮膚を引き裂く痛みをワタシたちに気づかれないための「麻酔成分」、さらにこのあとスムーズに血が吸えるよう「血が固まらない成分」が含まれた「唾液」を注入するための1本の針。

大顎(おおあご)

小顎で切り裂いた穴を支える2本の針。
手術器具に例えるなら、このあと血を吸う針「上唇」を刺す入り口を確保する「鉗子(かんし)」のようなモノ(針)でしょう。

上唇(じょうしん)

下唇に格納されている6本の針のうち、満を持して登場し、実際に血を吸うメインの1本針
毛細血管を探り出し、ポンプのように血を吸い上げていきます。

蚊が血を吸った後はどうなる?!

蚊が血を吸った後は?って、「痒い」に決まってるでしょ!?。

たしかにその通り…(苦笑)。

ただその「痒い」原因は、「血が吸われたから」ではありません。

蚊は、ワタシたちのカラダに「お土産」をおいて飛び立っていくのです。

蚊がワタシたちの血から欲しいのは、産卵数を増やすための「たんぱく質」だけ。

血に含まれる多くの水分は、お尻から「オシッコ」としてワタシたちの肌へ排出しています。

なんだって?!「血を吸った」だけでなく、オシッコまでしていくのかい!?。

お腹のスペースを確保しながら、たんぱく質タップリ「最高MAX」まで血を吸い、お腹を満たして飛び立っていくのです。

でも問題の「お土産」は、お尻からのオシッコではありません!。

先の「血を吸う」作業のなかで紹介した、麻酔成分や血が固まらない成分として注入された蚊の「唾液」。

2分30秒もの時間を掛けて血を吸う間、唾液を10回以上も注入し続けるとされています。

痛み止めの点滴を受けながら、採血されてるようなモノ?(苦笑)。

蚊の唾液がワタシたちのカラダに入ると、「アレルギー反応」を起こし、結果として「痒い!」と蚊に血を吸われたことに気づくワケです。

【スポンサーリンク】

血を吸った蚊は飛ぶのが遅い!?

そりゃそうです!、「お腹いっぱい!」になるまで時間を掛けワタシたちの血を吸ったのですから。

カラダが重くて飛ぶのもたいへんでしょうね。

テレビに夢中で、パッと見たら足のスネからフラフラ飛び立つ「蚊」を見つけたら、きっと長い間あなたの血を吸った後飛び立った蚊かもしれません。

血を吸われた「仇」を打つなら、飛ぶのも遅いこの瞬間でしょうか!。

蚊が血を吸わないのに痒い?!

こんなシチュエーション…。

テレビを見ながらくつろいでいたら、1匹の蚊があなたのヒザのあたりに止まっている姿を見つけました。

「オイオイ待てよ!」「血を吸わないで!」とばかりに、パシンッ!と蚊を叩いてやっつけた!。

血を吸わないタイミングでやっつけられた!と「ラッキー」に感じてたのに、結果的にあとあと「痒い!」ってなんでよ?ってコトありませんか?。

蚊って、血を吸わないのに痒いってコトあるの?!。

血を吸う前の「麻酔」唾液が注入されていたら!

蚊が血を「吸った」際に注入された唾液だけでなく、たとえまだ血を吸わないタイミングでパシッとやっつけたとしても、既に唾液が注入されていたらアウト!。

痒みとともに、赤く腫れるコトになります。

さらに、血を吸わないタイミングでパシッとやっつけてしまうと、「痒い」のはより強くなるのだとか!?。

じゃあ、肌に止まった蚊を見つけたら「どうしたらイイのよ!」って話です。

蚊が血を吸うのを最後まで見届ると痒いのが軽くなる?!

肌に止まった蚊を見つけたタイミング、「いつ」肌に止まったかにもよります。

①血を吸いに肌に止まったばかり
②これから血をすう為にノコギリ状の小顎と呼ばれる針が刺されたあたり
③咽頭で麻酔となる「唾液」を注入
④上唇で血を吸っているとき
⑤血を吸った後

ハッキリ言うと、③以降にパシッとやっつけても後々「痒い」は免れないでしょうね。

問題となるタイミングは、血を吸った・吸わないではなく、③の麻酔となる唾液が注入されたか否かです。

血を吸った後に唾液を回収している!?

蚊が血を吸う前に注入している「唾液成分」が痒みの原因とされていますが、ワタシたち人に「血を吸っている」ことに気づかれないように注入された唾液は、血を吸った後「可能な限り」回収して飛んでいきます。

ということで、悔しいかな「蚊が血を吸う」姿を見掛けてしまっても、血を吸ったあと「唾液」を回収して自ら飛び立つまで待つことが、その後の「痒い度数」が軽くなるコトへつながるのだとか。

血を吸いやすくするために注入した唾液を、最後は回収して飛び立つ。

その全てが完璧なら「放っておいてもイイかな?」なんて思ってしまうほどなのですが…。

蚊が血を吸っている間にも、どんどん唾液はカラダの方へと入っていってしまうので、最後の回収作業も追いつきません。

回収しきれなかったアレルギー物質となる「唾液」は、カラダに残され痒みへとつながるのです。

そう、蚊の最大の「お土産」は、回収しきれずカラダに残していった「唾液」だったのです。

まとめ

今回は、蚊が血を吸った後に痒い!、吸わないのに痒い!そのメカニズムを見てきました。

蚊がワタシたちの肌に止まってから、血を吸うまでの作業を針の種類と使い方の流れとともに紹介しましたが、

麻酔しつつ、切って、開いて、管を通して血を吸う…。

まさに、外科医が手術しているが如くです。(驚愕でした!)

今回の記事で、血を吸わないタイミングで見つけてパシッとやっつけても、後々痒いのはナゼなのかもわかりましたね。

唾液が注入された時点でアウトだったんです。

また、蚊は血を吸った後、麻酔成分の「唾液」を可能なかぎり回収して飛び立つというのが「ホント」なら、血を吸ったあと飛び立つまで「じっと我慢!」することが、後の痒みを軽くしてくれる効果があるのだとか。

でも、そんなの絶対ムリですよね!(苦笑)。

【スポンサーリンク】