寒い冬の夜は、少しでも暖かくして眠りたい

エアコンやストーブなど暖房効かせた部屋なら、どんな寝方をしても寒くないかもしれませんが、光熱費も嵩むし部屋も乾燥するので風邪をひきやすくなるともいわれます。

高級な羽毛布団やカシミヤの毛布を使えば、たしかに暖かな眠りの環境が期待できそうではありますが、如何せんお値段も張りますしね。

となると、今手持ちの毛布や布団で「いかに暖かく眠れるか?」を考えたいものです。

皆さんは寝るときの掛け布団と毛布の関係、使い方ってどうしていますか?。

その時の気温によって、毛布だけだったり、掛け布団だけだったり、暖かさを求めてその両方を組み合わせるなど色々工夫されていると思います。

実はこの掛け布団と毛布の使い方、綿布団の場合と羽毛布団などの場合とで、分けて考えた方が効果的なのだとの情報を掴みましました!。

今はコストを抑えた綿布団も、軽くて暖かいモノが開発されているので、一人暮らしの方にはありがたいモノですしね。

そこで今回は「毛布の使い方」として、「綿布団の場合には綿布団の上か下かどちらが正しい?」を中心に、わかりやすく紹介してみたいと思います。

【スポンサーリンク】

綿布団の場合には毛布は綿布団の下!

綿布団の下に毛布。

これって、昔から日本でよくみられる毛布の使い方だと思います。

掛け布団の素材に関わらず、現在もこの使い方・スタイルの方が多いのではないでしょうか?。

日本ではその昔から、掛け布団は「綿布団」が主流でした。

綿布団はあとで紹介する「羽毛布団」などのように、カラダの熱によって膨らみ保温効果が高まるようなことがありません。

なので、綿布団の場合には毛布を下にしてカラダを温め、綿布団で包みこむ。

これが正しい使い方といえるでしょう。

日本で昔から多くみられるこのスタイルは、理に適っていたモノだったのです。

毛布を敷布団の上に敷いて暖かさアップ!

綿布団の場合には、毛布は綿布団の下が正しい使い方のようですが、毛布を敷布団の上に敷くことでカラダを上下から温め、綿布団で包みこむスタイルが暖かさアップでおススメです!。

私たちが眠る布団の中の熱を保温してくれるのは、4割がカラダの上に掛ける側の布団や毛布で、6割が敷く側の寝具とのことです。

つまりカラダから発せられる熱は、敷き布団を通して下へ下へと逃げてしまう形。

であれば敷き布団の上に毛布を敷くことで、布団の中の熱が逃げにくくなり暖かさアップとなるのです!。

綿布団の場合の毛布の使い方は、「綿布団の下」+「敷布団の上」がおススメ!。

朝までポカポカですから。

毛布の使い方で掛け布団の上がいいのは?!

同じ毛布でも、掛け布団の素材によって正しい使い方、おススメの使い方は変わってきます。

たとえば「羽毛布団」

羽毛布団の中の羽毛は、カラダからの熱で膨らみさらに暖かな空間を作り出します。

羽毛布団は直接カラダに触れさせるのがいいとされています。

暖かさでいえば、パジャマも邪魔なくらいで「すっぽんぽん」で寝るの一番なのだとか。

羽毛に体温が伝わることで「保温効果」が高くなるためで、毛布を間に入れてしまうとカラダから発する熱が羽毛布団に伝わりにくくなってしまう。

つまり羽毛布団の場合の毛布の使い方は、羽毛布団の上が正しいといえるでしょう。

イメージとしては、体温で羽毛が膨らみ温かな空間が作られ、毛布で熱を閉じ込めるという感じですね。

【スポンサーリンク】

毛布の素材によっても使い方が違う!?

一口に毛布といっても、素材によって性質が異なることから、保温効果をより効果的なものとするための正しい使い方は違ってきます。

「掛け布団の上か下か?」その使い方の見極めの基準は、その毛布が天然繊維で作られたものか、アクリルやポリエステルなど人造繊維で作られたものかの2つ。

天然繊維の毛布は掛け布団の下に!

カシミヤやウール、シルクといった天然繊維で作られた毛布は、熱を蓄えつつ蒸れにくいという性質があるのでカラダに直接掛けるのがベスト。

高価な動物性繊維で作られた毛布も、掛け布団の上での使い方では効果が得られません。

人造繊維の毛布は掛け布団の上に!

アクリルやポリエステルなど人造繊維で作られた毛布のよさは、「コストが抑えられる」ことだけでなく、熱を逃がしにくいという性質があげられます。

人造繊維の性質を活かすなら掛け布団の上に掛けるのがベストです!。

人造繊維の毛布は熱を閉じ込めてくれるメリットが大きいのですが、逆に汗を吸収できないこと、湿度の調整機能がないことがデメリットとなってしまうので、肌に近いところで使うと湿気がこもりやすい状態であるといえます。

まとめ

寒い冬の夜に、少しでも暖かくして眠るための工夫。

今回は、毛布の使い方について紹介しました。

掛け布団+毛布の組み合わせで、暖かな眠り環境を求めますが、毛布の使い方1つで暖かさが大きく変わってくるようですね。

・綿布団の場合には、毛布はカラダに近い掛け布団の下へ
・羽毛布団の場合なら、熱を閉じ込める感じで掛け布団の上へ

また毛布の素材によっても使い方が違いました。

・天然繊維の毛布ならカラダの近く、掛け布団の下へ
・人造繊維の毛布なら掛け布団の上へ

掛け布団や毛布の素材ごとに違う性質を理解しながら、上手な使い方をすることで寒い夜も暖かく眠ることができそうですね。

そうそう!毛布の使い方のおススメ、「綿布団の下」+「敷布団の上」も試してみてください!。

きっと、暖かな夜を実感できます。

【スポンサーリンク】