ダウンロード (36)

汗をかくことの多い暑い夏、とにかく毎日洗濯物をたくさんしなければなりませんね。

なのに、夏は梅雨の時期や台風が多い時期も含めて、意外と雨が多い季節でもあります。

それでも毎日洗濯しなければならないので、どうしても部屋干しすることになってしまいます。

すると洗濯物が生乾きで、洗濯物からまるで「雑巾のような臭い」が…ということになってしまいがちです。

しっかり洗濯したハズなのに、家族から「ママ、このタオル臭いよ~!」と残念なクレームを受ける始末です。

単純に「生乾きだから臭う」と思っていましたが、その臭いは「モラクセラ菌」が原因であることが分かりました。

チョッと聞きなれない名前の菌ですが、今回は生乾きの臭いの原因菌「モラクセラ菌」対策方法について、紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】

生乾きの臭いの原因は「モラクセラ菌」だった?!

私たちのこれまで経験から洗濯物が生乾きだと「雑巾のような臭い」がして、着ることを躊躇ったり、使えないといことがありました。

それはジメジメとした環境で、雑菌が衣類に繁殖してしまうからだと思っていた方が多かったと思います。

確かにそれも間違いないことだと思うのですが、その事象を更に突き詰めて、あの雑巾のような臭いを発する原因菌が「モラクセラ菌」であることを「花王」が特定したのです。

流石は、洗剤・トイレタリー部門で国内1位の企業だけあります。

そもそもモラクセラ菌は、特別どこからかやってきた菌ではなく、元々私たち人や動物の口や鼻の粘膜に普通にいる「常在菌」です。

原因はモラクセラ菌ではありますが、菌そのもに臭いがあるワケではなく、生乾きの衣類の中で繁殖したモラクセラ菌が排出した云わば「糞」のようなものが臭いを発しているのです。

臭いを発しているのがモラクセラ菌の「糞」だとしても、それを排出している「モラクセラ菌」対策が、生乾きの「雑巾のような臭い」の根本対策になるようですね。

出典:花王ホームページ/ニュースリリース

生乾きの洗濯物にいるモラクセラ菌はカラダにも悪い?!

「菌」というと、なんだかカラダによくないイメージがありますよね。

生乾きの衣類から発せられる「雑巾のような臭い」の元である、モラクセラ菌が鼻や口から入ったらどうなるのだろう?と、心配になってしまう方もいらっしゃるでしょう。

しかしモラクセラ菌は、花王から「生乾きの臭いの原因菌」であると発表される以前の、ずっと昔から存在し続けてきた菌であって特別新種なものでもなく、強いていえば抵抗力が落ちている人の肺炎の原因に成り得るとのこと。

あまり心配はなさそうです。

モラクセラ菌によって臭う衣類を身につけていても、その臭いがカラダに影響することはないと考えていいのではないでしょうか。

でも、他人から「臭いと思われるのでは?」と思うと、どうにか対策したいところですよね。

まずは、生乾きの臭いの原因菌「モラクセラ菌」の特徴を捉えて、的を絞った対策へと向かいましょう!。

モラクセラ菌の弱点を知ることが大切です。

【スポンサーリンク】

モラクセラ菌の弱点は?

生乾きの臭いの原因菌であるモラクセラ菌ですから、「ジメジメした環境が…」とイメージされがちですが、意外にも乾燥や紫外線にも強い菌ということを覚えておきましょう。

つまり、生乾きで一度増えてしまったモラクセラ菌はカラッと晴れた日に外干ししても、生き延びてしまうのです。

当然、部屋干しで乾きにくい環境では洗濯物の中でモラクセラ菌はどんどん繁殖していき、その糞によって臭いが強くなっていきます。

モラクセラ菌が一度増えた衣類が、太陽の陽で干しても、何度洗濯を繰り返してもなかなか臭いが取れないのはそのためです。

洗濯して一度は「臭わなくなった~!」と思って着てみた衣類が、汗をかいたり雨で濡れたりすることで、また臭ってくることがあると思います。

水分を得たモラクセラ菌が、再び復活する「戻り臭」です。

湿った環境・乾燥した環境、更に紫外線にも強いモラクセラ菌に弱点はないのでしょうか?

モラクセラ菌の唯一といっても過言ではない弱点、それは「熱」です!。

「熱」こそモラクセラ菌対策のポイントです!。

生乾きの臭いの原因菌「モラクセラ菌」対策法!

ここからは、生乾きの衣類からまるで「雑巾のような臭い」を発する原因となる「モラクセラ菌」を徹底的に死滅させ、臭い対策する方法を紹介していきたいと思います。

熱湯で洗う!

モラクセラ菌の弱点は「熱」です。

一番の対策は、「熱湯」につけて菌を死滅させてしまうことが挙げられます。

ただ、グツグツ沸騰しているような熱湯ではおそらく大切な衣類は痛んでしまう可能性があるので、60℃程度のお湯で十分です。

60℃のお湯に15分~20分ほど漬けておくだけで十分効果があります。

もしくは、大切な衣類を守る意味では、ぬるま湯に「弱アルカリ性洗剤」と「酸素系漂白剤」を50:50の割合で溶かしたものに漬けおきしておくという方法もあります。

高温では縮んでしまう心配のある衣類の場合には、こちらの方がいいかもしれません。

アイロンをかける!

熱に弱いモラクセラ菌を、アイロンの熱によっても死滅させる方法です。

高温に弱い衣類には十分注意が必要な手段ですが、ワイシャツなど綿素材のモノであれば、素早く乾かすこと&シワ取り効果というW効果が期待出来ますね。

洗濯しても洗濯しても、なかなか臭いが取れないTシャツなどは、思い切って「熱湯漬けおき」や「アイロン」を試す価値アリです!。

まとめ

今回は、生乾きの臭いの原因はが「モラクセラ菌」であるということ、更にモラクセラ菌の特徴である「熱」に弱いことを生かす対策を中心に紹介しました。

一度モラクセラ菌が繁殖した衣類は、何度洗濯しなおしてもなかなか臭いが取れてくれないワケも分かったのではないでしょうか。

折角しっかり洗濯したハズなのに、家族から「臭い!」と残念なクレームが入らないよう、熱湯やアイロン、ぬるま湯と洗剤の組み合わせなどの方法で、是非モラクセラ菌をやっつけてやって下さい。

【スポンサーリンク】