お庭だけでなく、家の中のキッチンや浴室で突然遭遇しては驚かされる「ナメクジ」

暖かくなってきたこの季節、とくに梅雨時期~夏にかけてはナメクジとの「遭遇率」が格段にアップします。

ナメクジ退治でパッと思いつくのが、ナメクジに「塩をかける」コト!。

ナメクジに塩をかけると、ミルミル小さくなって「死んだように」思います。

わたしも子供の頃は、ナメクジに遭遇すると塩をかけて小さく溶けていく姿を見て楽しんでいました(苦笑)。

ところで塩をかけることで、ホントにナメクジは死んでいたのでしょうかね?。

最後の「結末」まで観察していなかったので、よくわかっていないのが正直なところです…。

最近あることから、「ナメクジは塩をかけても死なない!」と聞いて驚きました!。

では、あの溶けたように小さくなるのはナゼ?なんでしょう。

また、「塩じゃなくて砂糖でも溶けるのかな?」なんて好奇心やイタズラ心も芽生えてきます。

実際ナメクジに遭遇したらチョッとしたパニックになって、咄嗟に「塩」をかけてしまうのがオチですが…。

今回は、これから遭遇する機会が増えてきそうな「ナメクジ」について、

・ナメクジは塩をかけても死なないの?
・ナメクジは砂糖でも溶けるのかな?

少々マニアックな豆知識になりますが、わかりやすく紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

ナメクジに塩をかけるとナゼ溶けるように小さくなるの?!

わたしもそうですが、「ナメクジは塩をかけると死ぬ」って、ちいさい子供の頃から多くの方が信じてこられたのではないかと思います。

ナメクジに塩をかけると、溶けるようにミルミル小さくなっていきますものね!。

「これでヨシ!」と、ホッと一安心されることでしょう。

でも塩をかけられたナメクジは、溶けて小さくなっているワケではなく、ギュッと縮こまって小さくなってるだけだったんです!。

これには、濃度が薄い水分が濃い水分へ吸い取られる『浸透圧』の働きが大きく影響しています。

ナメクジは約90%が水分!

ナメクジのカラダは約90%を、ごく薄い塩分濃度の体液で構成されています。

見ためにも、ヌルヌルしてますものね。

皮膚を持たないナメクジは、乾燥から身を守るために、ネバネバした体液でカラダを覆うことで生きているのです。

コムズカシイことは抜きにして「浸透圧の働き」を簡単にいうと、濃度が薄いモノが、濃度が高いモノの方へ吸収されていくというモノ。

つまり濃度の濃い塩をかけることで、ナメクジのカラダの90%を占める「薄い塩水」の体液がドンドン塩に吸収されていくコトから、ナメクジは溶けるように小さくなっていくのです。

ナメクジは塩をかけても死なない!?

ナメクジに塩をかけると、まるで溶けたように小さく縮こまっていきます。

見ためには「ヨシ、死んだ!」って感じですが、実際にはナメクジのカラダを構成する体液(水分)がかけられた塩に吸い取られるコトで、縮こまっているだけなんです。

ナメクジに塩をかけた後しばらく様子を見ていると、溶けて消えてしまうワケではなく、縮んで小さくなってもカラダは残っていることがわかります。

ナメクジは塩をかけても、水分を吸い取られ干からぶことで「ミイラ化」しているだけで死んではいないのです!。

もちろん、「これでもか!」って感じで塩をかけ続けていればナメクジのカラダの水分がなくなってしまうので、最終的には死んでしまうでしょう…。

正確な数値は得られていませんが、ナメクジはカラダを構成する水分の50%以上が抜かれてしまうと死んでしまうとされています。

【スポンサーリンク】

水をかけれるとナメクジは復活する!?

ナメクジと遭遇したときに、とっさに塩をかけることで「このまま消えてしまうのか?!」って思えるほど、ドンドン小さく縮こまっていきます。

一旦は塩の力で小さく縮こまったナメクジ、死んでしまったと思えるナメクジも、実はもう一度「水分」を吸収する機会に恵まれれば徐々に元の姿に戻り「復活」することもあるのだとか。

ナメクジの生命力って凄いんですね~。

恐るべし!ナメクジ。

でもナメクジに塩かけて溶けるように縮こまらせ、そのあと「復活」させたい「生き返らせたい」と思う方は1%もいないでしょう。

できれば、シッカリ退治したい!。

殺生なので少々気が惹けますが、ナメクジ退治で「塩」をかけるなら、ナメクジがもとの大きさの50%以下まで縮こまらせれば、「ナメクジは塩をかけても死なない」ってことはなさそうです。

ナメクジは砂糖でも溶けるのかな?!

「ナメクジには塩をかける!」これがナメクジ退治の定番ですが、甘い「砂糖」でも溶けるのかな?、といった好奇心やイタズラ心が湧いてしまう方もいるのではありませんか?。

しょっぱい塩と甘い砂糖、どちらも白色の粒子で似てますしね。

今度ナメクジに遭遇したら、砂糖をかけてみましょうか!?。

答えは、「ナメクジは砂糖でも溶ける」です。

ゴメンナサイ…「溶ける」じゃなかったですね。

「縮こまって小さく」なります。

これも先に紹介した、濃度が薄いモノが、濃度が高いモノの方へ吸収されていくという「浸透圧」によるモノ

なので塩でなくても砂糖をかけて、濃い砂糖水がナメクジのカラダの表面に作られれば、濃度が薄い「ナメクジの体液」が砂糖の方へ吸収されていくというモノ。

ナメクジが溶けるにはたくさんの砂糖が必要!?

砂糖でもナメクジを溶かすことができるのですが、砂糖と塩とでは「成分濃度」に随分違いがあります。

塩なら、パラパラっとかけるだけでナメクジはみるみる縮こまってくれますが、砂糖で同じように体液(水分)を吸い出すためには、塩の約6倍モノ量をかけなければならないのだとか…。

言葉をかえれば、ナメクジを砂糖で退治する場合は、「たくさんかけないと死なない!」ということでしょう。

まとめ

今回はこれからの季節に遭遇する機会が増えそうな「ナメクジ」について、

・ナメクジは塩をかけても死なないの?
・ナメクジは砂糖でも溶けるのかな?

などを中心にみてきました。

ちいさな子供の頃から、ナメクジは塩をかけると溶けて「死ぬ」って思っていましたが、溶けているのではなく水分が吸収されて小さく縮こまっていたのですね。

ナメクジは塩をかけられても、カラダの50%以上体液(水分)が吸収されなければ、もう一度水分を吸収する機会に恵まれれば復活するということから、「ナメクジは塩をかけても死なない」といわれるコトも知りました。

ただ、わたしたちはナメクジと遭遇すれば、「これでもか!」ってなくらい塩をかけてますよね?。

あれだけかければ、ナメクジは50%以下の大きさまで縮こまってしまう「致死量」に間違いありません。

また、「浸透圧」によってナメクジの体液が吸収されるという仕組みから、塩だけでなく「砂糖」をかけてもナメクジはと溶ける…ではなく…小さく縮こまるというコトもとても興味深いモノでした。

ナメクジ退治に砂糖でもOKなら、味噌や醤油、コショウなどではどうなんでしょう?!。

今度ナメクジに遭遇したら、落ち着いていろいろ「実験」してみたいなと思います(笑)。

【スポンサーリンク】