日本の朝食の定番といえば、「納豆」が鉄板です!。

その昔は、関西では納豆を嫌う方が多かったようですが、最近は「においひかえめ」な納豆も登場して、むしろ好んで食べる方も多くなったみたいですね。

梅と和えたり、シラスを掛けたり、いやシンプルに辛子醤油だけで「お酒のツマミ」としても納豆は美味しい!。

ところで…
スーパーで扱われている納豆は、多くが3~4個がパックされたモノですよね。

普通なら家族の朝食で食べきってしまう数です。

でも「お買い得品」になっていたりすると、どうです?。

先々まで考えて買ったつもりが、冷蔵庫の最上段、さらに奥にへと追いやられ、いつしか「忘れられた存在」になったりして…。

冷蔵庫を整理してたら出てきたよ「賞味期限切れの納豆」が…なんてことに(苦笑)。

実際に「納豆が腐ったらどうなる?」も知らずに、「賞味期限」が切れただけ、「消費期限」とは違うし、「納豆はもともと腐ってるモノでしょ?」なんて思う方も多いのではないでしょうか。

だからこそ今回は、

・納豆は腐るのか?
・納豆が腐ると見た目や味はどうなるのか?

などを中心に探り、情報をまとめていきたいと思います。

たしかに納豆の「賞味期限」が切れたからといって、即「食べられないモノ」ではなさそうですが…。

【スポンサーリンク】

納豆は腐るのか?!

そもそも、「納豆はもともと腐ってる」というイメージが間違いなんですって!。

納豆のネバネバやにおいは、腐っているのではなく納豆菌によって「発酵」している状態なんです。

「えッ?、納豆って大豆が腐ってできたモノじゃないの?」なんて思う方もいるかもしれませんが、納豆の由来を紐解くと、その昔、煮豆の余った物を「もったいない」という理由で藁に包んでおいたら自然に発酵して糸ひく豆(納豆)になっていたというモノ。

腐る : 食べられない菌が繁殖してしまっている状態
発酵 : 食べられる菌が繁殖している状態

納豆は、大豆が腐ったモノではなく、カラダにイイ「食べられる菌:納豆菌」が繁殖している状態の「発酵食品」なんです

それでは、すでに菌が繁殖した発酵食品の「納豆は腐るのか?」という疑問も沸きますね。

納豆は腐りづらいモノだけど間違いなく腐る!!

「納豆は腐るのか?」

その疑問に対しての答えは、「保存状況」によっては納豆も「間違いなく」腐ります!。

納豆に表示されている「賞味期限」は、「冷蔵保存」が大前提とした上で、美味しく食べられる期間を表すモノ。

納豆は大豆に納豆菌をかけて、発酵させて作られているのはご存知のとおり。

納豆菌の生命力はとても強く、出荷後もどんどん発酵がすすんでいきますが、流通過程やスーパーの陳列など、冷蔵状態の環境下におくことで、その発酵のスピードを低下させているのです。

しかしその納豆、スーパーなどで買ってきてから「常温」で保存していたらどうなると思いますか?。

納豆菌の発酵がフル回転して、パックの中の納豆は発酵しつくしてしまうコトで納豆菌のパワーは衰退していき、代わりに食べられない雑菌などが増えていく状態へとすすんでいきます。

つまり、納豆が腐るリスクが高い状態となり、そのまま放置すれば「間違いなく」腐ります!。

納豆が腐ると見た目や味はどうなる?!

納豆菌による発酵が上手くすすんでいる状態の納豆は、糸引くネバネバ感と、納豆特有のニオイを発しています。

そう、普段見る美味しい納豆の姿ですね。

では、納豆が腐ると見た目や味はどうなるのでしょう?。

あまりお目にかかったコトはないかと思いますが、納豆が腐ると見た目も味も全く別物になってしまいます。

・混ぜても全く糸を引かない
・水っぽい
・ドロドロに溶けている
・カビが生えている
・ツンっするアンモニア臭がする
・焦げたような臭いがする

「味はどうなるのか?」については、正直試したコトがないので正確ではないかもしれませんが、「苦味」があって、食感もシャリシャリと違和感大アリな感じだとか。

納豆が腐っているか?を見極めるポイントは、「糸を引くか引かないか」ですね。

いつものように、お箸でまぜまぜしていても「糸を引かない」納豆は、間違いなく腐っています。

「勿体ない」なんて言っている場合じゃありません!。

納豆の「白いツブツブ!」や「白いモコモコ!」って腐ってるの?!

ここまで「納豆は腐るのか?」、「見た目や味はどうなるのか?」について見てきました。

「納豆も腐るのか…」と、これまで抱いていたイメージがくつがえったという方も多いのではないでしょうか。

そういえば…

・納豆のパックを開けたら「白いツブツブ」があった
・納豆のパックを開けたら「白いモコモコ」したものが…

なんてコトありませんか?。

納豆も腐るモノだと知ると、チョッとしたコトでも、なんだか気になってしまいますよね。

【スポンサーリンク】

納豆の白いツブツブは?

冷蔵庫で保存していた納豆でも、日にちが経つことで大豆表面に「白いツブツブ」が出ることがあります。

とくに常温下で数時間放っておいた納豆や、賞味期限が過ぎた納豆で現れやすいモノなのですが、「チロシン」といって、納豆の発酵がすすみ、大豆の「たんぱく質」が分解されてできた「アミノ酸」の結晶です。

「白いツブツブ」が出るというのは、発酵が十分にすすんだ証。

若干食感が悪くなるとされますが、カラダに害があるモノではありません。

納豆の白いモコモコは?

まだ買って間もない、「新鮮な納豆」にも見るコトがある白いモコモコ。

こちらも気になるかもしれませんが、この「白いモコモコ」は納豆業界で「被り」と呼ばれるモノで、納豆菌の発酵の働きでできた「粘り」の上に生じた納豆菌の「菌層」です。

納豆全体が白くなっているモノもあれば、まばらななモノ、チョッと茶色っぽくなっているモノなどありますが、どれも腐っているワケではないので、安心して食べられます。

納豆は冷凍保存できる?!

お買い得品で買った「納豆」。

翌朝~数日の間に家族で食べきってしまうならイイですが、「しばらく食べないカモ?…」なら、「冷凍保存」してしまうのがイイかも。

納豆のパックを「ジップロック」などビニール製の保存袋に入れて、冷凍庫で保存します。

納豆菌は0℃で発酵活動を止めて、冷蔵庫の温度に戻ると再び活動を始めます。

まとめ

今回は、朝食の定番「納豆」について

・納豆は腐るのか?
・納豆が腐ると見た目や味はどうなるのか?

を中心に見てきました。

「発酵」と「腐る」の違いも知ることができました。

納豆は決して腐ってできたモノではなく、カラダにイイ「食べられる菌:納豆菌」によって発酵してできた「発酵食品」だったコト、改めて認識できました。

納豆は、買ったあと「冷蔵保存」していれば、メーカーが表示する美味しく食べられる期間「賞味期限」を過ぎても、そうそう腐るコトはありません。

逆に、わざと賞味期限から1~2週間ほど経つのを待ち、香りや食感が変化した納豆が好きという方もいるくらいです。

納豆の味・食感・安全性を考えると、基本的には「賞味期限」まで余裕のあるモノを買うべきでしょう。

そして、納豆の保存は「冷蔵庫」で。

それだけで、「納豆は腐るのか?」なんて心配は、ほとんどありませんから。

よほど冷蔵庫の奥の奥で、忘れ去られていない限り…(苦笑)

最後にもう一度!

納豆が腐っているか?を見極めるポイントは、「糸を引くか引かないか」ですからね。

いつものように、お箸でまぜまぜしていても「糸を引かない」納豆は、間違いなく腐っています。

食べない方が、よろしいかと…。

【スポンサーリンク】