会社の仕事の中で、上司や、それこそ社長から書類に印鑑を押してもらいたいときってありますよね。

逆に、他部署から自分に印鑑をお願いされることもあります。

そんなときに、「捺印(なついん)」「押印(おういん)」の違いや、言葉の使い方に悩んでしまうコトってありませんか?。

まさに今、上司に「捺印をお願いします」というべきか、「押印をお願いします」というべきか悩んでいるのかもしれませんね。

いや、相手がイイ関係を築けている上司なら、「課長、ハンコくださ~い!」くらいで済む話なのかもしれませんが、それではビジネスマナーとしてはチョッと…。

「どっちも印鑑を押してもらうことでしょ?」

そんな声も聞こえてきそうですが、この「捺印」と「押印」、正式には使い方に違いがあるモノで、まして取引先やお客様との重要な契約書となると、後々の法律上の「証拠能力」にまで関わる問題というのですから、実はかなり大事なコトだったりします。

折角ですから、捺印と押印の違いや、言葉の使い方について一緒に学んでいきませんか!。

【スポンサーリンク】

「捺印」と「押印」の違いは?!

「捺印」と「押印」、どちらも印鑑を「押す」という行為を意味する言葉で、そこに違いはありません。

実際、捺印の「捺」は「捺す」と書いて「おす」と読むモノですし、捺印と押印が合わさったような「押捺(おうなつ)」なんて言葉もあるくらいです。

しかし、この2つの言葉は、もともとは「署名」と「記名」という2つの言葉とセット(組み合わせ)で使われるのが正しいモノで、云わば略語。

本来、「捺印」も「押印」も単独での使い方はされないモノなのです。

宅急便の受取り印じゃないのですから、ポンッと押した印鑑だけでは…。

捺印とは?

「捺印」とは、もともとの「署名捺印」という言葉が省略された言葉です。

「署名」とは、ボールペンなどの筆記具を用いて、自筆で自らの氏名を手書きすることを指すモノ。

欧米諸国では、自筆の署名(サイン)が最も信憑性が高いモノであるとされるほどで、これに印鑑を捺すコトで「署名捺印」となり、証拠能力としては非常に高いモノになります。

押印とは?

一方の「押印」も、もとは「記名押印」という言葉が省略された言葉です。

「記名」とは、他人による代筆も含め、パソコンで印字されたモノ、スタンプやゴム印などであらかじめ氏名が記入されていることを指すモノ。

「記名押印」とは、あらかじめ氏名が記入されている書類に印鑑を押すモノで、自筆でない分、その証拠能力は低くなります。

捺印と押印の言葉の使い方は?!

先の、『「捺印」と「押印」の違いは?!』を、実際のケースに当てはめて、言葉の使い方の違いをおさらいしてみましょう。

自分が作成した書類に、上司やお客様に「捺印」や「押印」をお願いする場面をイメージしてみてください。

①契約書の内容をご確認いただき、問題がなければ、ご署名ご捺印をお願い致します。
②鉛筆で囲んだ箇所へ、それぞれご署名ご捺印をお願い致します。
③こちらの書類の課長のお名前の横へ、ご押印をお願いします。
④こちらからお送りした申込書のお客様のお名前の横へ、ご押印をいただき、ご返送ください。

①と②のケースは、自筆での署名が必要なので「署名捺印」。
③と④のケースは、あらかじめ記名されているので「記名押印」。

今まさに、課長や部長に印鑑をもらいに行こうと思って下さい。

その書類に、すでに名前が印刷されてるなら「押印」、自筆で署名してもらうなら「捺印」。

この違いを覚えておけば、「捺印」と「押印」の使い方はバッチリですよ!。

【スポンサーリンク】

「捺印」と「押印」には法律上の証拠能力に違いが!?

ここまで見てきた中で、「捺印」とは「署名捺印」を略した言葉であり、「押印」とは「記名押印」の略

捺印も押印も、それだけみれば印鑑を「捺す・押す」コトで、そこに違いはありません。

その言葉の使い方の違いは、書類へ自筆で「署名」するか、あらかじめ「記名」されているかなのです。

「なんだ、それだけ~?」

いえいえ、その言葉の違いこそが、法律上の証拠能力に大きく影響してくるのです!。

証拠能力の違い

ここまで紹介した中の4つのキーワード、「捺印」「押印」「署名」「記名」。

これらを単独、もしくはセット(組み合わせ)にすることで、書類の証拠能力に大きな違いが出てきます。

証拠能力の4段階

高い : 署名捺印された書類
少し高い : 署名のみの書類
少し低い : 記名押印
低い   : 記名のみの書類

この証拠能力の高低差、これまで見てきた内容を考えると、当然ともいえるモノですよね。

あらかじめ「記名」のみされた書類が、証拠能力が低いのは明らか…というか、法律上なんの証拠能力もありません。

その逆に、「こちらへサインをお願いします」と頼まれた自筆の署名単独の方が、証拠能力は断然高い。

欧米諸国では、もちろんコレが一番ですしね。

ヘンな話「記名+押印」では、偽装しようと思えばできてしまいます。

自筆の署名は、単独であっても「上」なのです。

さらに、自筆の署名に捺印となれば、証拠能力としては当然のごとく「最強」になるワケです。

署名(サイン)の証拠能力に注意!!

日本には、印鑑の印影を役所へ届け・登録する「印鑑登録」「印鑑証明」なる制度があります。

主に個人では、実印が用いられていますが、それが故に「印鑑」に絶対的な証拠能力を求めるフシがあります。

しかし、先のように「署名」単独でも十分証拠能力が認められるモノです。

後々「印鑑捺してないじゃないか!」と揉めたとしても、勝ち目はありません(苦笑)。

「こちらにサインをお願いします」と言われた契約書、よくよく目を通すコトなく、署名(サイン)していませんか?。

まとめ

今回は、「捺印」と「押印」の違い、それぞれの言葉の使い方、法律上の証拠能力の違いなどについて紹介してきました。

「捺印」とは、「署名捺印」という言葉が省略されたモノ。

一方の「押印」とは、「記名押印」という言葉が省略されたモノ。

どちらも、印鑑を「押す」行為を意味する言葉で、そこに違いはありません。

大きな違いは、氏名を自筆で手書きしてのモノか、あらかじめパソコンやスタンプで記名されたモノかという点。

その書類に、自筆で署名してもらうなら「捺印」、すでに名前が印刷されてるなら「押印」。

この違いさえ覚えておけば、言葉の使い方はバッチリです。

まさに今、上司に「捺印をお願いします」というべきか、「押印をお願いします」というべきか悩んでいたその書類。

もう、おわかりですよね(笑)!。

【スポンサーリンク】