平年よりも厳しい暑さが続く、今年の夏。

毎日のように、熱中症の疑いで救急搬送された人の数がニュースに取り上げられているように、熱中症はもはや他人ゴトでは済まされない身近な問題です。

水分・塩分をこまめに摂り、外出する際には涼しい服装で「日傘や帽子」などで陽射しを防ぎ。

部屋の中では、エアコンなど冷房機器で適度な温度調整をするコトなどがオススメされています。

食べ物でいうと、「土用の丑の日」で話題になる「うなぎ」はビタミンB1が豊富なので熱中症予防に効果的とされたり、そのほか熱中症予防にはカリウムやクエン酸、ビタミンB1やアリシンなどが豊富に含まれる食べ物がオススメされています。

でもコレって「熱中症予防」の情報であって、実際に熱中症発症時や回復時のコトではないですよね。

熱中症を発症していない「まだ元気」だからこその食べ物であって、熱中症発症時や回復時の食べ物は「別」だと考えるのがベターかなと…。

今回は、あらためて「熱中症発症時の食べ物!回復にオススメなものは?」をテーマに、1つ1つ紹介していきます。

ご自身も心配ですが、身近な人、とくに学校に通っているお子さんが万一熱中症を発症してしまった時や、その後回復時の食べ物などの参考にしていただければと思います。

【スポンサーリンク】

熱中症発症時や回復時にオススメの食べ物は?!

熱中症発症時には、食欲がないコトも多いでしょう。

その場合には、無理に食べる必要はありません。

熱中症発症時は、吐き気や頭痛があるほか、胃腸の働きも鈍くなっている可能性も高く、腹痛や下痢などを引き起こす可能性もあるからです。

カラダが「何か食べたい」とサインを出すまで回復を待ちましょう!。

食べ物を欲するように回復するまでの間は、とくに水分をこまめに「喉が渇いていなくても」摂ることを意識します。

なぜなら、人は1日に必要な水分の約半分は「食べ物」から摂っているので、いつも以上に摂らないと水分不足になってしまうのです。

食べられそうなものから少しずつ!

熱中症発症後、「何か食べたい」と食欲が出るまで回復してきたら、「食べられそう」なモノを「少しずつ」がイイですね。

できれば、「水分」の多い食べ物がオススメです。

例えば、ヨーグルトやプリン、リンゴのすりおろしや、フルーツの缶詰などもお好みでイイのではないでしょうか。

体力回復のために「栄養万点」な食べ物を!なんて、脂が多い食べ物などはやめておきましょう。

食べ物を消化するコトに、体力を使ってしまうコトになってしまいます。

さらに食欲が出てきたら、熱中症からの回復を効果的にするためにも、食べ物から十分な栄養素を摂っていきですね。

・カリウム
・ビタミンB1
・クエン酸

なんだ、熱中症予防でオススメされてたモノを同じじゃないか?!って。

たしかに、熱中症予防にも、熱中症発症時の回復にも効果的な栄養素は同じってコトなのです。

その違いは?というと、カラダの回復を待ってから少しずつに摂るようにするというコトでしょう。

カリウムが多く含まれる食べ物

・ワカメや昆布など海藻類
・じゃがいもや里芋、山芋など芋類
・大豆を中心として豆類

ビタミンB1が多く含まれる食べ物

・豚肉
・うなぎ
・海苔
・大豆

【スポンサーリンク】

クエン酸が多く含まれる食べ物

・レモンやグレープフルーツなど酸味の強い果物
・梅干し
・お酢

熱中症発症時や回復時のオススメ「食事メニュー」!

熱中症発症時や回復時は、先にも紹介したとおり「無理に」食べる必要はありませんが、食欲が出てきたなら、熱中症の回復に効果的な栄養素を意識しつつ、食べやすいように「メニュー」も工夫したいモノ。

・サッパリと冷奴や、カラダに優しい湯豆腐(カリウム・ビタミンB1)
・じゃがいもや里芋のポタージュ(カリウム)
・梅干し入りのおかゆ(クエン酸)
・ワカメの酢の物(カリウム・クエン酸)

「大豆」でいえば、発酵食品の「味噌」を使った

・豆腐とワカメの味噌汁(カリウム・ビタミンB1)
・じゃがいもとワカメの味噌汁(カリウム・ビタミンB1)

などもオススメです。

さらにカラダが元気に回復して、食欲が湧いてきたら、豚肉やうなぎなども取り入れたメニューで、しっかり栄養をカラダに蓄えていきましょう。

熱中症の「再発予防」につながるようにしていきたいですね。

ここまでは駆け足で、「熱中症発症時の食べ物!回復にオススメなものは?」を見てきました。

というのも、この記事を読んで下さってる方が、一番知りたい点は「熱中症発症時の食べ物」だと思ったからです。

熱中症発症時の「応急処置」は、大丈夫でしたか?。

順番が逆かもしれませんが、今後の「もしも」のためにも、熱中症発症時の「応急処置」について触れておきたいと思います。

熱中症発症時の「応急処置」は?!

まずは熱中症発症時には、「応急処置」が大切になります。

とはいえ、症状を観察する中、以下の点に1つでも当てはまるコトがあれば、早急に医療機関を受診されるのが後にベストな選択につながります。

・意識がハッキリしていない
・自分で水分や塩分(ナトリウム)が摂れない
・水分や塩分を摂っても症状がよくならない

熱中症の応急処置!

救急で医療機関で受診される場合や、その後自宅で回復を待つ場合であっても、まずはその場でできる応急処置を施しましょう。

まずは、涼しい場所でカラダを冷やし、水分を摂ることが大切です。

〈涼しい場所へ!〉

・屋外であれば風通しのイイ日陰、屋内であればエアコンが効いた場所へ移動します。

〈カラダを冷やす!〉

・緊急性も考慮すれば、衣服は脱がせるのがベスト。ベルトや下着などカラダを締めつけるモノはゆるめます。
・濡れタオルなどでカラダを拭き、うちわや扇風機でカラダを冷やします。濡れた肌から水分が蒸発する際の「気化熱」が熱を奪ってくれるます。
・氷のうや保冷枕などを「太い血管」のある、首やワキの下、ふとももの付け根に当てて冷やします。保冷剤や氷をタオルで包んだモノでもOK。

〈水分を摂る!〉

・意識がハッキリしているなら、電解質を適度に含んで作られた「スポーツ飲料」や「経口補水液」などを飲ませましょう。

まとめ

今回は、熱中症発症時や回復時にオススメの食べ物、食べ方などを見てきました。

近年の夏の暑さは「異常」ともいえるほど…。

いつ自分自身が、大切な家族が熱中症を発症してもおかしくない状況です。

日頃からできる熱中症予防も大切ですが、もしもご自身や大切な家族が熱中症を発症した時、回復へ向かっている時にオススメの食べ物、食べ方を知っておくのも大切ではないかとの思いでまとめてみました。

熱中症になったら、まずは水分を意識的に「こまめ」に摂ること。

徐々に回復へ向かい「何か食べたい」と思ったら、ヨーグルトやプリン、リンゴのすりおろしなどお好みで少しずつ食べるとイイですね。

その後の食べ物も、回復に効果的な栄養素を意識しつつ、食べやすいメニューからはじめ、カラダが元気になったなら、しっかり栄養をカラダに蓄えていきましょう。

最後に「熱中症発症時の応急処置」も紹介しました。

もう一度繰り返しになりますが、

・意識がハッキリしていない
・自分で水分や塩分(ナトリウム)が摂れない
・水分や塩分を摂っても症状がよくならない

このように症状が重い時は早急に医療機関を受診し、医師の指導に従うようにして下さいね。

【スポンサーリンク】