寝る時にどうしても「足が冷えて眠れない」からと、靴下をはいている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

ある下着メーカーが実施した、「寝る時に靴下をはいていますか?」というアンケート調査でも、約30%の人が寝る時に靴下をはいているという結果となったそうです。

実際ワタシも冷え性なので、「温かい方がよく眠れる」という思いから、寝る時に靴下をはくようにしています。

というか、お風呂上りからずっとですけど…(苦笑)。

その反面、「寝る時に靴下をはくのは良くない」という情報を見聞きするコトも多くありませんか?。

寝る時に靴下をはいているのは、かえって足を冷やすので良くないというコトのようですが、「靴下を履いて寝ると親の死に目に会えない」なんていう迷信から、良くないという話もあるようです。

ということで、今回のテーマは「寝る時、靴下をはくのは良くない?」。
ホントのところはどうなんでしょうね。

【スポンサーリンク】

寝る時、靴下をはいているのは良くない?!

寝る時に靴下をはいているのは良くないとされる理由に、かえって足が冷えてしまうからだとされています。

足を冷やさないようにはいている靴下が、なぜ足を冷やす原因といわれるのでしょう。

靴下をはくと血行が悪くなり足が冷える?

「寝る時に靴下をはいているのは良くない」とされる主な理由が、靴下のゴムで締め付けられるコトで「血流が良くない」状態が一晩中続くから。

血流が悪くなれば足先の体温は下がりますし、むくみの原因にもつながります。

とくに足先は心臓から一番遠い部分、元々冷え性な人が寝る時に靴下をはいていると、冷え対策には逆効果で、さらに足のむくみやダルさを感じるコトにも…。

足裏の汗で湿った靴下が足を冷やす?!

これは、意外な盲点かもしれませんね。

よく「一晩でコップ一杯の汗をかく」と言われます。

寝る時に着るパジャマなどはカラダに密着したモノではないので、熱がこもりにくい。

気温の低い時期なら、必要以上に汗をかくコトはないでしょう。

しかし、靴下をはいているのは「熱の逃げ道」がない状態で、当然足裏からかく汗の量も多くなります。

汗で湿った靴下は体温を奪い、かえって足を冷やすコトに繋がるのです。

「靴下を履いて寝ると親の死に目に会えない」という迷信も!

う~ん、これは雑学的な情報かもしれませんが…。

1つは衛生面での話。

スリッパをはく文化がない昔、家の中を靴下や足袋で歩くのが普通だったのですから当然汚い…。

となれば、寝る時にスリッパをはいたままと同じようなモノ。

寝る時にそんな汚い靴下をはくコトに対して、「親の死に目に会えない」を引き合いに出した苦言的な意味。

もう1つは、縁起が悪いコトとされる話。

それは、亡くなられた方をあの世に送る際に、はかせる白い足袋を連想してのコト。

極楽浄土への旅に出るにハダシでは…という意味ではかせる足袋ではありますが…。

寝る時に靴下をはいているのは、「縁起が悪いコトだよ」という意味でのモノ。

【スポンサーリンク】

寝る時、靴下をはいているのはホントに良くないの?!

実際ワタシも冷え性なので、「温かい方がよく眠れる」という思いから、寝る時に靴下をはくようにしてきましたが、ここまではデメリットばかり…。

やはり、見聞きする情報のとおり、寝る時に靴下をはいているのは良くないのでしょうか?。

たしかに、靴下をはかずに寝るのが自然なコトなのでしょう。

それでも「足が冷えて寝つきが悪い」「靴下をはきたい」とお困りであれば、いくつかのポイントを抑えることで、寝る時に靴下をはくことが決して間違いでなくなります!。

ようは、先の「寝る時、靴下をはいているのは良くない?!」で紹介したデメリットを抑えていけばいいのです。

靴下は足を締め付けないモノを!

「寝る時に靴下をはいているのは良くない」とされる主な理由が、靴下のゴムで締め付けられるコト「血流が良くない」状態が一晩中続くからであれば…、

その逆「足を締め付けない靴下」を選べばOK!。

圧迫感のない、ゆったりとしたはき心地の靴下を選びましょう!。

イメージとしては、ずいぶん昔流行った「ルーズソックス」のようなモノです。

そう、「レッグウォーマー」もいいと思います!。

「足先が冷えるのにレッグウォーマー?」と思われるかもしれませんが、ふくらはぎから足首までを包んで温められることで血流がよくなり、末端である足先の体温を上げてくれる効果が期待できます。

吸湿性・放湿性の高い靴下を選ぶ!

「温かく!」との思いで、とにかく寝る時に「厚手の靴下」を選びガチですが、靴下が吸収した足裏の汗がかえって「足を冷やす」コトに繋がってしまします。

かいた汗の「吸湿性」、さらに汗を逃がす「放湿性」が優れた素材を選ぶようにしましょう!。

そんなミラクルな靴下の素材は「シルク」!。

お値段は少々高めになりますが、シルクは寝る時にはく靴下にぜひ取り入れたい素材です。

まとめ

寝る時に「足が冷えて眠れない」からと靴下をはいている方も、かえって「足を冷やすので良くない」という情報が気になっていたと思います。

今回は、寝る時に靴下をはいているデメリットと合わせ、「締め付けない」「吸湿性・放湿性が高い」などのポイントに注意した靴下選びをするコトで、足を温めてくれる効果が期待できるコトを紹介しました。

・ルーズソックス
・レッグウォーマー
・シルク素材

など、チョッと日常はくには如何なモノもオススメしましたが、快適な眠りを手にするための靴下選びは、昼と夜、別々に考えたほうがいいかもしれませんね。

【スポンサーリンク】